ドリルチョコレート×キコ qui-co.「世田谷童貞機構」

デザイン:メリケンサック

0 お気に入りチラシにする

MCR

駅前劇場(東京都)

2011/06/13 (月) ~ 2011/06/14 (火) 公演終了

上演時間:

ドリルチョコレート、今回は【キコ qui-co.】と一緒に駅前劇場にて「世田谷童貞機構」平日二日間公演です。
なんでまたこういう形になったのかというと、小栗剛という人が主宰をしている【キコ qui-co.】という演劇のユニットがありまして、僕はまあ、観たことはないんですが、遠巻きに小栗君を眺...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/06/13 (月) ~ 2011/06/14 (火)
劇場 駅前劇場
出演 小栗剛(キコqui-co.)・櫻井智也,・諌山幸治(ブラジル)・本井博之(コマツ企画)・宮本奈津美(味わい堂々)・三科喜代
脚本 【原案】小栗剛(キコqui-co.)【脚本】櫻井智也(MCR/ドリルチョコレート)
演出 櫻井智也と小栗剛
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】2011/05/13
13日(月)19:30 14日(火)19:30開演の回は3000円 
14日(火)15:00開演の回は2000円
(前売り、当日とも)
サイト

http://www.mc-r.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ドリルチョコレート、今回は【キコ qui-co.】と一緒に駅前劇場にて「世田谷童貞機構」平日二日間公演です。
なんでまたこういう形になったのかというと、小栗剛という人が主宰をしている【キコ qui-co.】という演劇のユニットがありまして、僕はまあ、観たことはないんですが、遠巻きに小栗君を眺めているうちに(実物を見たことはなかったけれども)なんていうか「この人は、頭がおかしいんじゃないか」という、文字にするとあれですけど、そうではなくて、良い予感しかしないので(ここら辺もニュアンス重視)「なんか一緒にやろう」と勝手に思い立って一方的に「6月に駅前劇場おさえてあるんですけど(平日二日間)一緒にやりませんか」と声をかけ、快諾してくれました、ので、やっぱり頭がおかしいんだと思います。

実際会った時に小栗君から「じゃあ、僕が原案をやりますから櫻井さん脚本で」みたいな流れの会話になったので、今回、そういう形になりました。
そういう形になって、やっぱり、良い予感しかしませんので、これで良かったんだと思います。

以下、あらすじです

【あらすじ】

「もし日本が戦争に負けていなかったら。」
昭和85年(西暦2011年)。大日本帝国は超日本帝国になりました。戦争に負けなかった帝国民に西洋化の影響は無く「恥」の文化が栄えました。それはもう過剰なまでに。
テレビ、ラジオ、雑誌、インターネット。すべての媒体からエロが根絶されました。帝國は「恥の概念」を利用し国民の統制を図っていたのです。
しかし、帝國の繁栄とは人口を増やすこと。帝國の首都、東京は区ごとにイロマチと呼ばれる性の解放区を設立しました。そこでだけ、人々は「恥」を捨てることができます。年齢を問わず、肉体的な成熟さえあれば、誰でも立ち入り、性交の機会を得られるのです。
イロマチ条例の施行により、東京都民は爆発的に増えました。
これは、そんな世界の、とある日常。
変わらぬ若者の青春の爆発です。

※チケプレ当選の方には、ご連絡いたしました(6/12)
その他注意事項
スタッフ 【舞台監督】金安凌平【照明】久保田つばさ【音響】平井隆史【宣伝美術】メリケンサック【制作】ドリルチョコレート・塩田友克【製作】ドリルチョコレート

[情報提供] 2011/04/13 04:27 by 櫻井

[最終更新] 2011/06/28 01:05 by コロ助

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

宮本奈津美

宮本奈津美(0)

頑張りますっ

小栗剛(キコ/qui-co.)

小栗剛(キコ/qui-co.)(28)

役者・俳優 演奏(ギター) 脚本 演出 作曲 制作 宣伝美術

原案と出演です。俺と櫻井さんのコンビはゲッペルスとヒト...

コロ助

コロ助(2)

よろしくです

このページのQRコードです。

拡大