Studio Life(スタジオライフ)

天王洲 銀河劇場(東京都)

他劇場あり:

2008/12/02 (火) ~ 2008/12/13 (土) 公演終了

上演時間:

アウシュヴィッツ体験者が描く現代ポーランド文学における珠玉の名作
残忍で非人間的な収容所を回想する問題作!

第二次世界大戦後16年。外交官の夫と赴任地ブラジルへ渡る豪華客船で、リーザは遥か大陸へと想いをはせていた。しかし、次の瞬間、彼女の微笑みは激しい動揺に変わるー見覚えのあるひとりの...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/12/02 (火) ~ 2008/12/13 (土)
劇場 天王洲 銀河劇場
出演 曽世海司、前田一世(青年座映画放送)、青木隆敏、山崎康一、舟見和利、関戸博一、高根研一、山本芳樹、スタジオライフ劇団員
脚本 倉田淳
演出 倉田淳
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 11,200円
【発売日】2008/10/12
◇前売 S席¥5,900/A席¥4,900
◇当日 S席¥6,300/A席¥5,000
◇学割(前売・当日) A席¥3,000(要学生証・劇団取扱いのみ)
◇「死の泉」+「パサジェルカ」セット券 (前売S席限定・劇団取扱いのみ) ¥11,200
サイト

http://www.studio-life.com/stage/si_pasa/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 アウシュヴィッツ体験者が描く現代ポーランド文学における珠玉の名作
残忍で非人間的な収容所を回想する問題作!

第二次世界大戦後16年。外交官の夫と赴任地ブラジルへ渡る豪華客船で、リーザは遥か大陸へと想いをはせていた。しかし、次の瞬間、彼女の微笑みは激しい動揺に変わるー見覚えのあるひとりの女船客。それは夫にさえ秘したアウシュヴィッツ収容所の過去を甦らせる、女囚の面影だった。

名はマルタ。戦中、ナチス親衛隊員で収容所の看守だったリーザは、どんな狂乱にあっても毅然とふるまう彼女に一目置き、擁護するのだが…予期せぬ再会の船は心の闇へとすべっていく。
その他注意事項 ■当日券
開演の90分前より整理番号札配布、開演60分前より販売致します。(お1人様2枚まで)
*当日券ご購入の際に、既にご観劇いただいた今回の東京公演「死の泉」または「パサジェルカ」の半券をお持ちいただくと200円引きとなります。(1回限り有効)
スタッフ 『パサジェルカ〜女船客〜』原作=ゾフィア・ポスムイシ
脚本・演出:倉田淳

※Siegfried、GötterdämmerungのWキャスト上演

[情報提供] 2008/09/24 20:55 by CoRich案内人

[最終更新] 2008/12/02 19:54 by 制作

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大