演劇

劇団リベラトリックス第7回公演

パヴェル=マリア 第7番

劇団リベラトリックス

d-倉庫(東京都)

2012/12/14 (金) ~ 2012/12/16 (日) 公演終了

上演時間:

―――パヴェル=マリアのまじない唄
―――譜面は恨みの第7番


塔に閉じ込められた異端の学者。
その塔には、壁一面に謎の文字が刻まれていた。
解読を試みる学者。
そこから浮かび上がってきたのは、古に滅びた王国の歴史だった。

そして、
彗星が飛来する時、呪いが目覚め、狂え...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/12/14 (金) ~ 2012/12/16 (日)
劇場 d-倉庫
出演 内村智征、春賀仁里、久我まみ、ウノサギヒロミ、齋藤優、齊藤寮、南壮彦、鹿島樹(森羅演劇空間)、古都絢(プロダクション薫風)
脚本 齊藤寮
演出 齊藤寮
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,000円
【発売日】
前売り・当日:2,500円
ペアチケット:4,000円(2名様まで入場可)
※全席自由

リピーター割引:1,000円
(本公演のチケット半券をご持参の方) 
サイト

http://liberatrix.web.fc2.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2012年
12月14日(金)19:00 
12月15日(土)14:00 / 19:00
12月16日(日)13:00 / 17:00

※開場は開演の30分前
説明 ―――パヴェル=マリアのまじない唄
―――譜面は恨みの第7番


塔に閉じ込められた異端の学者。
その塔には、壁一面に謎の文字が刻まれていた。
解読を試みる学者。
そこから浮かび上がってきたのは、古に滅びた王国の歴史だった。

そして、
彗星が飛来する時、呪いが目覚め、狂える力が押し寄せる。

パヴェル=マリアとは、何者か。


---------------------------------------

2006年12月に上演された「パヴェル=マリア 第7番」の再演。
ケルト神話をモチーフに、劇団リベラトリックス独自の世界が織り成すダークファンタジー。
その他注意事項
スタッフ 演出助手:北村萌
舞台監督:米野直樹(米野組)
照明:長澤宏朗(米野組)
音響:下田雅博
衣装メイク:瀧子
イラスト:斉藤映
フライヤーデザイン:鈴木彩子
当日制作:阿部真弓

[情報提供] 2012/09/23 19:43 by くが

[最終更新] 2012/12/18 14:39 by くが

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー4

よねっち

よねっち(0)

舞台監督・美術です 久々にムービング打ち込みopまで...

さとり

さとり(0)

出演します。宜しくお願いします!

ジャガー

ジャガー(0)

出演します

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大