遥かなる甲子園

0 お気に入りチラシにする

関西芸術座

八尾市文化会館プリズムホール 小ホール(大阪府)

2015/08/26 (水) ~ 2015/08/28 (金) 公演終了

上演時間:

1964年、東京オリンピックの年。
沖縄で風疹が猛威をふるった。その時の妊婦から産まれた子どもの多くが、聴力障害を持っていた。
その子ども達の為に一過性の「ろう学校高等部」がつくられる。
 ろう学校生の一樹は、かつて沖縄代表の応援に駆けつけたとき、そこで『音』を見た。
「ルールに基づい...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/08/26 (水) ~ 2015/08/28 (金)
劇場 八尾市文化会館プリズムホール 小ホール
出演 上沢拓也、前田英利、山本峻也、伊能努、横岡祐太、山岡由梨子、雨宮良子、林睦人、森本竜一、多々納斉、梅田千絵
脚本 原作:戸部良也、脚色:西岡誠一
演出 演出:鈴木完一郎、補演出:門田裕
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,500円
【発売日】2015/07/01
一般3500円
シニア(70歳以上)3000円
学生2500円
障害者割2500円
サイト

http://kangei.main.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 8月26日(水)19:00
8月27日(木)14:00/19:00
8月28日(金)14:00/17:30
説明 1964年、東京オリンピックの年。
沖縄で風疹が猛威をふるった。その時の妊婦から産まれた子どもの多くが、聴力障害を持っていた。
その子ども達の為に一過性の「ろう学校高等部」がつくられる。
 ろう学校生の一樹は、かつて沖縄代表の応援に駆けつけたとき、そこで『音』を見た。
「ルールに基づいて繰り広げられる戦いに、ろうあ者も健常者もない。」
一樹の想いに賛同して野球好きの仲間が集まり、校長の許可を得て彼らは野球部を作る。
打球音も聞こえず、会話も困難で危険性のある中、彼らは手話をコミュニケーションとして、ただひたすら、高野連に加盟し、そして甲子園出場の夢の為に日々猛特訓を続けていた。
 しかし「孝行野球憲章第三章」は一樹たちの思いとは裏腹に、ろうあ者を初めから除外する規定になっていた。
甲子園の道は硬く閉ざされた。彼らの甲子園の夢は・・・。

※本公演はご来場頂いた皆様に楽しんで頂けるように、文字通訳を導入しております。
その他注意事項
スタッフ 装  置 /辻村孝厚
照  明 /福井邦夫
音  楽 /ノノヤママナコ
音  響 /須川由樹
舞台監督/辻村孝厚
手話指導/中島正二
野球指導/竹本翔之介
イラスト /久住卓也
宣伝美術/恒川愛子
制  作 /靱マユミ

協  賛 /株式会社エスエスケイ
協  力 /(公社)大阪聴力障害者協会

[情報提供] 2015/06/11 15:39 by イソノウツボ

[最終更新] 2015/10/06 14:20 by イソノウツボ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

イソノウツボ

イソノウツボ(0)

役者・俳優 制作

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大