演劇

ピアノと物語

座・高円寺レパートリー

『アメリカン・ラプソディ』 『ジョルジュ』

0 お気に入りチラシにする

演劇

ピアノと物語

『アメリカン・ラプソディ』 『ジョルジュ』

座・高円寺レパートリー

座・高円寺

座・高円寺1(東京都)

2018/12/20 (木) ~ 2018/12/25 (火) 公演終了

上演時間:

『アメリカン・ラプソディ』
2018年12/20(木)~22(土)

ユダヤ系ロシア移民の子としてニューヨークに生まれたジョージ・ガーシュイン。
ジャズとクラシックを融合させ、アメリカ音楽の新境地を切り拓いた彼は、
アメリカ音楽の父と呼ばれています。

音楽に対する情熱ともって駆...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/12/20 (木) ~ 2018/12/25 (火)
劇場 座・高円寺1
出演
脚本 斎藤憐
演出 佐藤信
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,500円
【発売日】
全席指定 
3,500円(税込)
クリスマス・ナイト公演(12/20のみ) 3,000円(税込)
「なみちけ」ご使用になれます
☆音楽パスポート9,000円(4枚つづり/『アメリカン・ラプソディ』、『ジョルジュ』、『スティールパンバンド ライブ(3/30公演)』の中から、お好きな公演に使えます)

※開演後のご入場は指定の席番にご案内できない場合がございます。
※未就学のお子様はご入場いただけません。
※車椅子のままでご観劇をご希望の方のために、車椅子スペースを用意しております(定員あり/要予約)。車椅子の大きさに制限がございますので、お申込みの際にお問合せください。■お問合せ先:劇場チケットボックスTEL03-3223-7300
※障がい者手帳をお持ちの方は、座・高円寺チケットボックスでのご予約に限り、1割引になります。
サイト

http://www.za-koenji.jp/detail/index.php?id=2024

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月20日(木) 19:00 ●
12月21日(金) 14:00 ☆
12月22日(土) 14:00 ☆
12月23日(日) 14:00
12月24日(月) 14:00
12月25日(火) 14:00 ☆

『アメリカン・ラプソディ』 12/20(木)~22(土)
『ジョルジュ』 12/23(日祝)~25(火)
●印公演(12/20の19時)=クリスマス・ナイト公演

☆印公演(12/21・22・25の各14時)=託児サービスあり(対象:1歳~未就学児/定員あり/要予約/1,000円)。観劇日の1週間前までに劇場チケットボックス(TEL03-3223-7300)まで、お申込みください。
説明 『アメリカン・ラプソディ』
2018年12/20(木)~22(土)

ユダヤ系ロシア移民の子としてニューヨークに生まれたジョージ・ガーシュイン。
ジャズとクラシックを融合させ、アメリカ音楽の新境地を切り拓いた彼は、
アメリカ音楽の父と呼ばれています。

音楽に対する情熱ともって駆け抜けたガーシュインの生涯を、
公私にわたるパートナーとして才能を触発し合った女性作曲家ケイ・スウィフトと、
20世紀を代表するヴァイオリニストのひとりヤッシャ・ハイフェッツ、
ふたりの往復書簡とガーシュインのピアノ曲の生演奏で描きます。

出演は、のびやかな歌声が定評のある土居裕子と、
バリトン・ボイスが魅力の福井晶一が初の顔合わせ。
そして、公演の度に作品に新風を吹き込む佐藤允彦のピアノ演奏で、
力強さと繊細さを併せ持つガーシュインの魅力をたっぷりとお届けします。

【演奏予定曲】ラプソディ・イン・ブルー/スワニー/サマータイム/アイ・ガット・リズム/パリのアメリカ人 ほか


『ジョルジュ』
2018年12/23(日祝)~25(火)

終生をピアノに捧げたといっても過言ではないほど
多くのピアノ曲を作曲したフレデリック・ショパン。
39年と7ヵ月でこの世を去ったショパンの名曲の多くは、
作家ジョルジュ・サンドと過ごした9年間に生み出されています。
ショパンを慈しみ育てたジョルジュの愛。
最後は、破局につながった二人の波乱に満ちた情熱の日々を描きます。

出演は、優しさと強さでショパンを支えるジョルジュ・サンドに竹下景子、
ふたりの関係を見守る包容力豊かな弁護士ミッシェルに千葉哲也、
そして、第15回ショパン国際ピアノコンクールで4位入賞の関本昌平が、
その繊細で美しいショパンの名曲を演奏します。

【演奏予定曲】幻想即興曲/英雄ポロネーズ/別れの曲/雨だれ/革命/子守唄/葬送行進曲 ほか
その他注意事項 ※未就学のお子様はご入場いただけません。
スタッフ 照明:齋藤茂男
音響:島猛
舞台監督:北村雅則

▶︎CAST
『アメリカン・ラプソディ』
土居裕子
福井晶一
佐藤允彦(ピアノ)

『ジョルジュ』
竹下景子
千葉哲也
関本昌平(ピアノ)

[情報提供] 2018/10/17 16:27 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/12/28 00:13 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大