演劇

フェスティバル/トーキョー12 公募プログラム 参加作品

美しい星

デザイン:今城加奈子

0 お気に入りチラシにする

演劇

フェスティバル/トーキョー12 公募プログラム 参加作品

美しい星

ピーチャム・カンパニー

The 8th Gallery (CLASKA 8F)(東京都)

2012/11/12 (月) ~ 2012/11/20 (火) 公演終了

上演時間:

昨年のF/T11公募プログラムでは、瀕死の塔たる東京タワー前の芝公園にダイナミックな野外演劇を立ち上げた、ピーチャム・カンパニー。
昨年に続いて参加する本作では、アワードの獲得を至上命題に、三島由紀夫の小説『美しい星』を演劇化する。1962年に書かれたこの小説では、核戦争の危機が迫る時代状況...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/11/12 (月) ~ 2012/11/20 (火)
劇場 The 8th Gallery (CLASKA 8F)
出演 日ヶ久保香、松本力、角北龍、末吉康一郎、佐藤晴彦、田渕正博(椿組)、蓬莱照子、堂下勝気(ピーチャム・カンパニー)、八重柏泰士(ピーチャム・カンパニー)、岩崎雄大(ピーチャム・カンパニー)、平川直大(ピーチャム・カンパニー)
脚本 三島由紀夫(原作)
演出 川口典成
料金(1枚あたり) 3,200円 ~ 3,500円
【発売日】2012/09/15
前売(事前入金)3200円、当日精算3500円、学生割引2700円
サイト

http://www.festival-tokyo.jp/program/12/beautifulstar/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11/12(月)19:00
11/13(火)19:00
11/14(水)14:00/19:00
11/15(木)14:00/19:00
11/16(金)19:00
11/17(土)14:00/19:00
11/18(日)14:00/19:00
11/19(月)14:00/19:00
11/20(火)14:00
受付開始・当日券販売は開演の1時間前、開場は開演の30分前です。
上演時間:120分(予定)
★の回の終演後21時より、三夜連続討議「ミシマを脱神話化する—神なき国の超越性をめぐるポリティクス—」と題したトークセッションを行います。出演者は、演出・川口典成、制作・森澤友一朗と、下記のゲストの方となります。
11/14(水)19:00 終演後 21:00開始予定
川口典成+森澤友一朗+荻野哲矢(演劇批評家)
11/15(木)19:00 終演後 21:00開始予定
川口典成+森澤友一朗+佐々木治己(劇作家)
11/16(金)19:00 終演後 21:00開始予定
川口典成+森澤友一朗+梅原宏司(立教大学兼任講師・文化政策研究者)
いずれかの回の公演チケットをお持ちのお客様は、ご入場いただけます。
ふるってご参加ください。
説明 昨年のF/T11公募プログラムでは、瀕死の塔たる東京タワー前の芝公園にダイナミックな野外演劇を立ち上げた、ピーチャム・カンパニー。
昨年に続いて参加する本作では、アワードの獲得を至上命題に、三島由紀夫の小説『美しい星』を演劇化する。1962年に書かれたこの小説では、核戦争の危機が迫る時代状況を背景に、自分たちは宇宙人であるとの意識に目覚めた一家族が、宇宙からのUFOの到来を待ちこがれつつ、人類の救済に向かって奔走する。三島の描いた終末を眼差す身体は、いかに2012年のトーキョーを剔抉しうるかーー。それは、F/T11のテーマ「私たちは何を語ることができるのか」の問いへの継続的な応答の試みでもある。
その他注意事項
スタッフ 演出/川口典成(ピーチャム・カンパニー)
美術/大泉七奈子
照明/榊美香(㈲アイズ)
音響/筧良太
映像/浦島啓(puredust)
演出助手/児玉華奈、大原優
舞台監督/西廣奏
制作/森澤友一朗(ピーチャム・カンパニー)

主催:ピーチャム・カンパニー
共催:フェスティバル/トーキョー
助成:芸術文化振興基金

[情報提供] 2012/08/16 13:03 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/03/13 03:12 by 雲雀亭

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

雲雀亭

雲雀亭(0)

来るはずのないものを待つ、ということについての演劇です。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大