演劇

ふじのくに⇄せかい演劇祭2019

歓喜の詩(うた)

SPAC・静岡県舞台芸術センター

静岡芸術劇場(静岡県)

2019/05/05 (日) ~ 2019/05/06 (月) 公演終了

上演時間: 約1時間40分(休憩なし)を予定

イタリア語上演/日本語字幕

どんなに苦しい人生の道のりにも、幸せの花は咲く
劇空間を生む詩人、また映画人として、ヨーロッパでも特筆されるアーティスト、ピッポ・デルボーノ。これは彼が、それぞれに困難を抱えるかけがえのないパートナーたちと、20年以上にわたり共に歩んできた道程の振り返りであ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/05/05 (日) ~ 2019/05/06 (月)
劇場 静岡芸術劇場
出演 ドリー・アルベルティン、ジャンルーカ・バッラレー、マルゲリータ・クレメンテ、ピッポ・デルボーノ、イラーリア・ディスタンテ、シモーネ・ゴッジャーノ、マーリオ・イントルーリオ、ネルソン・ラリッチャ、ジャンニ・パレンティ、ペペ・ロブレード、ザクリア・サフィ、グラツィア・スピネッラ
脚本
演出 ピッポ・デルボーノ
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,100円
【発売日】
<全席指定>
一般:4,100円
SPACの会一般:3,400円
ペア割引:3,600円
グループ割引:3,200円
ゆうゆう割引:3,400円
学割:2,000円
高校生以下:1,000円
障がい者割引:2,800円
※付き添いの方1名は無料
サイト

http://festival-shizuoka.jp/program/la-gioia/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 5月5日(日)13:00
5月6日(月)13:00
説明 イタリア語上演/日本語字幕

どんなに苦しい人生の道のりにも、幸せの花は咲く
劇空間を生む詩人、また映画人として、ヨーロッパでも特筆されるアーティスト、ピッポ・デルボーノ。これは彼が、それぞれに困難を抱えるかけがえのないパートナーたちと、20年以上にわたり共に歩んできた道程の振り返りであり、最後のランドマークである。何もない空間を満たす詩の言葉、不思議な人々、サーカスのパレード、そしてベルギーの巨匠ティエリ・ブテミのデザインによる喜びの花々。孤独と狂気に囚われた男の心を、暖かな光が徐々に解きほぐしていく。明滅の中に投げ込まれたイメージの数々は、まるでフェリーニの映画を見ているかのように、観客の記憶やささやかな幸福を呼び覚ます。迷うことは何もない。そこに幸せの花は咲いているのだから。

あらすじ
舞台に生えた一輪の花。男が水をやると、それは花畑のように広がっていく。闇、一人の男が語りだす。かけがえのない仲間たちのことを、そして孤独と狂気に苦しみ檻に囚われる自分のことを。おびただしい衣服、整然と床に並べられる紙の船。明滅の中で女は踊り続け、男は喜びを求め絶叫する――。やがて暖かな光が差し、華が咲き始める。
その他注意事項 ◎静岡芸術劇場には、未就学児と一緒にご観劇いただける親子室がございます(先着3名様)。未就学児との観劇をご希望の方は、お問い合わせください。
◎一部、ストロボによる激しい点滅や喫煙シーンがあります。
スタッフ 構成・演出:ピッポ・デルボーノ
花構成:ティエリ・ブテミ
音楽:ピッポ・デルボーノ、アントワーヌ・バタイユ、ニコラ・トスカーノ ほか
製作:エミーリア・ロマーニャ演劇財団
共同製作:リエージュ劇場、ル・マネージュ – モブージュ国立舞台

[情報提供] 2019/03/27 17:40 by CoRich案内人

[最終更新] 2019/04/26 16:40 by こりっち管理人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. GWはSPAC「歓喜の詩」からの少しですがストレンジシード静岡を見ることができた! ○川村美紀子×米澤一平○富士フルモールド劇場○HURyCAN 目の前でのパフォーマンスは迫力がありますね!!こちらも緊張しながらハラハラしながら… https://t.co/wgvDCO0kil

    約2ヶ月前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大