Access
団体 Studio Life(スタジオライフ)

スタジオライフ

(東京都)

Studio Life(スタジオライフ)

アクセス数(20)<直近30日間>

お気に入り(35)

団体 Studio Life(スタジオライフ)

スタジオライフ

(東京都)

1985年結成。
2010年に劇団創立25周年を迎えた。

スタジオライフの特徴は演出家、倉田淳の独創的な脚色力と美しい世界観の織りなす繊細な舞台である。
1987年から、より深く観客を物語世界へ誘うため、男優が女性役をも演じるという手法をとっている。
これにより芝居の虚構性がより強...

もっと読む


お知らせ

すべて見る

写真0

すべて見る

動画3

すべて見る

美術・衣装に宇野亞喜良、テーマ曲作曲にBUCK-TICKの今井寿が担当したスタジオライフ公演『天守物語』のDVDが発売されます。華麗で嘆美な世界が繰り広げられる­泉鏡花原作の傑作舞台をご期待下さい。

基本情報

所在地 〒1660003
東京都杉並区高円寺南1-6-5 高円寺サマリアマンション204
カテゴリ 演劇、その他
公式サイトURL http://www.studio-life.com/
設立 1985年
受賞歴
メンバー 松本慎也、山本芳樹、曽世海司、笠原浩夫、岩﨑大、石飛幸治、藤原啓児、関戸博一、倉本徹、仲原裕之、青木隆敏、姜暢雄、及川健、船戸慎士、小野健太郎、牧島進一、堀川剛史、緒方和也
活動紹介 1985年結成。
2010年に劇団創立25周年を迎えた。

スタジオライフの特徴は演出家、倉田淳の独創的な脚色力と美しい世界観の織りなす繊細な舞台である。
1987年から、より深く観客を物語世界へ誘うため、男優が女性役をも演じるという手法をとっている。
これにより芝居の虚構性がより強調され20代~40代の女性を中心に圧倒的な支持を得ている。
劇団構成は、男優40名と女性演出家1名。

1996年2月の「トーマの心臓」(原作 萩尾望都)初舞台化の成功を機に、萩尾望都作品や「ヴェニスに死す」(原作 トーマス・マン)、「死の泉」(原作 皆川博子)等の文芸耽美作品を始めとし、人の心の機微を深く追求する作品を精力的に上演している。2003年3月にはアートスフィア公演(11th東京オピニオンズフェスティバル)において劇団の代表作である「トーマの心臓」(原作 萩尾望都)を上演し初の四都市公演を成功させる。以後、新潟、仙台、名古屋、大阪、福岡、広島と毎年大都市で公演を増やして行き、劇団創立20周年を迎えた2005年には直木賞作家・東野圭吾の「白夜行」を2部構成で初舞台化し大好評を得た。2006年には長年の念願だったシェイクスピア作品「夏の夜の夢」を上演し大成功を収め、以後「ロミオとジュリエット」、オリジナルの楽曲を使ったわかりやすいシェイクスピア作品を目指した音楽劇「十二夜」や「じゃじゃ馬ならし」を上演し、劇団のレパートリーとなっている。また、舞台化は難しいと思われていた萩尾望都「マージナル」、高屋奈月「フルーツバスケット」、手塚治虫「アドルフに告ぐ」などの舞台化を成功させた。


最近では、各劇団員がドラマ出演や他劇団等への外部出演を行うなど活動の場を広げている。
本公演の他に、ロンドンの小劇場で上演されている作品やアメリカのオフオフブロードウェイなどの最新かつ秀逸な戯曲を翻訳、上演、紹介してゆく《The Other Life》と、2種の明確な方向性を打ち出した公演活動を行っている。また、英国・米国にてのワークショップ開催、本拠地ウエストエンドスタジオの運営等、舞台公演以外にも演劇活動の場を広げている。
問い合わせ先 03-5929-7039(平日12:00~18:00)

[情報提供] 2006/11/22 20:06 by こりっち管理人

[最終更新] 2021/01/30 19:44 by takeuchi

お気に入りに登録するとCoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
好きな団体を応援しましょう!

所属メンバー6

susumoshi

susumoshi(0)

その他(スタッフ)

制作です。

EMA

EMA(0)

制作 当日運営

情報更新用登録

粟野

粟野(0)

影絵劇担当です。

お気に入り登録者35

ささ

ささ(1)

「Studio Life(スタジオライフ)」お気に入り...

tw

tw(0)

「Studio Life(スタジオライフ)」お気に入り...

みきてぃ

みきてぃ(7)

「Studio Life(スタジオライフ)」お気に入り...

このページのQRコードです。

拡大