燐光群

ザ・スズナリ(東京都)

2019/03/19 (火) ~ 2019/03/26 (火) 上演中

上演時間:

間もなく終わると言われている「平成」。ますます「昭和」は遠い過去の「出来事」になってしまうのでしょうか。私たちは常に連続した歴史の上を生きているという意識のもと、新元号への移行等による歴史の不可視化に対して、二十世紀の文学や記録、歴史的な出来事や叙事詩的な言語を元にした作品群を展開することで、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/03/19 (火) ~ 2019/03/26 (火)
劇場 ザ・スズナリ
出演 中山マリ、鴨川てんし、高瀬大貴、町田敬介、西村順子、中山美里
脚本
演出 坂手洋二
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 3,600円
【発売日】2019/02/17
一般 前売¥3,300 
当日¥3,600 
ペア 前売¥6,000
U-25&大学生以下¥2,500  
高校生以下¥1,500
サイト

http://rinkogun.com/ReMemory_1.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3月19日(火)19:00 プレビュー
3月20日(水)14:00★
3月23日(土)14:00 / 19:00★
3月26日(火)14:00 / 19:00

3月19日(火)はプレビュー。一律¥3,000。全席自由。

★アフタートークあり
20日(水)佐藤愛子(小説家)・坂手洋二・中山マリ
23日(土)19時の部  中山マリ・鴨川てんし 他
※本公演の前売券をお持ちの方、ご予約の方は、ご入場頂けます。
説明 間もなく終わると言われている「平成」。ますます「昭和」は遠い過去の「出来事」になってしまうのでしょうか。私たちは常に連続した歴史の上を生きているという意識のもと、新元号への移行等による歴史の不可視化に対して、二十世紀の文学や記録、歴史的な出来事や叙事詩的な言語を元にした作品群を展開することで、かつての社会、文化は何であったかを問い直す「ReMemory」シリーズを開始します。坂手洋二の構成・演出によるこの第一弾では、少し過去の時代を生きる「男」と「女」の私的なストーリーを通じて、埋もれそうな、あるいは、失われそうな、さらにはそうなってしまった「事実」を「再記憶」します。

『生きのこった森の石松』
「清水の次郎長」の物語に登場するキャラクター「森の石松」(鴨川てんし)が、現代の夜を巡るしがない屋台の主の姿を借りて再び登場。
<死んじまったことにしたから、先は齢を重ねちゃいねえ。まあそれでもじわじわ歳はとるわけで。「石松」って名前で呼ばれた頃のことはずいぶん昔だから、ちゃんと憶えているかどうか心許ねえが、それでも生き残ったからこそ見ることができたわけだよ。この国が新しい国に生まれかわるのを、さ。>

『あい子の東京日記』
「中間小説」の人気作家として一世を風靡した、中山あい子。娘・中山マリが、母を、母のいた世界を、母から見た自分を語り、そのすべてを演じます。思い出と感謝に溢れたその語りは、いつしか彼女を見つめる慈愛に満ちた母自身の語りへと移ろいます。
<きょう話したいのは、娘のことだよ。マリっていうんだ。私? あい子さ。あい子の「あい」は「LOVE」の「愛」。そう思ってた?>
その他注意事項 ※未就学児のご入場はご遠慮下さい。
スタッフ 構成・演出○坂手洋二
照明○竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)
音響○島猛(ステージオフィス)
舞台監督○久寿田義晴
美術○じょん万次郎
衣裳○ぴんくぱんだー・卯月
演出助手◯村野玲子
文芸助手◯清水弥生 久保志乃ぶ 中山美里
宣伝意匠◯李潤希
制作○古元道広 近藤順子

[情報提供] 2019/02/18 16:03 by CoRich案内人

[最終更新] 2019/03/04 23:41 by 燐光群制作部

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大