渇愛 公演情報 渇愛」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.7
1-3件 / 3件中
  • 満足度★★★★★

    鑑賞日2018/03/13 (火)

    取事務所の作品は、いつもセンセーショナルで、刺激的で、芝居好きの私のつぼを付きます。


    今回は韓国の作家キム・ミンジョンさんの作品です。

    アジアの演劇にも興味があるんですが、なかなか観ることが出来ません。韓国、インドネシア、台湾の演出家の舞台を4回ほど観たことがありますが、同じアジア人なのにまったく違う感性を感じてました。

    今回は作は韓国人ですが、演出、役者は日本人です。

    寺十五さんの演出は、韓国の粘っこさ、重たさをとてもよく表現していたと思います。寺さんの演出は何本か観ましたが、日本人の中にあるあきらめ感というか、すがすがしいほどの寂寥感を感じたのですが、今回は重くて、執拗で身動き取れませんでした。

    寺さんは役者さんとしても大好きです。




    闇が支配するような舞台、過去の出来事が思い出の断片のように浮かび上がり消えていく、その断片を繋ぎ合わせ、登場人物たちの愛の断片を拾っていく・・・・・。なんと辛く、禍々しい愛なんだ。




    ムーダン(巫女みたいなもの)の母と二人で育ち、ムーダンになることを母により運命付けられていたソヨン(森尾舞)が、若い画家ジェソプ(渡辺聡)と恋に落ち、母の反対を押し切り結婚する。貧しさのため初めての子どもを堕胎し、その傷を抱えたまま高校生となった一人息子ヒョンと今は美術教師となったジェソプとぎりぎりな精神状態のなかでも平穏な日を送っていた。ある日、ヒョンスが家庭に恵まれない友達ジンギ(西山聖了)を家に連れてきた。その日から、ソヨンが壊れていく・・・・。

    壊れていくという言葉が適当なのかはわからないが、彼女が求めても、求めても得られなかった愛とジンギの求めても求められなかった愛が惹かれあったのだ・・・・。




    亡くした子への罪悪感がジンギへの愛を駆り立てたのか、夫に求めた愛が物足りない結果だったのか・・・それは理解できなかったけども、彼女が母親の呪縛から逃れられなかったのはとても共感できました。声だけの母親の青山眉子さんが素晴らしい!!!

    彼女の声にソヨンの逃れられない呪縛を強く感じました・・・。母親というのは良きにつけ,悪しきにつけ絶対的な存在であるのです・・・・。




    登場人物の数だけ愛がそこにあるのに、皆自分の愛を主張して、お互いの愛をはねつけている・・・・大きな悲劇がそこにありました。




    渇くほどに愛を欲し、愛を欲するがゆえに渇く・・・・そんな気がしました。




    素晴らしい舞台でした。

    ありがとうございました。

  • 満足度★★★★

    韓国の国民性というか気質というか、そういった空気感が色濃く出ていた舞台。
    どうも自己主張の強い登場人物が多いと思えてならない韓国ドラマは、個人的には苦手なタイプで、早々に投げ出してしまう事がほとんどですが、本作に関してはしっかり見届ける事ができました。というか観る事から逃げられない感覚。

    ムーダン(巫堂)にまつわる禍々しさが蔓延する中、決定的な深刻さを持ち迫ってくるのは夫婦の巡り合わせの悪さ。
    不幸の連鎖はあまりに衝撃的で、次々と重くのしかかってきますが、それはそっくりそのまま“見応え”として昇華。
    随所に入る記憶のフラッシュバックは映像的でありながら、血と汗の匂いが漂ってきそうな生々しさで、終始 照明と音響と演技が絶妙に絡み合い、役者さんの背後に伸びた影にまで迫力を感じます。
    観終わった後は、何だかもう喉がカラカラになっていました。

  • 満足度★★★★★

    鑑賞日2018/03/13 (火) 19:00

    座席1階G列1番

    名取事務所は、題材、脚本、演出、役者その他内容云々ではなく、とにかく観ようという劇団なので、今回も何の予備知識なく劇場に向かう。(せいぜい、知識は韓国の脚本だというくらいです)
    上演時間を見ると、85分。案外短いな、という感想。

    舞台が始まると、数分のペースでやたら暗転で舞台装置が変わり場面が変わる、車のブレーキ音のような甲高い雑音が発せられ、フラッシュバックのような照明が点けられる。次第にそれらの場面が、観客の意識の中で繋がっていき、ことの顛末を憶測するころには、舞台の展開も落ち着く。が、終始薄暗い舞台は、観客に沈鬱な気分を強いたままだ。血糊のついたシャツ、連綿と続く暴力、息子と少女の静謐な死の儀式。

    実際の事件をモデルにした、という文言を読むと、確かにそちらに意識が流れていきがちだけれど、舞台と並行している時間枠では、狂気の隙間に嵌り行く人々を見ていると、消耗が激しくてそんなことに頓着する余裕さえない。

    特に、養子ジンギがジェソプに対して何度も「本当に悪いのはあなただ!」と叫ぶ場面は、その真意がつかめぬ間に、ただただ不快だ。

    観劇者を選ぶ舞台。

    ネタバレBOX

    真実は何なのか、養子ジンギはなぜジェソプの家庭に入ったのか、彼はそもそも何者だったのか、彼の家庭環境は本当だったのか、ジェソプの妻の神がかりとは何だったのか、妊娠時に出た発疹や時折起こる発作の原因は?彼女はなぜどのように自殺したのか、息子は自殺相手の少女とはどこでであったのか、そしてジェソプが最後にジンギに放った罠は成功したのか、etcの謎は、最後まで解かれることはない。

    そして何よりも一番知りたかった、養子ジンギがジェソプに対して何度も「本当に悪いのはあなただ!」と言った真意は、なのも語られずじまいだ。

    後味凄く悪いのだけれど、役者の舞台挨拶のないところ含めて、鵺的や鬼の居ぬ間に連なる文脈にある。終演後、私としては首の周りの汗を拭う不快感がむしろ心地よくさえ感じたのはなぜだろう。



この公演に関するtwitter

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 名取事務所「渇愛」 俳優スタッフ共々素敵なメンバーに、寺十さんの繊細で内臓を掴むような演出をご一緒できて、とても有意義な、いい現場でした。 拙い舞いではありますが、演劇の現場で、韓国舞踊を踊れたのも、私にとっては大きな意味がありま… https://t.co/Ir46lGd9ij

    3年以上前

  2. 名取事務所「渇愛」 本日14時の公演が千秋楽となります。 あと、一回! あと一回ですよ!

    3年以上前

  3. 名取事務所「渇愛」 抗し難い魔力を宿す心の闇 https://t.co/TdUInk9fKL

    3年以上前

  4. 【鑑賞眼】名取事務所「渇愛」 抗し難い魔力を宿す心の闇 - 産経ニュース https://t.co/1GywgvjYX0 https://t.co/vyJoIfkmVq

    Dyeelmev4aaa9o4

    3年以上前

  5. 【鑑賞眼】名取事務所「渇愛」 抗し難い魔力を宿す心の闇 (産経新聞)

    3年以上前

  6. [産経]【鑑賞眼】名取事務所「渇愛」 抗し難い魔力を宿す心の闇 https://t.co/ndZPGFuWmY 小劇場で硬派の問題作を制作している名取事務所が韓国の女性劇作家キム・ミンジョンに依頼した新作「渇愛」。実話を基にし、最… https://t.co/ChKTSxVTDe

    3年以上前

  7. 名取事務所「渇愛」 昨年観た作品も凄かったけど今回も衝撃的な作品。 愛されることを渇望する人達、苦しかった。 壁に映し出されたジェソプの影が外から見ることのできない彼の内面にある歪んだ欲望を表しているようで怖い。今回の大音量は少し… https://t.co/rX3lsAXM6c

    3年以上前

  8. 名取事務所「渇愛」。面白かったー。韓国映画のあのテンションを舞台でやれるんだ、俳優も良かったし、さすが寺十さん。濃密な80分。図書館まとめに出演した西山聖了、先日紀伊国屋演劇賞でご一緒した森尾舞さんと再会。

    3年以上前

  9. 名取事務所『渇愛』(作:金旼貞(キム・ミンジョン)、翻訳:石川樹里、演出:寺十吾)。めちゃ面白かった。黒沢清を思わせる韓国サイコスリラー。現代版ギリシャ悲劇でもある。18日(日)まで。学生はなんと1000円。マジか。 https://t.co/8vHuEglhUs

    3年以上前

  10. 名取事務所『渇愛』 悪魔と呼ばれる子は何も悪い事をしておらず、周りが勝手に自爆していく様が俳優の説得力もあってかなり面白かった……。 ただ、音の扱い方に疑問。 俳優の存在で充分だったのにと思う。

    3年以上前

  11. ある出演者様との1年ぶりの再会を兼ねて 下北沢に在ります劇場を訪れて ご出演の舞台 名取事務所「渇愛」を観てきました。 主人公の心の闇を描いていて、 凄くて怖かったです。 チケットを受け付けていただきまして ありがとうございま… https://t.co/oiwH5xbBHA

    3年以上前

  12. 名取事務所「渇愛」、役者さんたちの迫力に圧倒される。韓国戯曲の粘っこい闇や人間性が見事に描かれていた。寺十吾さんの記憶を切り取り、パズルを当てはめていくような演出が素晴らしい! 「哭声」を観たばかりだったので、あのギトギトした生々… https://t.co/Ej7iH6hQ1j

    3年以上前

  13. 名取事務所「渇愛」、主人公の心の闇を描くと言ったって、最初から最後まで薄暗いステージで、勘弁してよ。窓からの光、ドアを開ける外からの光、台所の窓からの薄明かり、効果的に使おうとしているのはわかるけど、全編薄暗がりは、ホント、勘弁し… https://t.co/W8tsxP1hWT

    3年以上前

  14. 名取事務所『渇愛』下北沢小劇場B1 2015年に『海にかかる霧』という韓国映画が日本公開され、仲間想いの漁船長が地獄のエイハブ船長になる様に震えましたが、この映画の元となった戯曲を書いたのがキム・ミンジョン。彼女の新作が本作です。名取事務所は毎度一筋縄ではいかない翻訳劇を(続く)

    3年以上前

  15. 友達が出演してるから言うわけじゃなくて、本当に凄い芝居だった。 ご興味あります方は是非ご観劇下さい。 3/9-18まで、劇場は下北沢タウンホールの地下1階、名取事務所「渇愛」 https://t.co/qwDWtK8vjJ

    3年以上前

  16. 名取事務所「渇愛」こわかったー、終わってもゾクゾクした。韓国のムーダンという巫女のような習俗を背景とし実際の事件から発想したという。霊がどうの、というのではなく、むしろ人間の欲と業の話ではある。精神分析的にはあれだろう、とも。下北沢タウンホールの小空間での迫力ある90分。

    3年以上前

  17. 【締切間近!】名取事務所「渇愛」 3月9日(金)~3月18日(日)小劇場B1 脚本:キム・ミンジョン 演出:寺十 吾 出演:渡辺 聡、森尾 舞、窪田 亮、西山聖了、大橋繭子、青山眉子、洪 明花… https://t.co/cH98NpR18H

    3年以上前

  18. 【締切間近!】名取事務所「渇愛」 3月9日(金)~3月18日(日)小劇場B1 脚本:キム・ミンジョン 演出:寺十 吾 出演:渡辺 聡、森尾 舞、窪田 亮、西山聖了、大橋繭子、青山眉子、洪 明花… https://t.co/5c54ftJwaF

    3年以上前

  19. 名取事務所/「渇愛」 3月09日(金)~3月18日(日)小劇場B1 脚本:キム・ミンジョン 翻訳:石川樹里 演出:寺十 吾 https://t.co/fnzYgBK7WE カンフェティにて折込代行受付中! https://t.co/PwKvdLwg1N

    Dwh dtfwsaahahm

    3年以上前

このページのQRコードです。

拡大