6号室 公演情報 黒テント「6号室」の観てきた!クチコミとコメント

  • 満足度★★

    残念
    チェーホフの小説を舞台化したもので、元の小説を読んだことがないため、脚色や改編がどの程度に施されているのかは分かりませんが、4大戯曲とはかなり毛色の異なる作品でした。

    医者や事務員が不正を行う腐敗した精神病院を舞台に、何を以て狂っている人とそうでない人の判断するのかを考えさせられる内容で、笑えるところもほとんどなく、閉塞感の漂う重い雰囲気でした。

    客入れ時の導線や単調に聞こえる台詞まわしや唐突に断ち切られる場面転換時の音楽など、観客が物語の世界に没入するのを妨げるような演出の意図があったのだと思いますが、あまり効果的ではないように感じました。作品で描かれるディスコミュニケーションに対応させた表現ならば、もっと極端にした方が断絶ぶりを感じられて良かったと思います。
    また初日だったせいか、まだ台詞がちゃんと入ってない感じで(かなりの長台詞で大変そうでした)、何が言いたいのかが伝わって来ず残念でした。
    客入れのときから静かに存在を主張する、繊細な照明の美しさが印象に残りました。

    同じ出演者で全員の役を入れ替えたバージョンと交互に上演するので、異なる配役のときにどのように違って見えてくるのかが気になります。

    0

    2011/02/03 02:24

    0

    0

このページのQRコードです。

拡大