その他

TPAM2019 TPAMディレクション

退避(ワーク・イン・プログレス 公開ワークショップ)

タナポン・ウィルンハグン

TPAM・国際舞台芸術ミーティング

神奈川芸術劇場・中スタジオ(神奈川県)

2019/02/10 (日) ~ 2019/02/12 (火) 公演終了

上演時間:

『退避』は、タナポン・ウィルンハグンとダンサーたちが1年以上に渡って研究している振付のリサーチ・プロセス。日常における他人、物、知られざるものからの「退避」のフォルムから振付を引き出し、身体を通して他者性の新たな理解、新たな関係に到達しようとしている。その抜粋としてのパフォーマンスが2018年...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/02/10 (日) ~ 2019/02/12 (火)
劇場 神奈川芸術劇場・中スタジオ
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】
¥0
サイト

https://www.tpam.or.jp/program/2019/?program=the-retreat

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2.10 Sun 13:00 - 17:30
2.11 Mon 13:00 - 17:30
2.12 Tue 13:00 - 17:30
上演時間 270分(途中入退場自由)
説明 『退避』は、タナポン・ウィルンハグンとダンサーたちが1年以上に渡って研究している振付のリサーチ・プロセス。日常における他人、物、知られざるものからの「退避」のフォルムから振付を引き出し、身体を通して他者性の新たな理解、新たな関係に到達しようとしている。その抜粋としてのパフォーマンスが2018年にバンコクで上演された後も、このプロセスは進行中である。その背後にある哲学はタイの社会政治的現代史を強く反映しているが、トランスナショナルな展開も志向。TPAM2019では、2018年のクアラルンプールとシンガポールでの試みに引き続き、現地ダンサーを交えての公開ワーク・イン・プログレス・ワークショップとして紹介する。
その他注意事項
スタッフ Directed by Thanapol Virulhakul
Dramaturged by Tananop Kanjanawuitisit, Varis Likitanusorn and Nanako Nakajima
Dancers: Vidura Amranand, Krid Prarom, Rinyapas Sirisamanphong, Yukiko Shinozaki, Hokuto Kodama and Sachi Masuda
Produced by Democrazy Theatre Studio

[情報提供] 2019/01/24 10:48 by CoRich案内人

[最終更新] 2019/01/24 10:48 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大