やまねっとの観てきた!クチコミ一覧

1-20件 / 25件中
いのうえ歌舞伎<亞>alternative 『けむりの軍団』

いのうえ歌舞伎<亞>alternative 『けむりの軍団』

劇団☆新感線

フェスティバルホール(大阪府)

2019/10/08 (火) ~ 2019/10/21 (月)上演中

満足度★★★

鑑賞日2019/10/14 (月) 13:00

過度な作り込みとベタでハイテンションな笑いを得意とするのは相変わらずなのですが、今回はストーリー展開的に面白く無かった。フェスティバルホールは箱的に大きすぎるので後ろの方だと演者の顔が見づらい。
ストーリーを追いかけても肝心なところで転換が字幕でストーリーにも乗り切れず。この字幕の出し方は今後流行るんではないかと思うが、今回は手抜きにしか見えなかった。
消化不良は否めない。高い入場料払ってるから見せ方をもっとどうにかしてほしい。でも、セットや装置の使い方は豪華で贅沢でした。
カーテンコールの清野菜名の誕生日が救いでした。

ギョエー! 旧校舎の77不思議

ギョエー! 旧校舎の77不思議

ヨーロッパ企画

ABCホール (大阪府)

2019/09/11 (水) ~ 2019/09/18 (水)公演終了

満足度★★★★★

こんなコメディ見たことない。ラストまで怖面白いネタが満載で、暴走する幽霊がこれとまた面白い。
ラストは怖がらせて少し嫌な気持ちにさせるという一筋縄に終わらせない演出が見事でした。
久しぶりに他人に勧められる芝居でした。

ネタバレBOX

カーテンコールが終わってのひとネタは笑えました。
YES I AM …

YES I AM …

W.Strudel 2nd Season

近鉄アート館(大阪府)

2019/08/23 (金) ~ 2019/08/26 (月)公演終了

満足度

新しいことを定義しているように見えて全然古臭い題材でした。SFなのに。
まだ笑い飛ばせるフリとかがあればいいのに空回りしてぜんぜん笑えませんでした。
AIがテーマなのに最初と最後に主張して終わった。キャラの使い方が勿体無くも感じました。
派手な立ち回りでごまかそうとしても、そんなのでは騙されないぞ、今の観客は。
ただ何人かの俳優は良い演技をしていた。女優はみんなかわいかったです。

涙目コント

涙目コント

MONO

THEATRE E9 KYOTO(京都府)

2019/08/09 (金) ~ 2019/08/12 (月)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/08/09 (金) 19:00

抜群の安定感。外部から脚本を提供してもらってるのに、そこで観たのは紛れもなくMONOであった。
アクの強い短編が並んだが、どれもなかなかのもの。
個人的には石丸さんが良かった。やはり女優さんがいいと見入ってしまう。
京都初日だったが、もぎりに水沼さんがいた。劇団公演はやはり観ておいて損はない。

真夏にホットケーキ

真夏にホットケーキ

837B

common cafe(大阪府)

2019/08/03 (土) ~ 2019/08/04 (日)公演終了

満足度★★★

価格2,500円

ふと思い立って当日券で見に行きました。開演五分前入場だったのですが、一番後ろの席で、前の人で舞台がよく見えず。
カフェを舞台に短編が三本でした。
あまりキャラの活かし方が上手くない台本でした。キャラをもっと上手く動かせば、より面白くなったのではないかとおもえたのですが…。
店長とマスターの言い違いでよく受けてたのですが、最後までそれで引っ張る力技は小藤さんの力だと思います。
85分くらいだったので集中力が切れずに最後までそれなりに面白く観れました。

Alcestis −a strange episode アルケスティス異聞

Alcestis −a strange episode アルケスティス異聞

清流劇場

一心寺シアター倶楽(大阪府)

2019/07/11 (木) ~ 2019/07/14 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/07/13 (土) 19:00

価格4,300円

面白かったですが、手放しに面白かったと言えないのが、この劇団のスタイルというべきものか。ラストに異聞の部分を付け足した感が結構余計なものに感じた。こんなラストを見たかったわけではなかったのに。
でも、役者が良くて、舞台に対する集中力が続いたのも総て役者のおかげだと思った。
舞台美術が気に入らなくて、能の舞台をイメージしたものだろうか、美術の色が奇抜で鬱陶しく感じた。わざわざ一心寺シアターで立てるような美術ではないと感じた。能楽堂かなんかでやった方が雰囲気が出て良かったのでは?
でも、悪い舞台ではないから小劇場ファンは一度は観ていて損はないと思います。

STING OPERATION

STING OPERATION

THE ROB CARLTON

神戸アートビレッジセンター(兵庫県)

2019/06/28 (金) ~ 2019/06/30 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/06/29 (土) 18:00

高阪さんが良かったです。しっかりとした骨格の物語で、安心してみれました。ドタバタが滑稽で緊張感よりもコメディ感がすごく楽しかった。
でも、1人すげえ演技が下手な人がいてそれだけが気に入らなかったです。誰とは書かないけど。
女性によく受けてました。

大暴力

大暴力

匿名劇壇

神戸アートビレッジセンター(兵庫県)

2019/06/07 (金) ~ 2019/06/09 (日)公演終了

満足度★★★

鑑賞日2019/06/08 (土) 13:00

軽い短い暴力の連鎖を違うシーンで魅せるショートショート演劇。
見ているときはそんなに特別な感情が生まれてこなかったけど、今観劇後に暴力にドキドキしてる。
作者の優しさが滲み出るラストになっている。
興味深い題材だったけど、このような作品を発表し続けても動員は減っていくと思うよ。もっとエンターテインメントに徹してほしい。でも、そういう劇団ではないからなあ。

ジャガーの眼

ジャガーの眼

劇団唐組

南天満公園(大阪府)

2019/04/26 (金) ~ 2019/04/28 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2019/04/28 (日) 19:00

価格3,608円

初唐組である。唐組の芝居はもはや演歌いや、艶歌であると思う。もっと言うならエレジーである。詩的なセリフのリズム感が心地良い気持ちにさせる。次から次へと目まぐるしく変わる情景が徐々に異世界へと誘われていく様は小劇場の伝統芸能だろう。
結局何が言いたいのかわからなかったが、それでも紅テントで観た光景は、特別な空間として心に刻まれた。
ただ、適度に幕間休憩はあったが、座布団無しで2時間半観ているのは辛かった。

スロウハイツの神様

スロウハイツの神様

演劇集団キャラメルボックス

サンケイホールブリーゼ(大阪府)

2019/04/05 (金) ~ 2019/04/07 (日)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2019/04/05 (金) 19:00

本で読んだ時の感想とそう変わらなかったが、とてもセリフのチョイスが見事でした。
僕みたいな中年でだけではなく、もっと若者に観て欲しいと思った作品でした。
チヨダコーキの作品が大人になると読まなくなるというのが、キャラメルボックスと重なって見えてしまい、妙に感動してしまった。女子供が観る作品などと揶揄されることもありますが、僕はこれからもキャラメルボックスを観続けると思います。

ネタバレBOX

ラストシーンの手を繋いで暗転になるところとかは見事な演技の演出で感嘆しました。
はなにら

はなにら

MONO

ロームシアター京都ノースホール(京都府)

2019/03/23 (土) ~ 2019/03/27 (水)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2019/03/23 (土) 19:30

座席A列4番

価格4,000円

長年MONOを観てきているが、今回は特別面白かった。ストーリーの裏にある設定がよくて、物語に程良い厚みを加えられていたのが良かった。いつもがそうでもないのかと言われればそんなことはないのだが、今回は秀逸だった。新しく入った人たちもすんなりとMONOワールドに馴染んでいた。今まで観てきたMONOの作品の中で1、2を争うほど面白かった。土田英生の最高傑作ではないか?まさにベテランの妙である。

THE Negotiation

THE Negotiation

T-works

HEP HALL(大阪府)

2019/03/08 (金) ~ 2019/03/10 (日)公演終了

満足度★★★★

交渉ごとなのだが、とてつもなくしょうもない(これ褒め言葉)内容で、真剣に話し合ってるからそのギャップが笑いにつながる。
2時間飽きさせない会話で今後観る人は羨ましい。もう一回観たい。

野獣降臨

野獣降臨

baghdad cafe’

AI・HALL(兵庫県)

2018/12/22 (土) ~ 2018/12/24 (月)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2018/12/22 (土) 18:30

最初は固かったのかテンポも台詞回しも思ってたのと違うなと思ってたのですが、とてつもないセリフ量を後半圧倒的な熱量で見せられて魅せられました。
シアタートークで高都さんもわからないのもわからなくていいんだよというのが印象に残りました。
わからないけど面白い野田演劇の真髄のような気がします。

ポストグラフ【大阪】

ポストグラフ【大阪】

彗星マジック

in→dependent theatre 2nd(大阪府)

2018/12/21 (金) ~ 2018/12/24 (月)公演終了

満足度★★

鑑賞日2018/12/21 (金) 19:30

なんであんなに役者に怒鳴る演技をさせたのか。なんか全体的にうるさかったです。
衣装はいいし、場面のつながりもスムーズで演出もいいが、全体的に荒々しくて、観てるのにとても不愉快でした。
総体的にあまり面白くなかった。これで全国を回るというのは少し心配です。

メタルマクベス disc3

メタルマクベス disc3

TBS/ヴィレッヂ/劇団☆新感線

IHIステージアラウンド東京(東京都)

2018/11/09 (金) ~ 2018/12/31 (月)公演終了

満足度★★★★★

凄かったの一言です。始まりからといい選曲、曲入りのタイミングといい、これ好きなやつと思うところでした。休憩入れての4時間なのですが、体感的には長さを感じませんでした。2時間の芝居を二本見たと思えば長さはそうマイナスにはこの芝居は感じません。
長澤まさみ目当てで行きましたが、彼女の演技歌共によく頑張ってたと思います。ランダムスター共に狂っていく演技が見ているこちらも引き込まれて行きました。脚本を書いたクドカンもすごいが、シェイクスピアは偉大だなと思いました。

ネタバレBOX

劇場の回転というよりか紗幕な使い方ややプロジェクションマッピングで車酔いするような感覚に陥るのが体感して思うところでした。
笑えるシーンだらけですが、ラストに切っても切っても立ち上がるのが、笑けました。
真夜中の弥次さん喜多さん

真夜中の弥次さん喜多さん

KUDAN Project

AI・HALL(兵庫県)

2018/12/07 (金) ~ 2018/12/09 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2018/12/09 (日) 14:00

天野演出にしてはゆったりまったりと芝居に入っていった印象がある。しかし、そこからはさすが天野演出狂ったように繰り返されるシーンの連続。それを最後まで貫く強い意志と脚本力。ラストも圧巻だった。
しかし、個人的に思ったのは、もっと若い役者で見たかったというのがあった。

PAVILLION

PAVILLION

A級MissingLink

IRORIMURA・プチホール(大阪府)

2018/12/07 (金) ~ 2018/12/09 (日)公演終了

満足度★★

東京オリンピックの後は大阪で万博がある。だんだんと盛り上げていこうでは無いかという機運も小劇場から出てきて少ない影響の中からもとても好ましい。

ネタバレBOX

イプセン、イヨネスコ、チェーホフなどの作品を散りばめて作られた短編が4本あった。
しかしどれもあまり面白くない。
ただ、「ある人形の家」は面白かった。ドロドロの関係で作られる作品は緊張感があって笑える。
作者には是非笑えないけど笑える作品を作っていって欲しい。
パビリオンは大阪万博開催決定がわかる前から作られているから、そうした体験も挟み込んだらさらにおもしろかったのではないか。
リトル・ドラマー・ボーイ

リトル・ドラマー・ボーイ

演劇集団キャラメルボックス

サンケイホールブリーゼ(大阪府)

2018/12/07 (金) ~ 2018/12/09 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2018/12/08 (土) 18:00

見た瞬間に劇世界に引き込まれました。ハラハラされっぱなしで、息もつく間も無くシーンが次から次へと進んでいき、最後は感動。
なんて書いたらハリウッド映画かよと思わせるのですが、芝居の力でなんとでもなるということも一言付け加えたい。
プロデューサーは「いつものクリスマスな感じで」と言っていたが、こんなワクワク感を毎年やっているのか?と思うと今後も見たくなること間違い無いです。
キャラメルボックスは老舗だけに女子供の見る芝居と位置付けられているのが気に入らないし納得がいかない。
一度見に行って欲しい。
撮影タイムあるから写真も撮っていいのよ。
販促みきまるなども会場にいてるから。

なんかみんなで芝居を作っている感が満載なので見に行って損はなし。

修道女たち

修道女たち

キューブ

兵庫県立芸術文化センター 中ホール(兵庫県)

2018/11/23 (金) ~ 2018/11/24 (土)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2018/11/23 (金) 17:30

長い。3時間は勘弁してほしい。僕にはケラさんは合わないなと思った。ケラさん芝居は何回か観てるけど、どの公演も長くて。そのエピソードいる?と思うところとかを丁寧に描くから。笑えるシーンとかあるから退屈はしないんだけど。
修道女に棲む狂気が恐ろしいものだと思った。それに自分の心にカサブタをぞんざいに剥ぐように感情にかりかりと傷つける台詞の応酬は観ていて痛かった。
鈴木杏ちゃんは可愛くて守ってあげたい存在でした。
ストーリーも面白い。せめて2時間半とかにしてくれないかなぁ。

『髪をかきあげる』『ともだちが来た』

『髪をかきあげる』『ともだちが来た』

コトリ会議

AI・HALL(兵庫県)

2018/11/15 (木) ~ 2018/11/18 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2018/11/18 (日)

価格4,500円

両方とも観ました。
役者が素晴らしいのか演出が絶妙なのか、両方ともクスリと笑えるシーンもあり、物語を紡ぐ台詞とともに役者たちの力に目がいった。特に「ともだちが来た」の「私」をやった役者さんが素晴らしく彼のためにあるような50分であった。舞台美術も簡素すぎて驚いたが、必要最低限の美術が台詞や肉体に収斂されフォーカスが当たるという狙いがあったのではと勝手に思う。
しかし、90年代の演劇がもはやレトロという現実に驚きを感じざるを得ない。
秀作であったが、この年代の戯曲に傑作という言葉が似合わないのが僕の個人的主観である。
後付けで申し訳ないが演出も良かった。バランスが取れた小気味がいい会話の間でした。

このページのQRコードです。

拡大