オペラ

フェスティバル/トーキョー15

ゾンビオペラ『死の舞踏』

フェスティバル/トーキョー実行委員会

にしすがも創造舎 【閉館】(東京都)

2015/11/12 (木) ~ 2015/11/15 (日) 公演終了

上演時間:

ゾンビ音楽でつづる死への行進。オペラの新領域がここに拓かれる!

 死神に先導され、恐怖に踊りつつ死に赴く人々の列を描いた「死の舞踏」。死の普遍性を伝えるものとして、中世ヨーロッパ以来、さまざまな芸術作品、文学に引用されてきたイメージを、現代のアーティストによる「オペラ」として上演する試み...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/11/12 (木) ~ 2015/11/15 (日)
劇場 にしすがも創造舎 【閉館】
出演 浅井信好、岸本昌也、左藤英美、新大久保鷹、滝腰教寛、東金晃生、中村桃子、長屋耕太、八重尾恵、山崎春美
作曲 安野太郎
演出
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,000円
【発売日】
(当日+500円)
一般前売自由席(整理番号つき)3,500円
ペア(1枚あたり) ¥3,150
5演目セット ¥2,800
3演目セット ¥3,000
学生 ¥2,300
※当日券共通。当日受付で要学生証提
高校生以下 ¥1,000
※当日券共通。当日受付で要学生証または年齢確認可能な証明書の提示

サイト

http://www.festival-tokyo.jp/15/program/zombie-opera/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル [上演時間 1時間15分(休憩なし・予定)]
11/12(木)19:30
11/13(金)19:30★
11/14(土)19:30
11/15(日)14:30
★安野太郎、渡邊未帆、危口統之によるポスト・パフォーマンストークあり
説明 ゾンビ音楽でつづる死への行進。オペラの新領域がここに拓かれる!

 死神に先導され、恐怖に踊りつつ死に赴く人々の列を描いた「死の舞踏」。死の普遍性を伝えるものとして、中世ヨーロッパ以来、さまざまな芸術作品、文学に引用されてきたイメージを、現代のアーティストによる「オペラ」として上演する試みがここに始まった。
 クリエーションの起点となるのは、コンピューター制御された指がリコーダーやクラリネットなどの楽器を演奏をする「ゾンビ音楽」。作曲家・安野太郎が考案したこの「音楽の生ける屍」と、ドラマトゥルクの渡邊未帆による音楽の歴史や理論めぐる考証、演劇の枠を超えアグレッシブな活躍ぶりを見せる「悪魔のしるし」の危口統之が手がける美術が一体となってつくりあげる舞台は、「死」の存在感を改めて強く印象づけるものとなるだろう。オペラの新たな領域もそこに拓かれるはずだ。
その他注意事項
スタッフ コンセプト・作曲:安野太郎
ドラマトゥルク:渡邊未帆
美術:危口統之
技術監督:寅川英司
技術監督助手:河野千鶴
舞台監督:渡部景介
演出部:佐藤 豪
音響:相川 晶(有限会社サウンドウィーズ)
照明:中能 良(株式会社DOTWORKS)
映像:松澤延拓、堀田 創
美術コーディネーター:中村友美
バルーン:安元啓一郎(有限会社クラウン・ビー)
鉄骨:長船浩二(オサフネ製作所)
ゾンビ制作:安野太郎、松本祐一
ゾンビアシスタント:後藤 天
制作:荒川真由子、十万亜紀子
協力:澤田秀之(香川大学 工学部 知能機械システム工学科)
特別協力:タカハ機工株式会社(ソレノイド)
主催・企画・製作:フェスティバル/トーキョー

[情報提供] 2015/10/29 11:17 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/11/13 12:23 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大