演劇

第5回福岡演劇フェスティバル 公募枠作品

~for summer season~

四つの部屋と、住人と。

デザイン:井中歩美

0 お気に入りチラシにする

演劇

第5回福岡演劇フェスティバル 公募枠作品

四つの部屋と、住人と。

~for summer season~

演劇関係いすと校舎

西鉄ホール(福岡県)

2011/05/05 (木) ~ 2011/05/05 (木) 公演終了

上演時間:

その強い風が春の花をどっかに運んで、
季節が春から少しずつ夏に移ろう頃、
白くない雲は雨を降らして、
太陽はちょうど1番高くて、
日光は緑の葉に跳ねて、
間もなく海は開いて、
でも川はずっと冷たくて、
でもでも星の川はずっときれいで、
蝉はお祭り騒ぎで、部屋中を大騒ぎが通り抜け...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/05/05 (木) ~ 2011/05/05 (木)
劇場 西鉄ホール
出演 粟飯原百良、平林拓也、高野由紀子、宮村早貴、豊田留都子(劇団音速バタフライ)、平安寺育子、柳本あゆみ、井中歩美、野口和夫(演劇作業室紅生姜)
脚本 守田慎之介
演出 守田慎之介
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 2,000円
【発売日】2011/03/01
一般前売1800円、一般当日2000円
学生前売1500円、学生当日1700円(劇団受付のみの取扱)
サイト

http://www.isukou.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 その強い風が春の花をどっかに運んで、
季節が春から少しずつ夏に移ろう頃、
白くない雲は雨を降らして、
太陽はちょうど1番高くて、
日光は緑の葉に跳ねて、
間もなく海は開いて、
でも川はずっと冷たくて、
でもでも星の川はずっときれいで、
蝉はお祭り騒ぎで、部屋中を大騒ぎが通り抜けて、
白い雲が降らした雨が通り抜けて、
気づくと夏は旅立ちの頃を迎える。

的な、おはなし。

舞台は、四つの部屋があるアパート。
今現在を背負う住人と、それを取り巻く人々が
「何故、今ここに自分はいるの?」を描く。

おかしみとかなしみの夏のはなし。
その他注意事項
スタッフ 作・演出/守田慎之介

舞台監督/大谷正幸(有限会社九州音響システム)
舞台美術/高野由紀子
大道具/平林拓也
小道具/平安寺育子
衣装/粟飯原百良

照明/吉田有佳里
音響/中村歩佑美

宣伝美術/井中歩美
制作/宮村早貴、中川歩
票券/柳本あゆみ
宣伝/校舎組

制作支援/七緒りか(制作修団プレアデス)

提携/西鉄ホール
主催/演劇関係いすと校舎、福岡演劇フェスティバル実行委員会

企画・製作/演劇関係いすと校舎

[情報提供] 2011/02/13 22:23 by モリシン

[最終更新] 2011/05/08 19:53 by 七緒りか(制作修団プレアデス)

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー10

ぁ~ニャ♪

ぁ~ニャ♪(0)

役者・俳優

会場でお待ちしています!

ポニータ♪

ポニータ♪(0)

宜しくお願いします!

もっち。

もっち。(0)

初出演です。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大