田園に死す 公演情報 田園に死す」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.3
1-9件 / 9件中
  • 満足度★★★★

    テラヤマを描く寺山作品。
    マームとジプシーのリピート演劇をみた直後の(自分的)大元・天野天街さんのリピートはハンパじゃなかった。
    再演な分役者の遊びの余地があったのか、POPな印象。
    +後半まともな人が入ることでいつもよりかなり観客よりでわかりやすい印象を受けた。

    ネタバレBOX

    だからって天野天街世界が弱まったかと言ったらそんなことは全くなくて、終盤も「天野さんがここで終わらす筈がない!」と思ったらやっぱり終わらず、より狂ったラストがやってきたのにはニヤニヤしてしまった。
    原作を読んではないけど、田園に死した寺山氏を天野さんの世界観で見事に見せ付けられた。
  • 満足度★★★★★

    初天野天街
    の作品だったが、とても面白かった。
    原作を知らないが、これが寺山修司のアングラなのかと圧倒されて引き込まれた。
    不思議な世界を堪能して満足。

  • 満足度★★★★

    寺山修司に思いをはせる
    千秋楽ということもあり、座席は満員。開場ギリギリに着いたのに人だかりが…。大入り状況で、観客の熱気としては良い感じでした(笑)
    最初の言葉の洪水にのまれる感じ、一気に舞台へ引き込まれていきました。言葉遊びの応酬が物語を構成し、最初の何気ない言葉の遊びが後半にどんどん核心へつながっていく面白さ。野田秀樹の脚本もそうですが、この興奮は最近の作品を見ていてもあまり得られないものだと思います。
    中盤の中だるみなどはありましたが、ラストへの畳み掛けはさすがでした。
    寺山修司は公演が行われる限り生き続けているんだ、という寺山修司へのあふれるばかりの愛情が伝わってきました。

  • 満足度★★

    うーん
    少年王者館に比べるとだいぶ見劣りする。

  • 満足度★★★★★

    流山児☆事務所「田園に死す」観ました。
     故郷を離れた者の、置いてきたのに捨てきれない過去が錯綜、反復。再構成するうちに虚構をはらみ、当人の無意識を反映したカオスを展開。
     多数の文脈を持った、異なる個性の際立ったキャストが、寺山+天野ワールドで渾然一体となり、みな欠かせないピースに。合唱だけで泣けてくる(笑)。
     ラスト、確固たる存在にみえた主人公が、ある場所に佇む後ろ姿の虚ろさ、寂しさは、演劇に関われば誰でも体験するものかも。 寺山修司だけでも天野天街だけでもない、不思議な世界。

  • 満足度★★★★

    濃い
    アブノーマルに加え笑いの要素もあり、強烈に引き込まれた。

  • 満足度★★★★★

    懐かしきアングラ演劇の匂いに咽び浸る。
    私は、第一期アングラ演劇ブーム世代である。
    高校時代は都民劇場の会員になり、文学座俳優座民芸の芝居をもっぱら観ていたが、19歳、20歳のころ、それら既成劇団に異を唱えるかのように出現したアングラ劇団に、私は狂喜乱舞して劇場通いをしたものだ。

    現代のように、さまざまな小劇場演劇が群雄割拠する次第になると、何がアングラで、何が既成なのか、という明確なラインは不明瞭になってしまった。

    それはそれでいいと思うが、アングラ第一世代の生き残り?(笑)がやっている芝居には、やはり、かの時代のアングラの「におい」がある。

    それが懐かしく、嬉しい。

    流山児祥、高取英、外波山 文明らの芝居を、私が熱愛する所以である。

    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX

    『田園に死す』は、昨年、Aという劇団が舞台化したのを観たが、それは寺山が監督した映画を、ほぼなぞったような印象のものだった。

    しかし、今回の作品は、骨格は寺山映画からもってきたものの、肝心の部分は、オリジナルといってもいい。

    昨今、寺山作品の上演がブームのようになっているが、私は、そのままやるのは能がないと思っているので、この大胆で独自の面白さをもつ脚色には拍手を送りたい(たとえば何人もの寺山少年が登場するアイデアなど)。

    また、今回の芝居は、流山児の演劇という以上に、天野天街のセンス、才能が光った舞台だったようにも思う。

    天野は1960年生まれ、というからアングラ第一世代ではないが、流山児と組むことで、その流れの中で斬新さを打ち出しているように感じた。



    たぶん、天野のセンスであろう、独特の暗転手法が私には面白かった。

    たとえば、役者たちの姿にダブって、舞台いっぱいにカラスの大群のモノクロ動画か映される。とその黒いカラスが舞台いっぱいに広がり、一瞬(のように見える)舞台が真っ暗になる。

    それが暗転であり、次の瞬間、照明がつくと、次のシーンになっているのだ。

    錯覚かもしれないが、観客である私には、この暗転の時間が極端に短く感じられた。もしかしたら、動画の残像のせいかもしれない。


    また、舞台は畳敷きになっているが、その一部(半畳ほど)から時おり役者が床下へストンと堕ちる芝居がある。

    堕ちる演技が終わると、その部分はいつの間にか普通の床に戻るのだ。

    それをどのようにやっているのか、それがよく分からない。もちろん床下から、なんらかの操作をしているのは明らかだが。

    私は前から2列目だったので、床のその部分を気にしながら観ていたが、結局わからなかった。


    ロビーで2009年の初演DVDが売られている。きちんと編集された丁寧な出来で、これで2000円とは安い。
  • 満足度★★★★★

    圧倒された!
    アングラ?アングラ!アングラ!どっぷり世界観に浸れました。
    なんか圧倒されちゃって・・・涙出てきたけれど
    それがなんの涙かまだ、自身、わかってません・・笑。
    でも凄かった。アフタートークは必聴♪

  • 満足度★★★★★

    「恐山」発「下北(沢)」行きの、寺山修司を巡る旅
    同名の映画が含む要素、つまり、寺山氏の自伝的な内容、母、恐山、映画、時間というキーワードを見事に散りばめ、ギラギラとしながら泥臭く組み上げられた作品。

    大勢の役者、映像、音楽が織り成す全体の熱量は凄まじく、とても濃厚。

    ネタバレBOX

    『田園に死す』は、もともと寺山修司氏の歌集のタイトルということもあろう、オープニングで、出演者が舞台に登場しマッチを擦りながら登場し、有名な短歌「マッチ擦るつかのま……」(歌集『田園に死す』からではなかったと思うが)などを叫ぶ。
    短歌は、単語やセンテンスに分けられ、執拗に繰り返されていく。それによってコトバが言葉とことばに重なっていく。寺山が始まった、天野が始まったという合図だ。
    マッチを擦り、叫びながら現れる出演者で舞台は埋まり、タイトルと唄。
    ここまでで、すでにジビれてしまっていた。
    あまりにもカッコいい。

    確かにマッチ擦りながらのシーンは、本家(?)万有引力では必ず(と言っても何本も観ているわけではないが)どこかで行われるシーンではあるのだが、それは横に置いたとしてもカッコいいのだ。

    少年王者舘の天野天街氏が演出とあって、確かに少年王者舘の匂いはプンプンしていた。
    映像の使い方・見せ方、セットの使い方・見せ方・手品のようなシカケ、コトバの遊び・つなぎ方、ダンス等々で。
    しかし、少年王者舘は、とにかくそれをストイックに突き詰めていき、がっちりした形状であるとすれば、こちらは少し違う。
    明らかに、流山児★事務所の作品に仕上がっているのだ。
    それは、「人」の「在り方」だ。

    人の持つ、能力と曖昧さと、その場(あるいはその時間)との関係性を強く感じる。
    つまり、ライブ感とでも言うか、人が動いている感とでもいうか、そんな感じだ。
    もちろん、少年王者舘にもライブ感や人がいることの、強い刺激はあるのだが、少年王者舘には、髪の毛1本も入らないような緻密さがある。一方、流山児★事務所にはもう少し「余白」があるような印象なのだ。
    特に観客の空気を読んで動いているように見える、流山児氏本人の存在にそれを強く感じた。
    観客席側から登場し、「一体誰なんだ?」と観客が思っている間に、キャラメルを食べ、気持ち良く唄ってはけるのだ(後で当パンを見たら役名は「寺山司修」だった!)。

    結果、天野天街(少年王者舘)と流山児★事務所の関係はとても美しく引き合い、押し合いながら相乗効果を生んでいるという、コラボの一番いい形になっているのではないだろうか。

    流山児★事務所を思い描き、脚色・構成した天野天街氏の腕は確かだということでもある。
    そこに天野天街氏自身の、少年王者舘で培ったテクニックがすべて投入される。

    オープニングあたりでは、映画のほうの映像を映していたのだが、それは、「これとは違う」「これとは同じ」という意気込みと原作への敬意の現れではなかっただろうか。

    「覗いている」「シンジ」の登場という、かなりアイロニーの効いた主人公の登場から、新司、しんじ、新次が現れ、ウソかマコトかわからない修司の自伝的なストーリーを軸に、映画の軸を絡み合わせて、母や自己の位置を探るという、寺山修司を巡る旅に観客をいざなっていく。

    繰り返し繰り返しのくどさ、その微妙なズレ、そういう演出のシカケも楽しい。
    映像のインパクト、シーンのつなぎは、映像の編集のようでもあるのだが、確かに演劇(舞台)でしか味わえないダイナミックさとインパクトを感じる。
    柱時計のシーンの凄まじさ!

    幾重にも重なっているエピソードとシーンの関係、そして、一瞬の暗転と音楽(唄)がいい。
    J・A・シーザー氏の音楽(歌曲)は、合唱が、その真価を発揮する。

    さらに、花輪和一氏による、アナクロなフライヤーも素敵すぎる。

    ダンスシーン、特にラストに延々続くダンスは、モロに夕沈さんの振り付けだとわかるものだ。大人数で、見せ、かつ音楽との親和性も良いもので、トランス状態に陥りそうなほど、しつこく繰り返され、ラストを飾る。

    ラスト、映画では「新宿字恐山」となり、一挙に新宿の雑踏となるシーンは衝撃的だったが、舞台では、「下北」である。青森の下北ではなく、演劇の街「下北沢」なのだ。

    舞台奥に、今観客がいる(はずの)スズナリの入口が再現されている。
    39歳の新次(シンジ、しんじ、新司)がそれを見上げるというのは、「演劇」に戻っていく姿であり、流山児氏と天野氏の強いメッセージだろう。
    印象に残る素晴らしいシーンだと思う。

このページのQRコードです。

拡大