演劇

第4回公演

ボーダーライン

デザイン:gracile

2 お気に入りチラシにする

演劇

第4回公演

ボーダーライン

ジャグリング・ユニット・フラトレス

大阪市立芸術創造館(大阪府)

2019/02/16 (土) ~ 2019/02/17 (日) 公演終了

上演時間: 約1時間10分(休憩なし)を予定

波の音を届けに、私は行く
自由に動く手足とともに
境界線を踏み越えぬように

とある孤児院に二人の少女がいた。その片方は海での事故により身体の自由が利かなくなっている。残された感覚が尽きる前に母に会いたい。彼女の願いを叶える為にもう一人の少女は探偵と共に港町へ。言葉とジャグリングで描く...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/02/16 (土) ~ 2019/02/17 (日)
劇場 大阪市立芸術創造館
出演 江崎遥、染谷樹、田代馨一、田中謙伍、宮田直人、森屋純、mk(FlowArtCircleLateR)、石田亮祐、小林誠司(劇団まっコイ)、笹生明日香(Hocus-Pocus)、さゆ~る、世良京太(大阪大学ジャグリングサークルPatio)
脚本 宮田 直人
演出 宮田 直人
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 3,000円
【発売日】2018/12/01
前売 一般 2,500円 / 学生 2,000円
当日 一般 3,000円 / 学生 2,500円
リピート割 一般 2,000円 / 学生 1,500円
・全席自由
・要学生証
・リピート割の適用には半券のご提示が必要です
サイト

http://fratres.wp.xdomain.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月16日(土)15:30 / 19:30
2月17日(日)13:00 / 17:00
説明 波の音を届けに、私は行く
自由に動く手足とともに
境界線を踏み越えぬように

とある孤児院に二人の少女がいた。その片方は海での事故により身体の自由が利かなくなっている。残された感覚が尽きる前に母に会いたい。彼女の願いを叶える為にもう一人の少女は探偵と共に港町へ。言葉とジャグリングで描く "水"、"境界線" をモチーフにした二面舞台作品。
その他注意事項 未就学児童の入場はご遠慮いただいております。
2月17日(日) 13:00~ の回はアフターイベント有り。
スタッフ 舞台監督 宝代 裕規
照明   淺妻 将吾
照明補佐 橿原 大和(120)
音響   中西 華子
衣装デザイン Saaya(パノラマ式サーカス)
衣装製作 桜空 カレン
メイク  飛鳥
制作   紫月 璃奈
団体制作 乾 将晃、尾崎 実佳子、木村 太郎、竹村 咲希、坂野 春奈、石田 純一
宣伝美術 gracile
広報協力 吉田 大亮
撮影   木村 太郎

[情報提供] 2018/09/08 08:26 by 宮田直人

[最終更新] 2018/11/08 22:59 by 宮田直人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー20

桜空 カレン

桜空 カレン(0)

役者・俳優 ダンサー その他(被写体) 当日運営 その他(衣装デザイン・衣装製作)

衣装製作を担当させていただきました。

しづき

しづき(1)

役者・俳優 制作 当日運営

「ボーダーライン」に携わっているメンバーです。

らっせ〜ら世良

らっせ〜ら世良(0)

その他(ジャグラー)

「ボーダーライン」に出演します。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大