演劇

番外公演

富士幻談

デザイン:ゴトウユウヤ

0 お気に入りチラシにする

演劇

番外公演

富士幻談

声を出すと気持ちいいの会

SPACE 雑遊(東京都)

2012/06/16 (土) ~ 2012/06/19 (火) 公演終了

上演時間:


6月の声を出すと気持ちいいの会は、番外公演。


―『富士』
その姿は、荘厳にして美麗。
古来より、日本国の象徴として佇む無言の山。
或る人はその霊妙なるを、畏怖を以て崇め
或る人はその絶景に魅入られては、賛嘆した。
この比類なき富士の魅力は人々に
あまたの伝承、説話、唄...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/06/16 (土) ~ 2012/06/19 (火)
劇場 SPACE 雑遊
出演 後藤祐哉、石綿大夢、草野峻平、穂高みさき、加藤ひろたか、山田志穂(劇団民藝)
脚本 原作:太宰治「富嶽百景」他/脚色:山本タカ
演出 山本タカ
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,300円
【発売日】2012/05/12
前売・予約:2000円
学生:1500円
高校生以下:1000円
当日券は各料金より300円増しです。
サイト

http://koekimo.fool.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明
6月の声を出すと気持ちいいの会は、番外公演。


―『富士』
その姿は、荘厳にして美麗。
古来より、日本国の象徴として佇む無言の山。
或る人はその霊妙なるを、畏怖を以て崇め
或る人はその絶景に魅入られては、賛嘆した。
この比類なき富士の魅力は人々に
あまたの伝承、説話、唄や文学を創らせることとなる。

「語り継ぎ 言い継ぎゆかむ 富士の高嶺は」
太宰治「富岳百景」を中心に紐解かれる、日本人と富士との関係。

声を出すと気持ちいいの会が描く、広大で鮮やかな情景演劇。 

その他注意事項
スタッフ 舞台監督:中井尋央 照明:山本創太 音響:中村光彩(思出横丁)
演出部:竹田悠一郎(空かると) 演出助手 北澤芙未子
当日運営:新居朋子 宣伝美術:ゴトウユウヤ  運搬:城ヶ崎満月

[情報提供] 2012/05/02 14:37 by きたざわ

[最終更新] 2012/06/27 19:58 by にい

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー6

にい

にい(0)

当日運営です。よろしくお願いします。

GOTO

GOTO(1)

太宰!富嶽百景!

山本 タカ(くちびるの会)

山本 タカ(くちびるの会)(0)

脚本 演出

情景演劇!!

最新のトラックバック

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大