演劇

MISHIMAワークショップ・プロジェクトVOL.2

「葵上」「卒塔婆小町」

流山児★事務所

Space早稲田(東京都)

2010/03/18 (木) ~ 2010/03/21 (日) 公演終了

上演時間:

「葵の上」
昭和30年初演。舞台は夜の精神病院。若林光の妻の葵は病で入院している。その葵の病床に毎夜通う六条康子の姿があった。それは六条康子の生霊 (いきりょう)。光が見舞いに訪れた時、康子が現れ光の気持ちを自分のほうへ向けようとする。病室から湖上のヨットへと場面を変わり、妻の葵のことを忘れ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/03/18 (木) ~ 2010/03/21 (日)
劇場 Space早稲田
出演 木内尚、鈴木麻理、山下直哉、荒木理恵、石田暁子、川島有未、小島恵子、後藤英樹、惟葉しゅう、阪口美由紀、清水明子、惣三郎
脚本 三島由紀夫
演出 流山児祥
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】2010/02/20
一般3000円、学生割引2500円
サイト

http://www.ryuzanji.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「葵の上」
昭和30年初演。舞台は夜の精神病院。若林光の妻の葵は病で入院している。その葵の病床に毎夜通う六条康子の姿があった。それは六条康子の生霊 (いきりょう)。光が見舞いに訪れた時、康子が現れ光の気持ちを自分のほうへ向けようとする。病室から湖上のヨットへと場面を変わり、妻の葵のことを忘れさせようとする康子の不思議な力。 康子の不思議な力に引きずられて光は・・・。

「卒塔婆小町」
昭和27年初演。舞台は恋人たちが抱擁を交わす夜の公園。 おぞましき乞食の老婆が煙草の吸殻を拾いつつ登場し恋人たちを追い払い、ベンチを陣取る。そこへ酔っ払いの詩人が現れ、老婆に素性を問い掛ける。99歳の老婆は「むかし小町と呼ばれた女さ」「私を美しいと言った男はみんな死んじまった。私を美しいという男は、みんな死ぬんだ。」と答える。いつしか場面は100年前の鹿鳴館の時代へと変わり、舞踏会とシーンになる。老婆は 、そして詩人は・・・・。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2010/02/22 14:35 by 流山児☆

[最終更新] 2010/03/22 19:48 by 流山児★事務所

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

sk_miyuki

sk_miyuki(41)

役者・俳優 その他(字幕オペレーター)

5日間のワークショップを経て、公演に向け疾走(迷走?!...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大