演劇

第85回公演

なぜ ヘカベ

0 お気に入りチラシにする

演劇

第85回公演

なぜ ヘカベ

東京演劇集団風

レパートリーシアターKAZE(東京都)

2015/04/03 (金) ~ 2015/04/12 (日) 公演終了

上演時間:

栄華を誇ったトロイアの女王へカベは、ギリシアとの戦争で、
地位、故郷、19人の息子たち、すべてを失う。
世界の不幸という見世物を味わう神々、壁となって立ちはだかるコロスたちのなかで、
彼女の問いは掻き消されていく―。
ルーマニア・チャウシェスク政権を逃れて亡命したフランスの現代作家マテ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/04/03 (金) ~ 2015/04/12 (日)
劇場 レパートリーシアターKAZE
出演 辻由美子、坂牧明、白根有子、栗山友彦、酒井宗親、柳瀬太一、柴崎美納、緒方一則、ほか劇団員総出演
脚本 マテイ・ヴィスニユック
演出 江原早哉香
料金(1枚あたり) 3,300円 ~ 4,000円
【発売日】2015/02/16
当日4000円/前売3800円/学生3300円
サイト

http://www.kaze-net.org

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 4月3日(金)19:00
4月4日(土)14:00
4月5日(日)14:00 アフタートークあり
4月6日(月)19::00
4月7日(火)19:00
4月8日(水)19:00
4月9日(木)19:00
4月10日(金)19:00
4月11日(土)14:00
4月12日(日)14:00
説明 栄華を誇ったトロイアの女王へカベは、ギリシアとの戦争で、
地位、故郷、19人の息子たち、すべてを失う。
世界の不幸という見世物を味わう神々、壁となって立ちはだかるコロスたちのなかで、
彼女の問いは掻き消されていく―。
ルーマニア・チャウシェスク政権を逃れて亡命したフランスの現代作家マテイ・ヴィスニユックが
劇団に書き下ろした、絶滅戦争で残された最後のひとり―ヘカベの物語。
ギリシア悲劇「ヘカベ」を原作に書き下ろし、〈へカベの問い〉をギリシア悲劇と現代の接点から
投げかける。
   廃墟から響くヘカベの叫びに、いま私たちは何を聞くのか―。
作家のインスピレーションの源となった辻由美子のへカベ、コロスの演劇的造形を鍛えてきた
江原早哉香の演出で取り組みます。
演劇のはじまりを問い、悲劇を現代と切り結ぶ演劇として蘇らせる〈風の新しいギリシア悲劇〉。
詩人の想起するまなざしが、ひとりの母親の魂の叫びを、
今なお悲劇を繰り返す私たちに物語る。
  ―もしすべてが愛から生み出されたのならば、
           どうしてこれほどの苦しみが存在するのだろう―
その他注意事項 後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
    在日ルーマニア大使館
★5日は終演後、作家とのアフタートークを行います
スタッフ 舞台美術・衣裳:アンドラ・バドゥレスコ
作曲・音楽制作 :バンジャマン・クルシエ
照明:フランソワ・シャファン
仮面制作:エリック・ドゥニオー
音響:渡辺雄亮 舞台監督:佐田剛久
企画制作:佐藤春江

[情報提供] 2015/02/14 12:46 by なっち

[最終更新] 2015/04/28 19:49 by なっち

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

なっち

なっち(0)

役者・俳優 制作

劇団員総出演です!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大