女中たち 公演情報 女中たち」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.4
1-7件 / 7件中
  • 劇中劇的な要素を持つ作品で、メイドの姉妹が主人たちのことを芝居ががって演じ分け楽しむ構図。こう書いてみると何だか「おままごと」の話のように見える。誰かに依存しながら生きる人たちの話。セットが美しかった。

  • 満足度★★★★

     謂わずと知れたジャン・ジュネ作品だ。

    ネタバレBOX

    然し、今作女優、殊に女中役の2人にとっては、極めて役作りが難しい筈だ。何故か? 知れたこと。自壊するキャラクターだからだ。拝見した今作から受けた第1印象は、ジュネ自身の体験に基づき犯罪者の心理描写がリアルに描き込まれていることだ。従って主役は無論、奥さまではない。奥さまごっこをしている女中姉妹である。無論、姉を演じても妹を演じても同じように難しい。先に挙げた通り通常の演じ方では表現できないからである。では通常の演じ方とはどのような演じ方で、今作は自壊するキャラを演じなければならないと何故難しいのか? 何故なら普通役者は役作りをすることで演劇世界の住人になるのだが、今作では、役を作ると同時に壊れなければならないからである。何となればジュネの描いた世界とは“実存の顫え”そのものであり、その本質を理解したからこそ、サルトルは彼を高く評価したのであろうから。実際サルトルは、その拠ってくる“ところ”の怖ろしさを良く知っていた。ハイデガーが書き、サルトルは表現せずに済んだ実存の地獄を。
    不遜ながら、今作の演出はその辺りのことを理解しているとは思わない。ハイデガーのdas seinの意味する所を恐らく読み込めていないのだ。現実存在の地平という場で己の実体を普遍化した時に感じる、管の如き強固な壁に生爪を引っ掻けながら否応なくずり落ちてゆく在り様そのものの齎す不安と居心地悪さを。無論、救い等何処にも無い。神は疾うの昔に死んでしまったし、恩寵等幻影でしか無いことを当事者たる本人が最も深く自覚している。その明澄性の地獄で明晰極まる意識によって己自身を生きたまま仮借なきメスを用いて腑分けする作業、それこそが実存なのである。サルトルがジュネを高く評価したのは、これが原因であると自分は考える。ジュネは己が犯罪者であることによって物(即ち物的証拠)や時間(アリバイ)そしてこれら素材のみから組み立てられ、演繹・帰納される関係性総てを己のついた嘘に対して考究することを迫られた。そのことが原因で彼はサルトルやハイデガーが体験した存在そのものが持たざるを得ない曖昧や不安に直面しているのだ。ここで描かれた女中はその意味でジュネその人である。だが、彼は発狂しなかった。発狂せずに済んだのは、自問の形式が二者の対立をその基礎とし弁証法的展開を可能とする形式をその思考形態の内に含んでいた為だ。自分はそのように考える。演出家も或いはこの程度のことは考えていたのかも知れないが、当パンを拝見しただけでは発見できなかった。この程度のことすら考え及ばなかったとすれば、もっと想像力と知力を磨いて欲しいものである。
     その点、美術は気に入った。大きな零形の額縁は、天井に繋がる部分、床に付いている部分を支点に回転可能で、額縁は金色である。上部には、丁度神社の太鼓に描かれているような勾玉の形のマジックミラーか何かが嵌め込んであり、演技している女優達の表情が映り込むと同時に、向こう側が透けて見えるのだ。この大道具が、かなり実存の本質を形象化している。お洒落な電話の受話器、不必要に飾られ部屋のほぼ全四周を取り囲むように飾られた生け花、豪華な奥様の衣装や、小物入れ、そして様々な小物(宝石類、鍵、台所にあるハズの目覚まし時計等々)そして数々の嘘と奥様に対する殺人未遂、これら総てが、ご主人の釈放を契機に女中たち2人に逃げ道の完全封鎖を告げる。女中2人が姉妹という設定になっているのも、ジュネの内部での心と魂との葛藤を描く手法として適当な選択だし、演劇術の要求する対立を表現する為の形式そのものを代弁していると言えよう。
     ところで、以上のことだけで女中たちが味わう絶望を説明できようか? 否、説明できない。姉妹たちの悪巧みが悉く失敗し、その原因が奥さまの育った環境や彼女の持つ道徳的な美徳に因っていること、そして女中姉妹にはどんなに努力しようが、運命に抗おうが、決して奥さまのように自由闊達で温かい人間性には到達し得ないという認識にあることをも見て取らねばなるまい。
  • 満足度★★★★

    風姿花伝プロデュース第5弾。第1弾「パサデナ..」に心酔、前回を惜しくも見逃したので今回は早めに予約。演目はそれまでの比較的シリアスなストレートとは少し傾向を異にしていそう(「女中たち」は恐らく観ていないが何処と無く)。鵜山仁演出、さてどうだろう・・楽しみに出掛けた。例によって体調(↓)を懸念したが舞台との距離近し。豪奢に飾られた邸の一室は目を引くが、写実一色でなく象徴的な形も含み、役者が入ってみないと見えない余地がある。
    さて開幕。演出がこの戯曲についてパンフに書いた中にあった「虚実」定まらない難物、という(意味の)言葉通りで、難敵を相手に四苦八苦した跡が見えたのだが。「女中たち」をこれは読まずばならぬな、と強く思い劇場を後にした。
    (余談だが劇場入口に洒落たカフェ(窓口で出す)が作られていてチケットで一杯。終演後飲んだがこれは美味い。次来た時もあるといいな。)

    ネタバレBOX

    実は途中で寝てしまったのだが、その理由(体調不良以外の)を言い訳がましく考えた所を。開幕後、艶やかな女主人をいかにもな振りで演じる中嶋朋子と、しおらしく振る舞っていたかと思うと無礼な口をきく那須佐代子の女中のやり取りから、興味深く小気味良い謎掛けの始まりだ。ところが、その先から雲行きが怪しくなる。二人のやり取りが過激化して女中が女主人の首を締める途中で目覚まし時計が鳴ると、「もう少しだったのに」と、二人は芝居をやめてしまう、というオチがまずある。彼女らは二人とも女中で女主人不在の時間をそのように楽しんでいた訳だった。これをオープニングとして、以後暫く「現実」のやり取りが続くのだが(これを現実と捉えるべきか否かも微妙に思われるが)、ここから那須氏の演じる方の女中が悲劇的なトーンで台詞を出すのである。相手に食ってかかって笑いああの余地=遊びがない。わざとらしくそうやるのでもなく、真剣さを観客に理解し共感してもらおうと必死に演じるが、空を掴み損ねるかのように言葉が着地しない。台詞の言葉の要請と違う答えを役者が捩じ伏せようと見えるのだ。
    この場面が始まった時、鵜山仁氏は役者に演技の中身はについては注文をしない人疑惑(私が勝手に思っているだけだが)を思い出した。
    何となくだが今回のキャスティングは女主人が若く女中が年嵩という変則的なもので、特にその点に意味付けをしようという意図は感じなく、その事の違和感もさほどなかったが、役者本人にとってはどうだったろう。
    いずれにしてもこの戯曲は人物のその人らしさを謎解くタイプの劇ではないだろうと思うのである。(人情の機微や真情の訴えで感動を誘う芝居では、後に明かされるその人の来歴や本心、というあたりが落とし所になるのだが。)
    それで思い出したのが文学座で昨年二十年ぶりに再演した別役作「鼻」。別役のとぼけた台詞の中に僅かに滲む程度の「感動」に、芝居こと動員して力業で感動ドラマ風にしていたのも、鵜山演出だった。この「女中」も殆ど強引に感動を掘り起こすというよりあてがっていると感じられ、終盤の洒脱な台詞も真情吐露に重ねていて、頭の固い私が端から決めてかかったのが悪いのかも知れないが、全く合わないものを接合しようとしていると感じてきつい時間となってしまった。
    女中らの弁えは、とことん本心を「読めなく」振る舞い続ける事ではなかったろうか。虚の中から、観る者に実を探し出させる構図にすべきではなかったか。明日で公演は終わり、自分の実感を検証するためのリピートが叶わないのは残念。
  • 満足度★★★★★

    何といっても主役ふたりの女優の憎々しい感じの演技が良い。ピッタリの配役に思えた。奥様は、ちょっと若すぎに思えたが?

    ネタバレBOX

    巨大な鏡の枠みたいなものをグルグル回すのはどんな意味だったのだろう。
  • 満足度★★★★★

    大物女優たちが舞台に映えました。

    ネタバレBOX

    雇い主の主人を罪に陥れ、悲嘆にくれた妻を自殺に見せかけて毒殺し、妻の高価な衣装や装飾品を譲り受けようとする、階級制度をわきまえた、分相応な犯罪を企んで失敗し、妹の方が自殺する二人の女中の話。

    妻のドレスのはずなのに、妹の腰回りにぴったりなのはなんでかなと思いました。

    新興宗教の漫才コンビが新興宗教の女優あてに送った花輪はうざったかったです。
  • 満足度★★★★

    鑑賞日2018/12/11 (火) 19:00

    座席1階A列9番

    「女中たち」言いえて妙な題名だと思う。
    フランス語に「女召使」「お手伝い」「家政婦」などと言う表現の区別があるのかは知らないが(ソランジュはたびたび自身のことを「召使」と呼んでいるので、その程度の違いはあるのかも)、これはやはり「女中」でなければいけない。

    冒頭の、横柄な奥様と卑屈な女中のやりとり、すでに散々書かれているが、これは女中姉妹のソランジュとカリーナとのごっこ遊び。連綿と続く日常のうさばらし風景と言えばそれまでだが、観客はこの場面を通して、ジャン・ジュネにより1つの世界観の中に放り込まれることになる。
    それは、粗野で野蛮で下卑た世界。言葉は暴力を持ち、行為は隠蔽と加害に満ちている世界。

    女中衣裳に着替えるカリーナは、普段の荒い言葉使いに戻り、ソランジュは妹を馬鹿にした表現をまき散らす。
    舞台中央に彼女たちは設けられた回転式のオブジェは、彼女たちが鏡像で一体であることを常に表象し、お互いの言葉と行為が、相手と自らを傷つけながら癒し合うという、対照関係を見せる。

    まだ3日目、中嶋朋子さんと那須佐代子さんのコラボは、ますますよくなるだろう。コトウロレナさんも、もっとこなれてくるでしょうし。(ただ、シースルーのノースリーブワンピース、とても似合っているのだけれど、役柄からすると少し違和感があるなあ。もう少しシックな装いの方が女中たちとのバランスもよいかと。)
    そこで、評価は現時点でのもので。

    ネタバレBOX

    女中たちは、旦那様の犯罪を密告し、刑務所に入れるが、保釈によって出てくると、次はその露見をとめるため奥様の殺害を図る。奥様の殺害は、冒頭ごっこ遊びのラストで常に設けられていた設定で、予見されていたのだが、これはごっこ遊び同様に未遂に終わるわけだ。

    ソランジェは、金を盗んで逃げようと提案するが、カリーナはそれを拒否する。
    なぜならば「私たちに行くところはないのよ」

    これが「女中たち」というタイトルに込められた全て。
    旦那様を嵌めるのも、奥様を殺そうとするのも、憎悪の蓄積の結果ではなく、彼女たちが「女中」であることの必然的な顛末。嫉妬も卑屈も裏切りも彼女らが「女中」になった時に宿命づけられたものだったことを、ラストのソランジェとカトリーナの会話が醸し出す。カトリーナの死の後、自らの半身を失ったソランジェはどうして生きていくのか。

    そもそも、姉妹などはいなくて、1人の女中が内なる2人の自分のうち、1人を殺す物語だったのかもしれない。

    先般観た「スカイライト」でも、そうだったけれど、風姿花伝プロでデュースをしていた中嶋しゅうさん、影響力の大きさを今回の舞台でも感じたと共に、あちらこちらで漏れ聞こえる女性の賛美。もてた人だったんだなあ、とただ感嘆。
  • 緻密に造形された小空間で、芯があって力強く自由闊達な演技対決を堪能。原作に忠実なストレート・プレイ『女中たち』をやっと本格的に味わえた心地。主従逆転、殺人計画から人類の平等という虚構(戯れ)。那須佐代子さんの長台詞が素晴らしかった!震えたわ~♪ 12/26まで。

この公演に関するtwitter

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 『女中たち』2015年にトラムで矢崎広さんと碓井将大さんのスウィッチキャストで観た時はソランジュとクレールはもっとキャッキャウフフとしていた気がするけど(二人がイケメンなせいかも)昨日観た女中たちはお互いにより強く憎みあいながら愛… https://t.co/g42JT7VJu8

    2ヶ月前

  2. 窒息しそうな緊張感に満ちた女中たちの会話に対して、コトウロレナさん演じる「奥様」が妖艶な見た目からは意外なほど幼い話し方なのでおやっと思うけど、もしかしてこの演技も計算づくなのかもしれない。。劇場に入った瞬間にわぁっと声を上げてし… https://t.co/CDV89aC1oQ

    2ヶ月前

  3. 『女中たち』@シアター風姿花伝。女中の姉妹ソランジュ(那須佐代子)とクレール(中嶋朋子)は奥様の留守中にドレスを纏い物真似をし、最後は奥様を絞め殺す所で終わる「奥様と女中ごっこ」に興じている。ところがある日「奥様の旦那様」が逮捕されてしまう。それは姉妹が仕掛けた罠によるものだった

    2ヶ月前

  4. 女中たち、まだ三回くらいしか様々なバージョン拝見させて頂いていないけれど、岩崎加根子様の奥様が私的にはマイベスト! 気品あり、無邪気で残酷な奥様は素敵だったな。 今回の奥様の解釈は新鮮だった。様々解釈がある演劇の奥深さを感じる。

    2ヶ月前

  5. 女中たち、観たいなあ……

    2ヶ月前

  6. 泣きすぎて苦しい…… 風姿花伝プロデュース『女中たち』。俳優、演出、美術、照明、音響……その技術、不敵さ、大胆さ、あげれば素晴らしいところはキリがない。あの、女たちの悔しさ哀れさ情けなさ恥ずかしさ苦しさ浅はかさ美しさ浅ましさもう自分かのように、憐れで、もう、痛くてしようがない。

    2ヶ月前

  7. 風姿花伝プロデュース、「女中たち」ジャンジュネ作。正気と狂気息の詰まるような遊び,「芝居」格差社会、那須佐代子様と中嶋朋子様の演技のバトルに魅了されてしまう。大好きな島次郎様の美術、照明、音楽が素敵。女中たちは別バージョンで拝見し… https://t.co/wanvqI9AQC

    2ヶ月前

  8. 聖のお母さん(中嶋朋子)が蛍にしかみえない #中学聖日記 #北の国からオタク

    2ヶ月前

  9. 中嶋朋子の歯ぐきの別名、「赤の広場」にスマッシュ!

    2ヶ月前

  10. ニクスで「奴婢訓」やってからずっと観てみたいなと思ってた、ジャンジュネの「女中たち」をシアター風姿花伝でみてきましたー! 安定の役者さんたちとセットと照明が怪しく美しかった!! https://t.co/Yw1qtQS2yz

    Dunu5swvyaa1dya

    2ヶ月前

  11. 「女中たち」at風姿花伝 いやもう舞台上で火花が! ないまぜになった狂気と正気 だが、どこまでが正気? はたまた正気と思っていて実は狂気? 狂気と感じてた部分が本当は真実 なんて考え出したら、あーもー も一度観るか、自分(^^;)… https://t.co/QR4TyIUNLL

    2ヶ月前

  12. 中嶋朋子見てると『北の国から』で不倫して相手の妻(大竹しのぶ)から責められてたの思い出す。いまは親の立場なの感慨深い。 #中学聖日記

    2ヶ月前

  13. 婆ちゃん/松坂慶子、母ちゃん/中嶋朋子がいい。

    2ヶ月前

  14. @artmkny_1116 現実にこんなに厳しいものなのか~って…(←いや、ドラマだけども💦)色々考えさせられる😔 友近先輩の言葉がズキーンと刺さって😫中嶋朋子さん演じる母は本当にリアルで…そして終盤、驚きの展開だったね😨 うんうん😭私も2人で幸せハッピーエンドがいい!😭

    2ヶ月前

  15. シアター風姿花伝にてジャン・ジュネの「女中たち」観劇。だいぶ前に新宿タイニイアリスで一度観た事があったのでこの作品に触れたのは2回目。舞台美術と照明と音楽がまずもって美しい。後半ラスト近くでの一人芝居の場面が照明とあいまって壮絶。… https://t.co/8dH1NUY8Ri

    2ヶ月前

  16. No.321 のぞみ、西へ 1999年春の特別編 のぞみ(中嶋朋子)は大阪弁を聞いただけで蕁麻疹が出る大阪弁アレルギー。そんな彼女が大阪生まれの恋人にプロポーズされ、大阪にある彼の実家へ行くことになる。しかし彼の父が大阪弁以外を聴くと死んでしまう病気を患っていた。。。

    2ヶ月前

  17. 朋ちゃんご出演『女中たち』観劇❣️ すっごくすっごく、よかった‼️‼️‼️ 16日にもう一度観るけど、予定変更して、もっとリピしたい舞台‼️ というか、観なきゃ後悔する舞台✨ 舞台が好きな人は必見‼️‼️‼️ (演技力をつけたい役者さんにも観て欲しい舞台‼️)

    2ヶ月前

  18. 女中たち:シアター風姿花伝 ごっこ遊びで憂さ晴らししてたのに微妙な綻び始め。富裕層に貧困層、格差加減と無秩序さは未来の家庭劇に思えなくもない。闇結末を想像するのは簡単だが作家の倒錯した迷宮世界に放り込まれたような文芸芝居みたい。女… https://t.co/9pj4jsT0pS

    2ヶ月前

  19. 大奥と伊賀者* 大奥に仕える者は 人生の大半を城の中で過ごす 女達の息抜きは 大義名分を持って外出 籠は女中たちが担ぎ 伊賀者がピッタリ護衛を任されていた だが それは建前 羽を伸ばすお女中たちから 小遣い稼ぎの口止め料が貰… https://t.co/XW1LcQjbiI

    2ヶ月前

  20. 大奥のまめ知識その12(長局向)奥女中たちの2階建ての居所です。一之側から四之側までの4棟に加え、東長局、御半下部屋があり、格式に応じて一之側が上臈御年寄や御年寄、二之側、三之側がその他の御目見以上の女中、四之側がお目見え以下の女中たちに配分されました!

    2ヶ月前

  21. 屋敷を抜け出すのは簡単だった。父上と母上がいないと女中たちは気が緩むのか、女中部屋で皆寛ぐからだ。 そっと裏口を開け、家を出る。屋敷裏の小さな門戸を開けると、そこには既に野間が立っていた。 「おはよう、待たせたかしら?」 「いや、… https://t.co/lhryeMQzzn

    2ヶ月前

  22. その日は、朝から晴天だった。楽しみが過ぎてなかなか寝付けなかったが、不思議といつもより早く目が覚めた。 父上と母上は親戚のところに用事があるとかで、朝食を食べて早々に出かけ、夜半まで帰ってこない。それに合わせて女中たちもぽろぽろと外出して行き、残った女中には

    2ヶ月前

  23. 伯爵家女中伝 第五十三話「屋敷に戻ってきた女中たち(上)」更新しました! https://t.co/BNtnUNcUM7 #伯爵家女中伝

    2ヶ月前

  24. 女中たち。 場所: Theater fuusikaden https://t.co/OrJ1KwdNah

    2ヶ月前

  25. 大奥のまめ知識その10:(広敷向)広敷は大奥の玄関口です。広敷には男性の広敷役人(広敷用人)がいたため、御殿との間の錠口、長局との間の七ツ口によって仕切られていた。七ツ口は、女中たちの部屋方や商人たちが用いていたが、七ツ時(午後4時)に閉められたためにこの名が付きました!

    2ヶ月前

  26. さてさて、久しぶりの シアター風姿花伝プロデュース 「女中たち」 https://t.co/YCKDUWRYdO

    Dumguyruuaisztl Dumguyou8aaufo1

    2ヶ月前

  27. 【「庫内灯 3」一句選】《海外文学感想俳句(1)》『女中たち バルコン』『ハツカネズミと人間』『悪童日記』 https://t.co/kCesxe43fa

    Dpkjranv4aa3 on

    2ヶ月前

  28. 「野間、次の日曜、わたくしを街に連れて行って欲しいの」 裏庭の生垣を整えていた野間にそう告げると、怪訝な顔をしながらこちらを向いた。 「…俺はいいが、お前が出るのは無理だろう」 「大丈夫。父上と母上は揃って外出するし、女中たちもお休みを取る者が多い日だから、こっそり抜け出せるわ」

    2ヶ月前

  29. 舞台「蒼い妖精とピノッキオ」のパンフレット、販売中です!【水】 中嶋朋子、馬場徹、加藤清史郎、立川三貴、桑野晃輔、カルロ・コッローディ、横山一真、山下晃彦さん。 https://t.co/ZK0btHFnpi どうか他のファン… https://t.co/xzdAjYF4k5

    2ヶ月前

  30. 中嶋朋子 老けすぎてお婆ちゃんのよう…ドラマ『中学聖日記』出演時の顔がヤバいwwwwwwwwww https://t.co/qmClVLWcq7 https://t.co/i0T9cB71aw

    Dulwwobvsaejfqe

    2ヶ月前

  31. 中学聖日記 中嶋朋子のあたりから苦しかった。 聖の為に黒岩母に土下座する姿。 その姿を見る黒岩母。 聖ちゃんと黒岩くん、このまま上手くいったとしても数年後にいろんな意味で成長した黒岩に捨てられるのがリアルだと思うの。「やっぱり女は若いのが可愛いよな~」って。

    2ヶ月前

  32. 中学聖日記の録画見て、黒岩くんが側にいるならそりゃなんもいらねえだろ、と思う。そして蛍(中嶋朋子)、あんただって不倫の末、子ども作って富良野に帰ってきたじゃねえか、と感慨深い。羊さまはひたすらかっこいい。

    2ヶ月前

  33. 中嶋朋子 老けすぎてお婆ちゃんのよう…ドラマ『中学聖日記』出演時の顔がヤバいwwwwwwwwww https://t.co/w8fEOLQTOJ

    2ヶ月前

  34. (線)次のFUNKY MONKEY BABYSのシングル曲と、ジャケットに写真が起用されたタレントの正しい組み合わせを選びなさい⇒もう君がいない―戸田恵梨香、大切―成海璃子、Lovin'Life―中嶋朋子

    2ヶ月前

  35. 靴に住んでいる女中たち 午前零時の零時の零時の殺! ー〈下女シンデレラ〉『奴婢訓』

    2ヶ月前

  36. 大奥は、江戸城に存在した将軍家の子女や正室、奥女中(御殿女中)たちの居所です!秘密のベールに包まれていた大奥を知りたくありませんか?Androidアプリ浮世絵図鑑(千代田の大奥) https://t.co/fGFxfoUWtL

    2ヶ月前

  37. 女中たちが、旦那様はお出でにならないのですかつて頻しきりに聞きますの。今にゐらつしやるよつて云ひましたら、何時です/\つてうるさいんです。皆なが見たがつてゐるんですよ。私も見たいから、早くゐらして下さい。「書簡 大杉栄宛(一九一六年五月一日)」

    2ヶ月前

  38. 柄本時生&篠山輝信で『チック』再演!新キャストに那須佐代子(エンタステージ) https://t.co/9PZ4XsNImR

    2ヶ月前

  39. 明治27年から29年にかけて発行された「千代田の大奥」は江戸城大奥の年中行事や御殿女中たちの生活を描いた大判三枚続きの錦絵シリーズです。Androidアプリ浮世絵図鑑(千代田の大奥) https://t.co/fGFxfoUWtL

    2ヶ月前

  40. 将軍の正室や側室、千人ともいわれる女中たちが暮らす大奥の内情は、江戸時代には他言を禁じられていました。Androidアプリ浮世絵図鑑(千代田の大奥) https://t.co/fGFxfoUWtL

    2ヶ月前

  41. は演技派が多いと思う。あまり触れられないが、聖の母親を演じる中嶋朋子が貫録とも言える演技力を見せつけていた。そこには、もはや「北の国から」の蛍は微塵も無かった。 https://t.co/XbLQg2ar56 #中学聖日記

    Dukvogxwoaewm i

    2ヶ月前

  42. 「☆SHINING STAR☆」作詞:青木久美子 作曲:小杉保夫 編曲:佐藤直紀 歌:中嶋朋子(ふたりはプリキュア)

    2ヶ月前

  43. 12/11 22:00 TBSテレビ 中学聖日記 第10話 ついに想いが通じ合った聖(有村架純)と晶(岡田健史)。しかし東京の港へ戻ると聖の母親・里美(中嶋朋子)が.. https://t.co/przzKM3a2g #有村架純 #中嶋朋子 #TBS

    2ヶ月前

  44. 4thシングル:Lovin'Life リリース:2007年1月24日 ジャケット:中嶋朋子 https://t.co/fNSF8fao9g

    Bzymb0ycyaavmi1

    2ヶ月前

  45. 聖のお母さん役の中嶋朋子さんの演技は迫力がありました。本当に力強くてすごかった。 そこに夏川さんもいてもう最初から強かった2人。言葉にできません、なぜなら今追いつかないから色々と。 寝ます。。。 #中学聖日記 #有村架純 #岡田健史 #末永聖 #黒岩晶

    2ヶ月前

  46. 中嶋朋子の演技に泣いた。 #中学聖日記

    2ヶ月前

  47. 幸村様と独眼竜が上田城で勝負を始めると我々は急いで近くから女中たちを避難させます。ついでに蔵から材木や障子の張り紙なんかも出してきます。ええ、なんたって城大破前提ですからね。

    2ヶ月前

  48. プラズマみかん おためしアジト公演 「女中たち」 2018年12月15日(土)/16日(日) 会場:プラズマみかん劇団アジト(東大阪) 何度も返して精度を上げる。世界を上げる。 #女中みかん

    2ヶ月前

  49. 更新しました! 【緊急速報!】芸能ニュース速報 特急便 : ❉【衝撃!】中嶋朋子 老けすぎてお婆ちゃんのよう…ドラマ『中学聖日記』出演時の顔がヤバいwwwwwwwwww https://t.co/sQ4se6lfSN https://t.co/uewkVcqubZ

    Dujtx fxcaab0xi

    2ヶ月前

このページのQRコードです。

拡大