舞踊・バレエ

東京バレエ団

Bunkamuraオーチャードホール(東京都)

2010/04/24 (土) ~ 2010/04/25 (日) 公演終了

上演時間:

歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」をもとに創作された「ザ・カブキ」は、現代の青年が『忠臣蔵』の時代にタイムスリップし、武士“由良之助”となって主君の仇討ちに生き、死んでいく物語です。日本が世界に誇る伝統芸能と精神文化の武士道を、西欧のバレエという手法で絶妙に表現した舞台は、1986年の初演以来、世界中...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/04/24 (土) ~ 2010/04/25 (日)
劇場 Bunkamuraオーチャードホール
出演 柄本弾、二階堂由依、後藤晴雄、上野水香、他
演出
振付 モーリスベジャール
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 17,000円
【発売日】2009/12/19
S=¥9,000 A=¥7,000 B=¥5,000 C=¥4,000 D=¥3,000
エコノミー券=¥2,000
 (2010年3月26日よりイープラスのみで受付。お一人様2枚まで)
学生券=¥1,500
 (2010年3月25日よりNBS電話予約、電子チケットぴあのみで受付。25歳までの学生が対象。公演当日、学生証必携)
◆ペア割チケット ※NBSチケットセンター電話予約のみで受付
S席ペア割=¥17,000 A席ペア割=¥13,000
サイト

http://www.nbs.or.jp/stages/1004_kabuki/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」をもとに創作された「ザ・カブキ」は、現代の青年が『忠臣蔵』の時代にタイムスリップし、武士“由良之助”となって主君の仇討ちに生き、死んでいく物語です。日本が世界に誇る伝統芸能と精神文化の武士道を、西欧のバレエという手法で絶妙に表現した舞台は、1986年の初演以来、世界中で反響を呼び、総上演数160回のうち、じつに106回が有名オペラハウスを中心とした海外の舞台で上演されてきました。

今回の「ザ・カブキ」では、主役由良之助、顔世御前に新キャストが登場します!
初日(2010年4月24日)に由良之助を踊るのは、東京バレエ団期待の若手、20歳の柄
本弾。そして顔世御前には入団1年目、若干17歳の二階堂由依が大抜擢されました。2日目(4/25)の由良之助は、19歳で抜擢されて以来、世界各地で喝采を浴びてきた後藤晴雄が、そして顔世御前には、昨年の第23次海外公演にて各地で絶賛を博した上野水香が日本デビューを飾ります。

バレエと歌舞伎の所作が明示する現在と過去。バレエの跳躍や回転技で躍動する
武士たち。豪華な内掛けをガウンのようにさばく腰元たち・・・。異国の人々 が日本人や日本文化の何に興味をもち、何が国境を超えて人々を感動させるのか。
私たち自身も知らなかった日本について教えてくれ、真の異文化コラボレー ションを示唆してくれた、モーリス・ベジャールから日本への素晴らしい贈り物——「ザ・カブキ」の魅力を、味わってください!

その他注意事項 未就学児童入場不可。
スタッフ

[情報提供] 2009/12/03 10:20 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/01/30 03:51 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大