動画一覧(Aga-risk Entertainment : 全て)

1-10件 / 15件中

【予告動画】『かげきはたちのいるところ』

作品紹介

アガリスクエンターテイメント黄金のコメディフェスティバル2015開催中のご挨拶

団体PR

アガリスクエンターテイメントが出場中!黄金のコメディフェスティバル2015!
いま一番面白いコメディ劇団を決める、今年で三回目の真夏の祭典!シアター風姿花伝にて現在開催中!

※アガリスクはモーレツカンパニーと一緒に「パーチーム」で出場中です。

~黄金のコメディフェスティバル2015~
【会場】シアター風姿花伝
【日程】2015年8月20日(木)~30日(日)
(残り)
2015年8月
26日(水)13:00■パー/16:00●グー/19:30▲チョ
27日(木)13:00●グー/16:00▲チョ/19:30■パー
28日(金)13:00▲チョ/16:00■パー/19:30●グー
29日(土)13:00■パー/16:00●グー/19:30▲チョ
30日(日)12:00ぶっ通しスペシャル
(12時より●グー公演→休憩30分→▲チョキ公演→休憩30分→■パー公演で19時終演予定。)
【料金】
〇一般 前売/3,500円・当日/3,800円
〇高校生以下(要学生証)前売/2,500円・当日/3,000円
〇一日通し券 8,500円
【ご予約】https://ticket.corich.jp/apply/64153/006/
【感想まとめ】http://togetter.com/li/865417
【詳細】http://come-fes.com/

キングオブコント2016への道・チーム決め

稽古場風景

■アガリスクエンターテイメント キングオブコント2016への道■
屁理屈シチュエーションコメディ劇団・アガリスクエンターテイメントが「コントが人を笑わせる演劇の一形態であるなら、キングオブコントがコントで競う大会なら、コメディ劇団だって挑戦しなければ」という勝手な使命感のもと、キングオブコント2016に挑戦する企画です。

その「キングオブコント2016への道」に臨むメンバーを決める、チーム分けの動画です。
組みたいメンバーを紙に書き、フィーリングカップルで双方の希望が一致したらカップル成立。コンビ二組とトリオ一組を決めます。
※なお、本編中で、アガリスク内予選会は「観客投票とメンバー間投票で代表を決める」と言っていますが、変更しました。観客投票のみで決めることになしりました。

【出演】(左より)
淺越岳人、鹿島ゆきこ、熊谷有芳、冨坂友(進行/主宰/出ない人)、甲田守、塩原俊之、沈ゆうこ、津和野諒

■キングオブコント2016への道・アガリスク内予選会■
「アガリスクエンターテイメント」の名を背負ってキングオブコント2016に出場する資格を賭け、3チームに分かれたアガリスクメンバーがネタを上演し、観客投票で代表を決める劇団内予選会です。
【日時】2016年2月24日(水)19:30~
【会場】新宿シアター・ミラクル
【料金】予約・当日とも1,800円
【チケット発売】2016年1月24日(日)10:00AM~
【詳細】http://koc2016.agarisk.com

【特報】ナイゲン(全国版)

作品紹介

アガリスクエンターテイメント十周年記念興行 第21回公演
『ナイゲン(全国版)』
劇団設立十周年を記念した初のツアー公演にして、最後のナイゲン再演興行!

 2006年に初演、その後2012年2013年と再演を重ねてきた、劇団代表作とも言える傑作青春群像会議コメディ『ナイゲン』。
 2012年以降、複数の劇団や企画で上演され「会議劇の新しいクラシック」の呼び声も高い本作を引っ提げて、初のツアー公演を決行!
 “教室でナイゲンを見る”東京試演会と京都公演から、収容人数約500人のイベントホール「新宿FACE」でのファイナルまで駆け抜ける、アガリスク史上最大の作戦。
 姉妹作『紅白旗合戦』を経て、更なるリライト・ブラッシュアップを施して行う、劇団的に最後にして 決定版の『ナイゲン』再演です。

【ナイゲンとは?】
屁理屈シチュエーションコメディ劇団・アガリスクエンターテイメントが上演した会議コメディ。
メンバーの母校でもある千葉県立国府台高校に実在する会議をモデルにしている。
会議に不慣れな高校生が文化祭の発表内容について話し合い、1クラスを落選審査する泥仕合をコメディとして描きつつ、「自治」「話し合い」の意義を問う青春群像劇。
10月3日(土)~4日(日):東京試演会@都内某所(教室公演)
10月8日(金)~10日(土):京都公演@京都某所(教室公演)
11月13日(金)~14日(土):ツアーファイナル@新宿FACE(ホール公演)

詳細:http://naigen2015.agarisk.com

【予告映像】アガリスクエンターテイメント『紅白旗合戦』

作品紹介

アガリスクエンターテイメント第20回記念公演
紅白旗合戦

“今度の会議は生徒vs教師!議題は日の丸・君が代!”
アガリスクエンターテイメントの記念すべき第20回公演は、代表作『ナイゲン』に続く会議コメディにして、卒業式での国旗・国歌を巡って生徒と教師が真っ向からぶつかる全面対抗戦。
裏切り!密約!権謀術数!あの手この手を駆使して論陣を張る両者によって、本来は歩み寄る為の交渉のテーブルは、思想・良心・自治・命令・愛国心・愛校心の渦巻く泥沼に沈んでいく…!
デリケートでアンタッチャブルな題材を、「真面目なほど滑稽に見える」シチュエーションコメディのフィルターを通して描く、政治・青春・群像・会議・シチュエーションコメディ!

■あらすじ■
自主自律を旨とし、ほとんどの学校行事を生徒が企画・運営しているこの学校では、卒業式も生徒が立案したプランで準備が進められていた。
しかし、式も近づいた2月末になって、突如教師側から「待った」がかかる。
国旗の掲揚と国歌の斉唱を実施してこなかった同校の卒業式が、県の教育委員会で問題になったというのだ。
自分達の案を急に否決され、納得がいかない生徒側。県から指示を受け、実施させなければいけない教師側。
双方とも一歩も引かない膠着状態の中、卒業式は刻一刻と迫ってくる。
そして生徒は、校則の中から「連絡協議会」という制度を持ち出す。
それは、遥か昔、生徒と教師が対立したときに開かれた会議にして、調停のための最後の手段。
かくして、生徒vs教師の直接対決の火蓋が切って落とされた…!

■上演にあたって■
脚本・演出:冨坂友より
http://blog.kouhaku.agarisk.com/article/410886892.html

■期間■
2015年3月18日(水)~3月29日(日)全17ステージ

■会場■
サンモールスタジオ
http://www.sun-mallstudio.com/

■料金■
《一般料金》予約券:3,000円 当日券:3,500円
《前半料金》予約券:2,500円 当日券:3,000円…(前)の回
《平日昼料金》予約券:2,500円 当日券:3,000円…(昼)の回
《高校生料金》予約・当日ともに1,000円

※各種割引有り
■チケット■
絶賛発売中!
ご予約はこちらから
https://ticket.corich.jp/apply/61013

■キャスト■
淺越岳人/鹿島ゆきこ/塩原俊之/沈ゆうこ(以上アガリスクエンターテイメント)/加藤隆浩/川添美和(劇団海賊ハイジャック改めVoyantroupe)/菊地奈緒(elePHANTMoon)/熊谷有芳/斉藤コータ(コメディユニット磯川家)/津和野諒/野澤太郎(劇団東京ペンギン/コントユニットT@kuma)/ボス村松(劇団鋼鉄村松)/前田友里子

■詳細■
公演詳細、その他の情報はこちらから
http://kouhaku.agarisk.com/


※映像内使用楽曲FUNNY GAMEを収録した「PREDATOR / THE EIGHT CORNER」はCRIB RECORDSさんでお求めになれます。よろしければこちらも合わせてどうぞ。

CRIB RECORDS
http://www.cribrecords.jp/product/2476

【本編映像】『ナイゲン(2013年版)』

作品紹介

アガリスクエンターテイメント第18回公演
『ナイゲン(2013年版)』
10/7(月)新宿シアター・ミラクルにて収録。

【DVD版絶賛発売中!】
5台のカメラで撮影・編集した豪華編集に、アガリスクエンターテイメントメンバーによるオーディオコメンタリーの収録されたDVD版も絶賛発売中!
『ナイゲン(2013年版)』DVD
¥2,000(税込)
アガリスクSHOPにて発売中!
http://shop.agarisk.com/items/228008

■上演記録■
【日時】2013年9月26日(木)~10月8日(火)
【会場】新宿シアター・ミラクル
【脚本・演出】冨坂友
【出演】
議長:甲田守
監査:沈ゆうこ(アガリスクエンターテイメント)
文化副委員長:鹿島ゆきこ(アガリスクエンターテイメント)
文化書記:金原並央
Ⅰは地球をすくう:さいとう篤史
3148:榎並夕起
おばか屋敷:長谷川一樹(Torico Roll Cake)
海のYeah!!:斉藤コータ(コメディユニット磯川家)
アイスクリースマス:淺越岳人(アガリスクエンターテイメント)
花鳥風月:矢吹ジャンプ(ファルスシアター)
道祖神:信原久美子(コメディユニット磯川家)
どさまわり:塩原俊之(アガリスクエンターテイメント)
【公演特設ページ】http://naigen2013.agarisk.com

【本編映像】『時をかける稽古場』

作品紹介

アガリスクエンターテイメント第19回公演『時をかける稽古場』
定点撮影の記録映像を本編フルで公開!
6/14(土)サンモールスタジオにて収録。
■あらすじ■
超遅筆な脚本家率いる若手劇団「第六十三小隊」は、勝負をかけた公演を二週間後に控えながら、台本が1ページも無いという危機に瀕していた。
ある日、稽古場にて偶然タイムマシンを発見した劇団員達は起死回生の策を思いつく。
それは「稽古最終日まで行って、完成したあとの台本を取ってくる」というものだった…!
…というあらすじなんて全体の2割3割にも満たないほどの怒涛の展開と、多元宇宙論を用いた複雑怪奇なのに小じんまりした時間移動でお送りする、時間移動コメディの異端にして最先端。
若手劇団が演劇公演の為だけにタイムマシンを使い倒し時をかけまくる「時間移動もの×演劇現場もの」というトリッキーな設定で描く、普遍的な「あの頃」の物語。

【DVD版絶賛発売中!】
5台のカメラで撮影・編集した豪華編集に、アガリスクエンターテイメントメンバーによるオーディオコメンタリーの収録されたDVD版も絶賛発売中!
『時をかける稽古場』DVD
¥2,000(税込)
アガリスクSHOPにて発売中!
http://shop.agarisk.com/items/627365

【次回公演 チケット発売中!】
本作の“企む”“策を弄する”のエッセンスを色濃く残しつつ、舞台を高校に移し、卒業式での国旗と国歌の取り扱いについて先生と生徒が論争する異色の会議コメディ『紅白旗合戦』を上演します。
卒業式での国旗・国歌の取り扱いを巡って先生と生徒が真っ向からぶつかる会議のコメディ!ご期待ください!
アガリスクエンターテイメント第20回記念公演
『紅白旗合戦』
【日時】2015年3月18日(水)~3月29日(日)
【会場】サンモールスタジオ
【詳細】http://kouhaku.agarisk.com
チケット発売中!

■上演記録■
【日時】2014年6月7日(土)~6月15日(日)
【会場】サンモールスタジオ
【脚本・演出】冨坂友
【出演】
アサコシ:淺越岳人(アガリスクエンターテイメント)
カシマ:鹿島ゆきこ(アガリスクエンターテイメント)
シオバラ:塩原俊之(アガリスクエンターテイメント)
コータ:斉藤コータ(コメディユニット磯川家)
アツシ:さいとう篤史
クマガイ:クマガイユカ
ツワノ:津和野諒
ホソイ:細井寿代
エナミ:榎並夕起
キムラ:沈ゆうこ(アガリスクエンターテイメント)
マエダ:前田友里子
ネコソギ:甲田守
【公演特設ページ】http://tokikake.agarisk.com/

【予告映像】ナイゲン(全国版)

作品紹介

アガリスクエンターテイメント十周年記念興行・第21回公演
『ナイゲン(全国版)』

■概要■
傑作青春群像会議コメディ、最後の再演&ツアー公演決行!!
屁理屈シチュエーションコメディ劇団・アガリスクエンターテイメントが2006年に初演し、2012年、2013年と再演を重ねてきた、劇団代表作の青春群像会議コメディ『ナイゲン』。
数多くの団体によって上演され、早くも「会議劇の新たなクラシック」との呼び声も高い本作を引っさげて、初のツアー公演を決行!
“学校の教室でナイゲンを観る”東京試演会(都内某所・近日発表)と京都公演(元・立誠小学校)、そして収容人数500人のイベントホールでの東京公演(新宿FACE)まで駆け抜ける、アガリスク初のツアー公演にして、最後のナイゲン再演興行!

■ナイゲンとは?■
屁理屈シチュエーションコメディ劇団・アガリスクエンターテイメントが上演する、高校の文化祭の代表者会議を舞台にした会議コメディ。
メンバーの母校でもある千葉県立国府台高校に実在する会議をモデルにしている。
会議に不慣れな高校生が文化祭の発表内容について話し合い、1クラスを落選審査する泥仕合をコメディとして描きつつ、「自治」「話し合い」の意義を問う青春群像劇。

■あらすじ■
“自主自律”を旨とし、かつては生徒による自治を誇っていたが、今やそんな伝統も失われつつある普通の県立高校、国府台高校。
ある夏の日、唯一残った伝統にして、やたら長いだけの文化祭の為の会議“ナイゲン”は、惰性のままにその日程を終わろうとしていた。
しかし、終了間際に一つの報せが飛び込む。
「今年は、1クラスだけ、文化祭での発表が出来なくなります」
それを機に会議は性格を変え始める。
――どこのクラスを落とすのか。
かくして、会議に不慣れな高校生達の泥仕合がはじまった…!

■日程・会場・料金■
※クリックすると会場ごとの詳細がご覧頂けます
東京試演会:2015年10月3日(土)~4日(日)@にしすがも創造舎(教室での試演会)
京都公演:2015年10月9日(金)~12日(月・祝)@元・立誠小学校 音楽室(教室公演)
東京公演:2015年11月13日(金)~14日(土):@新宿FACE(ホール公演)

■出演■
淺越岳人
塩原俊之
鹿島ゆきこ
沈ゆうこ(以上アガリスクエンターテイメント)
榎並夕起
金原並央
甲田守
さいとう篤史
津和野諒
古屋敷悠(MU/ECHOES)
細井寿代
信原久美子(コメディユニット磯川家)
斉藤コータ(コメディユニット磯川家)

■スタッフ■
脚本・演出:冨坂友
文芸助手:淺越岳人/タカハシヨウ
演出助手:鎌田将一朗/熊谷有芳
舞台監督:大地洋一
照明(京都):斎藤浩一郎
照明操作(京都):角田七海
音響:安藤達朗
音楽:三濱徹也
WEB製作:西川瑞己
宣伝美術:蒔田桃菜
制作:しむじゃっく(東京)/山本佳耶(京都)
主催:アガリスクエンターテイメント
共催:立誠・文化のまち運営委員会(京都)
特別協力:にしすがも創造舎
協力:ECHOES/劇団愉快犯/コメディユニット磯川家/MU/新宿シアター・ミラクル/CoRich!舞台芸術/カルテットオンライン

※その他詳細・チケット予約は naigen2015.agarisk.com までお願いします。使用した映像は2013年版のものです。

「異性人/静かに殺したい」出演者インタビューその4

その他

第16回公演「異性人/静かに殺したい」の出演者インタビュー 第四回は江本和広さん&菅谷和美さんです!

「異性人/静かに殺したい」出演者インタビューその3

その他

第16回公演「異性人/静かに殺したい」の出演者インタビュー 第三回は鹿島ゆきこ&望月雅行さんです!

このページのQRコードです。

拡大