ジョンの観てきた!クチコミ一覧

1-12件 / 12件中
男亡者の泣きぬるところ/女亡者の泣きぬるところ

男亡者の泣きぬるところ/女亡者の泣きぬるところ

ニットキャップシアター

こまばアゴラ劇場(東京都)

2019/03/27 (水) ~ 2019/03/31 (日)公演終了

上質な2人芝居2作品を堪能した。一言で女編はドロドロ、男編はハレバレという感じだった。女編は、死との局面からお互いの弱い部分に付け込もうとし、シンプルな部屋が変わっていく様子が面白い。逆に男編はワンシュチュレーションに組み込まれる回想的な短編との切り替わりが面白い、そして伏線回収がなかなか晴々とした感じという印象。

ロボットとわたし  ご来場ありがとうございました。

ロボットとわたし  ご来場ありがとうございました。

演劇ユニットG.com

ウエストエンドスタジオ(東京都)

2019/03/27 (水) ~ 2019/03/31 (日)公演終了

人間とロボットの関係は平等でなくちゃいけない、現実ではありえないような話ではあるが、日常でロボットがたくさん存在し始めた2019年に見ると、日常と照合するものがあった。g.comは毎回他では見られない斬新な演出が好みだが、今回とにかく照明が圧倒的だった。またカレル・チャベックの世界観は今のSFの元祖であり総括であるなと感じた。

カーテンを閉じたまま

カーテンを閉じたまま

Ammo

シアター風姿花伝(東京都)

2019/02/14 (木) ~ 2019/02/19 (火)公演終了

支配者が周りを洗脳させていく、テレビで見たオウムの映像が頭のなかを過る。生の舞台でそれをとても感じることができた。ゾッとするような演技の連続で胸が抉られるような二時間。だけど微笑ましいところも所々に仕掛けられていて最高でした。

享保の暗闘~吉宗と宗春

享保の暗闘~吉宗と宗春

雀組ホエールズ

シアターグリーン BOX in BOX THEATER(東京都)

2018/11/14 (水) ~ 2018/11/25 (日)公演終了

現代風時代劇という感じでとても楽しめる。客と演者が一緒の時間が共有出来るような仕組みがあって本当に演劇はじめてというかたに自信を持っておすすめできるお芝居です。

バカンス

バカンス

玉田企画

アトリエヘリコプター(東京都)

2018/07/28 (土) ~ 2018/08/05 (日)公演終了

関係性の面白さが今回も絶妙。誰にでも恥ずかしい秘密がある。おるおるこんな人が!という人間がたくさんいて人の裏側を公演見る前より気にするようになった。心底この人どう思っているんやろーかと。今後も楽しみです。

舞台×ドキュメンタリー 浪曲師玉川太福譚

舞台×ドキュメンタリー 浪曲師玉川太福譚

企画室 磁場 the planning office JIBA

浅草木馬亭(東京都)

2017/01/19 (木) ~ 2017/01/22 (日)公演終了

満足度★★★★★

ある人の生涯を用いたノンフィクションだが演出と空間の良さのおかげですごく鮮やかに仕上がっている。知っているようで知らない世界を生き抜く人たちのドキュメンタリーは今後も興味がある。浪曲の語りも心が落ち着き、浅草まで行く価値ある。これはホントにおすすめ中のおすすめ。浪曲もまた拝見させていただきたい。

車窓から、世界の

車窓から、世界の

iaku

こまばアゴラ劇場(東京都)

2016/12/14 (水) ~ 2016/12/19 (月)公演終了

こういう類いのけっこう好き
シンプルな舞台構造にシンプルな照明と音響、良い意味で物語に役割を果たしていた。ワンシチュエーションで入ってきやすいお話だった。笑いの要素も物語から決して脱線しない戯曲力、この会話劇に続きがあるなと感じさせる役者さんたちのリアリティーの出し方上手だった。

vol.18<DADDY WHO?>

vol.18<DADDY WHO?>

天才劇団バカバッカ

サンモールスタジオ(東京都)

2016/11/16 (水) ~ 2016/11/27 (日)公演終了

破壊力底なし
最初はコメディということでストーリーを追いながら見るような感じでしたがいつの間にか大爆笑していました。若い人をターゲットにした笑いならば一番面白い劇団じゃないかと思います。何よりも役者さんがアドリブに笑いを耐えているのかよくわかんないとこが絶妙でした。

外道の絆

外道の絆

水素74%

アトリエ春風舎(東京都)

2016/11/10 (木) ~ 2016/11/20 (日)公演終了

考えさせられる
登場人物全員がクズな性格を持っていて見終わったあと印象に残りやすい舞台だった。本当の親子だったら100%こんなことはないだろうと思うけど再婚した母は本当に憎く感じた。場転で車の音が流れるのがゾッとする。

撃鉄の子守唄 2016年版

撃鉄の子守唄 2016年版

劇団ショウダウン

シアターグリーン BIG TREE THEATER(東京都)

2016/09/01 (木) ~ 2016/09/04 (日)公演終了

歴史エンターテイメント一番
エンターテイメント芝居はいくつも見ているが歴史上の人物の体験談のようかのように再現するフィクションはまるでノンフィクションのようだ。所々に入る笑いの質も高く飽きなかった。2.5次元のような芝居を体感でき、かつミステリー感もあって最後までハラハラしながら見れた。今後も応援したい。

枯山水

枯山水

味わい堂々

スタジオ空洞(東京都)

2016/07/21 (木) ~ 2016/07/26 (火)公演終了

飽きさせない
まだまだ見たい楽しさが最初から最後まであった。シンプルな舞台美術でシンプルな音響だがあれだけ観客を魅了する芝居は素晴らしい。推理コメディの中でも作品の仕上がりがトップクラスでスタジオ空洞で見られるのが贅沢だ。

ザ・レジスタンス、抵抗

ザ・レジスタンス、抵抗

Wけんじ企画

こまばアゴラ劇場(東京都)

2016/04/28 (木) ~ 2016/05/11 (水)公演終了

シュール
山内健司さんの困った感じとぶっ飛んだキャラクターたちがとても印象的で見て飽きることはなかった。まあ人によってはアダルトな要素強すぎて引いてしまったのかなと思う。山内ケンジさんの不思議な世界観はもっと見てみたいと思った。

このページのQRコードです。

拡大