演劇

「S」シリーズvol.61

~安吾の代表作、を除いて、 まず語られたことのない小評論を、語ってみる――!~

演劇

「S」シリーズvol.61

『安吾を語る』

~安吾の代表作、を除いて、 まず語られたことのない小評論を、語ってみる――!~

実演鑑賞

千賀ゆう子企画

ストライプハウスギャラリー(東京都)

2015/01/24 (土) ~ 2015/01/26 (月) 公演終了

上演時間:

公式サイト: http://ameblo.jp/senga-unit/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
戦後作家の坂口安吾の作品をリーディングします。


坂口安吾さんはとってもシビア。
そしてだだっ広い。
おまけにユーモアもある。

坂口安吾は戦後すぐの作家ですが、現代の私たちがきいてもびっくりするくらい現代にフィットしてる文章もあります。
今回大きな存在としておいている最後に...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/01/24 (土) ~ 2015/01/26 (月)
劇場 ストライプハウスギャラリー
出演 入間川正美(チェロ)、千賀ゆう子、加藤翠、木下祐子、清水周介
脚本 坂口安吾
演出 構成・演出/千賀ゆう子
料金(1枚あたり) 2,200円 ~ 3,000円
【発売日】
予約・2800円 
当日・3000円 
学生・2200円(要:学生証提示)
公式/劇場サイト

http://ameblo.jp/senga-unit/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 日時/2015年

1月
24日(土) 15:00/19:30 ◎地下1F
25日(日) 17:00       ◎地下1F
26日(月) 15:00/19:30 ◎3F
説明 戦後作家の坂口安吾の作品をリーディングします。


坂口安吾さんはとってもシビア。
そしてだだっ広い。
おまけにユーモアもある。

坂口安吾は戦後すぐの作家ですが、現代の私たちがきいてもびっくりするくらい現代にフィットしてる文章もあります。
今回大きな存在としておいている最後に読まれる作品は、とても心揺さぶられる、今後ふと、きっと、ずっと、考える作品です。

「桜の森の満開の下」でもない、
「白痴」でもなく、
「堕落論」でもない安吾の違う顔。

ぜひ見に、聞きにいらしてください。

【坂口安吾(ウィキペディアより)】************************
1906年(明治39年)10月20日 - 1955年(昭和30年)2月17日)は、日本の小説家、評論家、随筆家。純文学のみならず、歴史小説や推理小説も執筆し、文芸や時代風俗から古代歴史まで広範に材を採る随筆など、多彩な活動をした。新潟県新潟市出身。東洋大学印度哲学倫理学科卒業。アテネ・フランセでフランス語を学んだ。

戦前はファルス的ナンセンス作品『風博士』で文壇に注目され、一時低迷した後、終戦直後に発表した『堕落論』『白痴』により時代の寵児となり、無頼派・新戯作派と呼ばれる作家の一人として地歩を築いた。歴史小説では黒田如水を主人公とした『二流の人』、推理小説では『不連続殺人事件』が注目された。

坂口安吾の文学作品には、途中で放棄された未完の長編や失敗作も多く、小説家としての技量や芸術性・完璧性の観点からは器用な作家とはいえないが、その作風には独特の不思議な魅力があり、狂気じみた爆発的性格と風が吹き通っている「がらんどう」のような風格の稀有な作家だといわれている。

【代表作】
桜の森の満開の下 白痴 風博士 肝臓先生 堕落論 不連続殺人事件 戦争と一人の女 他 
その他注意事項 ご予約・お問合せ/ストライプハウスギャラリー

TEL/03-3405-8108(11:00~18:30) 
FAX/03-3403-6354(24H)

※席数に限りがございます。事前にお問合せください。
※受付開始は開演45分前。開場は開演15分前、受付順となります。
スタッフ

[情報提供] 2015/01/12 12:55 by ぼっこ

[最終更新] 2015/01/12 13:11 by ぼっこ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大