演劇

日本劇作家協会プログラム

サイパンの約束

0 お気に入りチラシにする

演劇

サイパンの約束

日本劇作家協会プログラム

燐光群

座・高円寺1(東京都)

2018/11/23 (金) ~ 2018/12/02 (日) 開幕前

上演時間:

私が杉並区に住むようになってから三十五年。
街も少しずつ変わってきたし、そこに座・高円寺という舞台芸術に特化した公共劇場が誕生し、
活発に展開してゆく十年間に関われたことは、大きな喜びである。
時間をかけて変わってきたが、あるときは急速な数年間の変化だった。
街が瞬時にして姿を新たにす...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/11/23 (金) ~ 2018/12/02 (日)
劇場 座・高円寺1
出演 渡辺美佐子、中山マリ、鴨川てんし、川中健次郎、猪熊恒和、間宮啓行、円城寺あや、大西孝洋、さとうこうじ、咲田とばこ、樋尾麻衣子、杉山英之、荻野貴継、武山尚史、山村秀勝、和田光沙
脚本 坂手洋二
演出 坂手洋二
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 4,200円
【発売日】
全席指定 
一般(座席選択可) 4,200円(税込)
「なみちけ」ご使用になれます
●プレビュー(11/23) 3,000円(全席自由)
-----
劇団特別割引(一般3,800円、ペア7,000円、U-25&大学生以下2,500円、高校生以下1,500円)=当日、劇団が用意した指定席券をお渡しいたします/一般・ペアは事前購入・予約のみ/U-25&学生券は、当日、証明書を確認します。

※開演後は、お入りいただきやすいお席へのご案内となります。
※未就学のお子様はご入場いただけません。

※車椅子のままでご観劇をご希望の方のために、車椅子スペースを用意しております(定員あり/要予約)。車椅子の大きさに制限がございますため、お申込みの際にお問合せください。■問合せ先:劇場チケットボックスTEL03-3223-7300
※障がい者手帳をお持ちの方は、座・高円寺チケットボックスでのご予約に限り、1割引になります。
サイト

http://www.za-koenji.jp/detail/index.php?id=2023

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月23日(金) 19:00●
11月24日(土) 14:00☆
11月25日(日) 14:00
11月26日(月) 19:00
11月27日(火) 19:00
11月28日(水) 14:00☆
11月29日(木) 19:00
11月30日(金) 14:00☆
12月1日(土) 14:00☆ / 19:00
12月2日(日) 14:00

●印公演(11/23の19時)=プレビュー公演(全席自由、3,000円)
☆印公演(11/24・28・30・12/1の各14時)=託児サービスあり(対象:1歳~未就学児/定員あり/要予約/料金1,000円)。観劇日の1週間前までに、劇場チケットボックス(TEL03-3223-7300)まで、お申込みください。

※10/25・28・30の各14時公演=終演後ポストトークあり(本公演の前売券をお持ちの方、ご予約の方はご入場可)
 25(日)森達也(映画監督・作家・明治大学特任教授)
 28(水)前川喜平(現代教育行政研究会代表・元文部科学事務次官)
 30(金)寺尾紗穂(音楽家・エッセイスト)
説明 私が杉並区に住むようになってから三十五年。
街も少しずつ変わってきたし、そこに座・高円寺という舞台芸術に特化した公共劇場が誕生し、
活発に展開してゆく十年間に関われたことは、大きな喜びである。
時間をかけて変わってきたが、あるときは急速な数年間の変化だった。
街が瞬時にして姿を新たにするのは、大きな出来事が起きるときだ。
著しい繁栄や恐慌でも街の相貌は変化していくだろうが、そこまで急速ではない。
天災であったり、戦争のさいに、街の姿は大きく更新される。
そして「公共」とは何かが問われる。
「戦争」について、「公共」について、今、しっかりと語る演劇を、
この人たちの姿を通して描きだしたい。
そんな「家族」の物語です。


――坂手洋二(座・高円寺フリーマガジン20号より)
その他注意事項 ※未就学のお子様はご入場いただけません。
スタッフ 照明:竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)
音響:島猛(ステージオフィス)
舞台監督:森下紀彦
美術:じょん万次郎
衣裳:小林巨和

演出助手:山田真実
文芸助手:清水弥生、久保志乃ぶ
制作:古元道広、近藤順子

[情報提供] 2018/10/17 16:33 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/11/15 10:55 by CoRich案内人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 『サイパンの約束』稽古場より、渡辺美佐子・間宮啓行。 米軍占領までの29年間、日本統治下だったサイパン。沖縄を中心に日本中から人々が移住し、中心街ガラパンは「南洋の東京」として栄えていました。本作はその地で少女時代を過ごした主人公… https://t.co/Bvr8Z5yrzu

    1日前

  2. 「本気度」と「具体性」。『サイパンの約束』稽古場より。 https://t.co/DyeCTM2Okb

    2日前

  3. 『サイパンの約束』稽古場より、渡辺美佐子・大西孝洋。11月23日(金)に初日を迎え、12月2日(日)まで座・高円寺で上演。12月11日(火)岡山市立市民文化ホール、14日(金)〜16日(日)AI・HALL、20日(木)・21日(金… https://t.co/0SdToJsy9m

    3日前

  4. 円城寺あや 舞台『サイパンの約束』出演 11月23日(金・祝)~ https://t.co/Ev3xxrxaeu

    3日前

  5. 『サイパンの約束』の稽古に向かいながら、86歳の女優の吸引力に震える。 戦争を知るこういった方と芝居で関われるのが本当に嬉しい。 役者を始め、人生半世紀が経った。渡部美佐子氏が本当にスゴい。 鬼気迫るリアル感。時が止まる。 #渡部美佐子

    3日前

  6. 座・高円寺に入っています 『サイパンの約束』 https://t.co/eJ4ke3Lmbd

    4日前

  7. イギリスの鉄道民営化による事故の頻発、その責任の所在を追究し舞台化したデイヴィッド・ヘアのドキュメンタリードラマ『パーマネント・ウェイ』を、燐光群で2005年にシアタートラムにて上演。出演していた渡辺美佐子さんは、11/23に始ま… https://t.co/ItNYd4ewc3

    9日前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大