ティーチャー!! 公演情報 ティーチャー!!」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.8
1-11件 / 11件中
  • 満足度★★★

    みなさん元気が良かったです。
    面白かったのですが、途中で飽きてしまい観ていて疲れてしましました。
    大阪の笑いにはあまり自分は合わないなぁと思いました。

  • 満足度★★★★★

    やっぱりおもしろいっ♪♪
    わざわざ東京まで見に行っちゃいましたっ☆☆

    大阪も見て、東京もってもうストーカーみたい(笑)

    でも行ってよかったぁ!!!大阪よりも面白かったかもっ♪♪
    とにかく最高でした!!!
    これからも活躍に超期待していますっ☆☆

  • 満足度★★★★

    ここまでドタバタだと、逆にぃ気持ちいい、フルマラソン・コメディ
    舞台がスタートして、最初は「えっ何?」という雰囲気だったが、一気にテンションが上がり、とにかく声を結構張るので、「こりゃ、この調子で全編やられたら、逆にぃ辛いかも」と思いきや、テンションは確かに全編この調子だったが、とにかく笑った。
    逆にぃ、というか久しぶりにかなり声出して笑ってしまった。

    実にしょーもないことで笑えてしまう。
    逆にぃ、しょーもないことで笑えるのっていいなぁ。

    ネタバレBOX

    職員室で教師たちが繰り広げるとは思えない内容のドタバタ・コメディ。
    実際にドタバタしていたりする。

    鬱陶しいキャラクターしか出てこないが、逆にぃ、そうじゃないとこのテンションは持たせられない。主人公池田先生と金髪男の鬱陶しさったらないぞ!(笑)
    そんな人いないとか、そんなことあるわけないじゃないか、とかいうようなコトはすぐにどうでもよくなってくる。
    このテンションで2時間ぐらいを突っ走るのだから、フルマラソン・ドタバタコメディ。っていうか、逆にぃ、そう呼んじゃおう。

    力づくというか力技の感じがするが、逆にぃ、かなり細かいところにも気を配っているところが好ましい。ちょっとしたフリとかもなかなかだし。

    エンディングに近いあたりで、主人公がなんとなく人生的なキビのようなことをノタマウのだが、その長台詞を出演者が静かに揃って聞くというスタイルは、イニシエの藤山寛美率いる松竹新喜劇か! と思っていたら、ちょっとグダグタにしてみせるあたりがなかなかいい。劇団の年齢は若いけど、そんなスタイルを知っていて、ワザとやったであろうところが渋い。逆にぃ、オマージュ・・・ってことはないか。

    そういう意味では「えっー」「いやいやいや」という最近の若手の舞台で「ココ面白いところですよ」というシーンでよく聞かれるこの台詞を、最初のほうで一気に無駄に何回も言わせているのも小気味良かったりする。
    (関西のお笑いの人たちがよく使っている、この台詞が舞台でヘタに出てくるとうんざりしてたので。もちろんウマく使えていれば笑えたりもするのだが)

    エンディングから本当のラストに行くまでが、意外と長い。かなり粘る、粘る、粘る。だけど笑えるから許せてしまう。この粘りは、舞台全編を覆っており、劇団の持ち味なのかもしれない。ホントに粘る。笑わせたい、喜ばせたいという気持ちの現れと受け取った。

    関西若手ナンバー1と自ら名乗っているが、それもうなづける舞台だった。
    関西にはこんな劇団がひしめいているんじゃないかという幻想も見そうになったほど。
    また、観たいものだ。

    それにつけても、関西弁をしゃべるのは、花屋の親父だけで、後はそうじゃなかったのはなぜなんだろう? 今までのほかの舞台でもそうだったのだろうか?
  • 満足度★★★★

    笑ってた。
    みんな笑ってた。

    前の女子も隣の男子も後ろのカップルもみんなみんな笑ってた。

    ネタバレBOX

    で、
    自分もやっぱり笑ってた。

    客席の子供が長時間の観劇に耐えられずちょこちょこ声を出していたり、後ろのカップルがいちいち笑いの説明してたり、斜め横の男子が変なタイミングで笑っていたり・・・そんなこと別にどうでも良かった。

    むしろその感じが難波グランド花月を思い出させた。
    つまりは吉本新喜劇だ。

    で、
    芝居の内容もやっぱりそんな感じで。

    ここは大阪かよ!と・・・。

    なんだかそんなツッコミを入れたい気分になった。


    なにしろ流れが良かった。
    笑った。
  • 満足度★★★

    パワー
    勢い・パワーがすごかったですー!
    カーテンコールが面白かった♪

  • 満足度★★★★

    てぃーちゃー
    いやまじで久々に超笑いましたたたです!
    東京また来てほしー!!

  • 満足度★★

    残念ながら・・・
    残念ながら笑いの感性が違っていたようです。たしかに,役者さんは身体を張って笑いを取ろうと一生懸命で,その姿勢はとにかく徹底しており,感心させられるほどでした。しかしながら,これだけはもう仕方ない。何を笑えるかは各自の感性の問題。周りは爆笑していましたから,これは良いドタバタコメディだったのでしょう。でも,自分にはウザい人間の集まりだけにしか見えませんでした。

  • 満足度★★★★

    笑った!笑った!
    お腹を抱えるほど笑った!
    この芝居は前の方で観ないと舞台の醍醐味が味わえない。

    何故か?
    それは付けまつげが目の下にこびり付いて主張している様が見えないからだ。笑

    以下はネタばれBOXにて。。

    ネタバレBOX

    職員室でのドタバタシチュエーションコメディ。
    キャストの設定は生徒が一人。掃除婦が一人。他は全員が教師。
    職員室では教師2人がこよりを一人の教師の鼻に入れてからかってるシーンから始まる。
    このシーン、関東ではウケそうもないが関西ではウケルのだろうか・・?
    こりゃあ、ダメだなー(。。”)と感じたのもつかの間、芝居は観客を力でねじ伏せるごとく自分たちのコメディに引っ張り込む。
    こういう技は流石!

    職員室ではイッチャッテルキャラの先生方が後から後から登場し、観客を飽きさせない。そんな中で職場恋愛じゃあないけれど、誰々先生が誰々先生を好き!みたいな青春真っ盛りな空気が広がっていくわけよ。
    ああ、夏の太陽じゃあないけれど・・熱いぜ!みたいな・・。笑

    その恋愛ごっこの主役である池田先生のクラスの生徒・山口が友達と喧嘩をしたことから、教頭の耳に入り親を呼び出すという大騒ぎに発展してしまう。これを食い止めようと池田先生たちは必死になりながらもドタバタドタバタと大げさな経過を見せながら笑わせるという舞台。

    一方で池田先生が常にイジッテル岡町先生は原西先生に好意を寄せていた。岡町はラブレターを手渡す決心をしていたが、中々チャンスがない。それを後押しする池田先生。
    しかし、岡町は見事にフラレテしまう。「忘れられない人がいる。」という理由から。
    池田は岡町の為に原西を説得する。「生徒は友達、先生、家族・・いろんな人たちに支えられて大人になる。大人だって誰かに支えられてもいいんじゃないか、人は一人では生きられない。一人で頑張ろうとせず、しんどいときはしんどいから助けて。っていいましょうよ。忘れられない人がいたら、乗り越える努力をして誰かに支えて貰っちゃ駄目ですか?」なんつってクサイセリフを吐いた矢先、原西先生の忘れられない相手は父親だと解る。ファザコン!(苦笑!)

    そんなこんなでとにかく、めい一杯走ったりわめいたり、被り物を被ったり、パンツ1枚になりながら見た目も体を張って勝負に出たコメディでした。

    いあいあ、これはとにかくおもろい!(^0^)





  • 満足度★★★★

    体力勝負の舞台
    最初から最後まで、本当にドタバタ! こんな先生ばかりじゃ落ち着いて勉強できないでしょうけど、彼らも私たちと同じ。世間体があるから真面目なふりしてるだけでしょうから^^ とにかく、本日ラストです! 子供でも楽しめる内容なので、ぜひお出かけあれ♪ 

  • 満足度★★★★★

    こんな職員室いやだ
    教室の方がはるかに落ち着いてるんじゃないかっていうくらい、くっだらないことで騒がしい職員室。見ているこっちもハラハラしながら爆笑です。しかも、2時間休ませてくれません。やはり東京のコメディとはちょっと違うノリだったかな。

    こてこての大阪弁ではありませんでしたが、池袋で上演するための特別バージョンだったのでしょうか?

    疲れましたが、新鮮で見応えのある2時間でした。定期的に東京に来てもらいたいです。

  • 軟弱じゃないシチュエーションコメディ
    徹頭徹尾、コメディ。ちゃんと、コメディ。
    はっきり言って感情の線を追えない人物達の、笑わせるための演技、笑わせるための脚本になっているが、それが確実に結果を出していて潔い。正しすぎる。
    現代口語演劇やそれに触発された周辺のリアリティの芝居に対するアンチであり、一つのアンサーとも言えるんじゃないか。
    なんてことを考えるまでもなく楽しんで見られる芝居。笑った!

    ネタバレBOX

    開演前のアナウンスで、舞台上手・下手の先にどんな空間が続いてるかを説明(笑)しちゃう件からして、「そんなところを細かい芝居で伝えてる暇はねぇ」という、ド頭から笑わせる気概が見えた気がして、その姿勢に恐れ入った。

このページのQRコードです。

拡大