動画一覧(芝居屋風雷紡 : 全て)

1-5件 / 5件中

庚申待の夜に 宣伝動画

作品紹介

芝居屋風雷紡 第十廻公演
http://www.fu-raibow.com/

夜が更ける。
庚申待の夜が更ける。

庚申待を知っとるか?
人間の身体の中には三尸(さんし)の虫っちゅうのがいてな。そいつが庚申の日に天に昇って、天帝にその人がした悪さを言いつけるっちゅう。
だから今夜は寝てはなんねぇ。
一晩中起きて、三尸の虫が昇っていけねえようにするだ。

鉱毒被害と強制破壊ですでに廃村に等しい谷中村。
村で唯一家屋の形を残しているのが、この神社だ。
神社は唯一村民たちの集いの場でもある。
60日に一度の庚申待の日には、谷中村にへばりつくようにしてなんとかその日を過ごしている残留民も、村を立ち退かざるをえなかった旧村民たちも、みんなが集まってくる。

庚申待の夜は眠っちゃなんねぇ。
一晩中三尸の虫を見張ってねぇといけねえだ。




見ざる聞かざる言わざる
あの夜俺たちがかぶってしまったこの面はどうしたらはずせるんだろう。

明治。
近代化されていく世の中の激流に飲まれ、沈められた一つの村の、お祭りの夜のお話。

芝居屋風雷紡第九廻公演『きみがみむねに』PV おまけ

作品紹介

PV用に撮影したものをそのまま完成させたもの。
昭和の映画のように劣化処理させて作りました。
PV音楽:フリー音楽素材 H/MIX GALLERY 秋山裕和
http://www.hmix.net/

芝居屋風雷紡第九廻公演『きみがみむねに』PV

作品紹介

演出:南慎介(Ammo/Minami Produce)   
作:吉水恭子(芝居屋風雷紡/JACROW)
2015年8月13日~18日
会場:日暮里d-倉庫

運河沿いの街。
古い家々に囲まれた石造りの階段が、四方から中央に向かって伸びていて、その階段の一番下に路地があり、貧民街がある。
真ん中に薄汚い酒場。
水タバコのパイプ。
片隅で眠りこけている黒眼鏡の老人。
古ぼけた丸テーブル。
不揃いな傾いだ椅子。
鳴らないアップライトピアノの上には、錆びついた鉄の鳥籠。

カナリヤは随分前に逃げてしまったらしい。

1932年。
この土地に幻の国が建国された。
満州国。
五族融和と王道楽土を謳ったその国は、民族を超えた救いの地になるはずだった。
だが実際は、歴史の激動の中、ロシア、中国、日本、周囲の国のエゴと欲がぶつかり合う魔の巣窟となっていく。

この地に想い人を残してきたと語る、売れない探偵、野崎淳之介。
彼が肌身離さず持っている古びた写真に写っているのは?

2015年夏。
芝居屋風雷紡が戦後70年に送るのは、幻の王国で繰り広げられる野崎淳之介の冒険活劇。

キャスト

山村 鉄平(芝居屋風雷紡)
吉水 恭子(芝居屋風雷紡/JACROW)
祥野 獣一(芝居屋風雷紡)
吉水 雪乃(芝居屋風雷紡)
谷仲 恵輔(JACROW)
高嶋 みあり(JACROW)
菅野 貴夫(時間堂)
荒川 ユリエル(拘束ピエロ)
霧島 ロック 田村 往子
森田 あや
杉田 政道

スタッフ

演出:南 慎介(Ammo/Minami Produce)  脚本:吉水 恭子(芝居屋風雷紡/JACROW)
舞台監督:吉田 慎一(Y's factory)  音響:岡田 悠
照明:大塚之英(大塚組)  衣装:chie(*rism)
写真撮影:石澤 知絵子・古里 麻衣  映像:川本 啓(秘密結社K)
宣伝美術:吉水 彩乃(芝居屋風雷紡)  制作:芝居屋風雷紡
PV音楽:Mus Mus

ひなたのなかのこども PV

作品紹介

PVです。

「蝶を夢む」PV 芝居屋風雷紡第七廻公演 - YouTube

作品紹介

詳細→http://www.fu-raibow.com/index.html 作:吉水恭子 演出:横森文(トツゲキ倶楽部) 【日時】2013年8月11日(日)~18日(日) 【場所】シアター711 【前売り】3000円 【当日】3500円 【演劇部割】1000円(要学生証提示・劇団のみお取扱い) 【出演】 堀奈津...

このページのQRコードです。

拡大