【公演中止】天幕旅団の遊園地 公演情報
観たい!クチコミをする

公演地:東京都

観たい!

公演地:東京都

【公演中止】天幕旅団の遊園地

天幕旅団(東京都)

公演に携わっているメンバー:5人

【団体紹介】
公演が終われば跡形もなく消え、後にはなにも残らない、
まるでサーカステントのような幻の芝居を目指して活動中。

その作風は、「いまどき、珍しい程ファンタジー」。
名作古典・童話などを、もしかしたらこうだったかもしれない物語へと
生まれ変わらせる本歌取りスタイル。

多面舞台を得意とし、美しく叙情的な台詞と想像力を掻き立てる身体表現で、
切なさとすれ違いと、あとほんの一握りの希望みたいなモノを描き出し、
客席を非現実の絵本のような物語世界へと誘います。

2017年には、新宿のSPACE 雑遊にて丸々1か月のロングランに挑戦。
また、近年では座付き作家:渡辺望のオリジナル脚本以外にも、別役実さんやケラリーノ・サンドロヴィッチさんの台本の上演も行い、巨匠たちのことば、も天幕色に染め上げている。
【応募公演への意気込み】

「天幕旅団の遊園地」は再演です。
初演は2017年、新宿のSPACE 雑遊にて上演いたしました。

今はもう廃園になった「ファンタズマゴリア」という架空の遊園地の創業から終焉、そしてその後。
そこを巡る人々の悲喜交々を、1940年から2040年までの100年間に亘ってスケッチします。

役者は、劇団員4人だけ。大掛かりな装置や小道具は使わず、4脚の椅子と4本の傘だけ。これだけで、遊園地が過ごしてきた100年間の全てを舞台上に描き出します。
初演時には、「夢を見ているみたいだった」「本当に遊園地に来ているようだった」と評価を頂きました。
観てきた、にご意見もたくさん書いて頂いています。
https://stage.corich.jp/stage/83038/

タイトルに劇団名を冠しているぐらい、気合いの入った作品です。
シンプルな空間にシンプルな道具立てで、夢のような場面を次々に立体化していく、という、我々の劇団らしさが最も詰まった演目です。舞台でしか出来ないこと、演劇の可能性、を是非体感してください。
【将来のビジョン】
自前のテントを持って旅をして、全国に私たちの作品を届けたいと思っています。

中島らもさんの「ベイビーさん」という戯曲に、旅するサーカス団が出てきます。
空地を見つけたらテントを張って興行を行い、終わるとその天幕が気球になって、次の興行の地を探して旅に出る、という幻のサーカス団です。
公演が終われば跡形もなく消え、後にはなにも残らない、けれど、公演を見た人には、確かにそこで夢のような時間を過ごした、という思い出だけは残る、という奇跡。そんな奇跡に憧れて、「天幕旅団」という劇団名にしました。

時間とお金をかけて劇場に足を運んでもらうより、もっと気軽に。
我々の方から公演をしに行けるようなスタイル。
東京以外の、小劇場が身近にない地域の人々の下へ。
近所の神社の境内や空き地にテントが建っていて、仕事帰りにふらっとお芝居を見に行けるような、そんな公演を打つことが理想です。

公演に携わっているメンバー(5)

Nophoto member
加藤晃子
役者・俳優

「天幕旅団の遊園地」に携わっているメンバーです。
160609
渡辺実希
役者・俳優 その他(衣装)

出演。衣装。
Nophoto member
熊崎いくみ
役者・俳優 演出助手

演出助手させていただきます
31675
ゆたか
役者・俳優

思い出深い作品の再演です!
12386
渡辺望
役者・俳優 脚本 演出

代表作、再演です。

このページのQRコードです。

拡大