岸 リトラル 公演情報 岸 リトラル」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.0
1-4件 / 4件中
  • 満足度★★★★

    鑑賞日2018/03/09 (金)

    このリーディングを聴いて、私の頭では絶対に1回では受け止めきれないだろうな・・と思い、2枚チケットを取りました。正解!

    一度目は息子の心理を追い、彼に起こる出来事、登場人物たちに起こった出来事、おかれていた状況に衝撃を受け、圧倒され、打ちひしがれました。

    二度目は少し冷静に物語を観ました。そして、一人、一人の心に耳を傾けることが出来き、涙があふれて来ました。

    たぶん役者さんたちも回を重ねるごとに、この物語への深みを増していっているのだと思います。

    複数回行くと、劇場にも重ねた舞台の熱や空気の匂いが残って濃くなっているのを感じます。



    物語は生まれた時に母が亡くなり、悲しみのあまりに旅に出てしまった父・・・・父に遭うことの無かった息子は情事の最中に父の死を知らされる。父の遺体を引き取り、母のそばに埋葬したいと考えたが、母の兄弟たちに猛反対を受ける。母の死を死なせたのは父だと言うのだ。体が弱く、医者に止められたのに無理に子供を産ませたと。

    息子は父を遠く離れた彼のふるさとに葬ろうと考え、彼の死体を背負い旅に出た。遠い中東の国へ(レバノンと思われます)。

    しかし、その地は紛争のため多くの人が死に、もう遺体を埋める場所が無かった。歌う女としかるべき場所を探しに旅に出る息子・・・・荒れ果てたその地で、出会う人々は荒廃し、若者たちは苦しみを抱えていた。心に深い傷を抱いた若者たちと海を目指す息子・・・・彼らがそこで手にするものは・・・・・。



    息子ウィルフリード(亀田佳明)の寂しい子ども時代に彼を慰め力づけた空想の騎士(大谷亮介)の存在、次々と起こる非日常な出来事を創作のように感じる彼の感覚の撮影クルーの存在、そして、遺体であるはずの父との会話で、ウィルフリードの心の空虚や混乱を目で見ることができました。

    遺品の鞄の中から出てきた出されなかった自分宛の手紙は彼の時間の空白と父の心の空白と重なり、受け取れなかった愛、伝えられなかった愛の深さに苦しくなり、彼が父を背負う意味を見ました。



    亀田ウィルフリードの孤独と繊細さ、岡本パパの孤独と不器用な生き方と愛の深さ、生きているうちに会えたら、どんなに良かったか・・・と涙しました。

    岡本さんがラスト、若者たちの父親代わりに彼らの苦痛に癒しを与える場面は、本当に深くて暖かな父親の愛情があふれていて、こちらも癒されました。



    役者さんは主役二人を除いて、皆さん複数の役を演じました。

    それぞれに難しい役でしたが、素晴らしかったです。

    中でも大谷亮介さんの騎士の邪気の無い目は、彼の夢の中の存在そのものでした。

    佐川和正さんの演じわけはお見事で、その場、その場にインパクトがあり、それでいて、その場に見事になじむ・・・素晴らしい!!!ハキムの傲慢さの中にある哀しさ、彼の話には身の毛がよだちました。サベの笑顔に隠された悲しい過去を語る場面では、涙が止まりませんでした。



    大人たちが起こす争いの代償は、未来の大人となる子どもたちが背負わなければ行けない・・・と、痛感する物語でした。

    でも、結構ユーモアに富んだ会話があり、会場に笑いもおきます。だからこそ、この物語の重みが伝わるのかも・・とも思いました。



    とてもすごい、素晴らしい舞台でした。

    ありがとうございました。



    作・ワジディ・ムワワド

    翻訳・藤井慎太郎

    演出・上村聡史

    出演・岡村健一 、亀田佳明、大谷亮介、中嶋朋子、小柳友

    佐川和正、鈴木勝大、栗田桃子

  • 満足度★★★★

    鑑賞日2018/03/04 (日) 14:00

    役者の力量に全幅の信頼ありきでないと、3時間半見せられないよなあ、という芝居。
    気を張らずに観て正解かな。
    「炎ーアンサンディ」に比べると、その凄惨さからかなり救われており、岡本健一の役もユーモアとアイロニーに溢れて、ところどころで、つい頬が緩む。

    頓珍漢な感想かもしれないけれど、これって「オズの魔法使い」かな、と。
    「オズの魔法使い」って、実はドロシーが死んでいて、虹の向こうとは天国なのか、という解釈をしていた文章を読んだことがあったのだけれど、この物語で同行する兵士他は、ライオンやブリキ男や案山子に思えなくもない。そじて主人公が死んでいるとなれば、彼が死んでいる父親と気持ちを交わすことにも、違和感がない。

    案外、ほっこりとした、救いのある舞台でした。

    ネタバレBOX

    椅子が固くて、というご指摘がありましたが、そのとおりと思います。
    でも、不思議にここの椅子ってお尻痛くならないんですよね。何ででしょう。
  • 満足度★★★★

    数年前、この劇場で高い評価を得たレバノンの作家の自分探しのドラマ。中東の舞台だから、日本とはずいぶん違って戸惑う挿話も多いがそれを越えて人類に普遍的に共通する親子関係や死との直面、を織り交ぜて青年の自己のアイデンテティのドラマにしている。自分探しの旅をする亀田が既に死んでいる父・岡本を背負って旅をするという設定もこの場所だから受け入れられる。
    上村聡史の演出は一つの瀬とだけで3時間半を持つのだから随分気合が入って長丁場だけに肩がこるが、この話だから仕方がない。それより俳優陣がぼろを出さずについて行ったことを評価すべきだろう。中嶋朋子の歌もなかなかいい。これは中東の音楽らしきものと弦楽合奏を硬軟取り混ぜた作曲がツボに入ってよかったせいもある。
    だが、この小屋で3時間半は辛い。固いベンチシートで6800円。長さを考え、見やすい劇場であることを考えれば高くはないだろうが、この椅子では少し客のことも考えてほしいと愚痴がでる。

  • 世田谷パブリックシアター「岸 リトラル」3時間半、休憩15分込み。父の遺体を埋蔵するために海を超えた青年の超珍道中。映画の撮影現場と妄想炸裂の脳内が混在するカオス!生々しく、荒々しく、コミカルで挑発的な上村聡史演出に全身で応える俳優陣に敬意を。高低と奥行きを活かし世界を表した抽象美術も素晴らしい。景色も意味も心もくっきり伝わる佐川和正さんの演技が好み。パッと見で誰かわからないのもいい。

    ネタバレBOX

    父は無数の人名が書かれた電話帳を重しに海に埋葬され、番人になる。

この公演に関するtwitter

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 世田谷パブリックシアター「岸 リトラル」 自分探しから鎮魂の旅へ https://t.co/3dDKysm8wc

    3年以上前

  2. 【鑑賞眼】世田谷パブリックシアター「岸 リトラル」 自分探しから鎮魂の旅へ(1/2ページ) - 産経ニュース https://t.co/7YZPHi3TKB

    3年以上前

  3. 【産経ニュース速報】 【鑑賞眼】世田谷パブリックシアター「岸 リトラル」 自分探しから鎮魂の旅へ https://t.co/m9NsC562Nc 購読申込はhttps://t.co/ldowUMPl9T

    3年以上前

  4. 【鑑賞眼】世田谷パブリックシアター「岸 リトラル」 自分探しから鎮魂の旅へ (産経新聞) https://t.co/0HEibM8ne5

    3年以上前

  5. 【鑑賞眼】世田谷パブリックシアター「岸 リトラル」 自分探しから鎮魂の旅へ (産経新聞) https://t.co/9cm7Usv5J0

    3年以上前

  6. 【感想】世田谷パブリックシアター『岸 リトラル』。岡本健一さんの華ある存在感が舞台を大人のステージにしてます。中嶋朋子さん、美しくたくましい。大谷亮介さんが出てくると舞台の緊張が緩和され楽しい。妙演。実のある舞台なので観た方が良い… https://t.co/swPTgrJAB1

    3年以上前

  7. 【感想】世田谷パブリックシアター『岸 リトラル』。岡本健一さんの華ある存在感が舞台を大人のステージにしてます。中嶋朋子さん、美しくたくましい。大谷亮介さんが出てくると舞台の緊張が緩和され楽しい。妙演。実のある舞台なので観た方が良い… https://t.co/cGV4NcEU2T

    3年以上前

  8. 【感想】世田谷パブリックシアター『岸 リトラル』。相変わらずの超骨太ステージですが、才能煌めくポップでユーモアなシーンも数多く挿入され、ズシリと重い印象の中に爽やかささえ感じます。圧倒的なセリフの質量に翻弄されまくり!本物の舞台を… https://t.co/hCllfWxP3o

    3年以上前

  9. 【感想】世田谷パブリックシアター『岸 リトラル』。相変わらずの超骨太ステージですが、才能煌めくポップでユーモアなシーンも数多く挿入され、ズシリと重い印象の中に爽やかささえ感じます。圧倒的なセリフの質量に翻弄されまくり!本物の舞台を… https://t.co/saOZoP98Q3

    3年以上前

  10. 【観劇しました】世田谷パブリックシアター『岸 リトラル』。2017年文化庁芸術祭賞大賞や読売演劇大賞最優秀演出家賞など数多くの演劇賞に輝いた『炎 アンサンディ』の第2弾。作:ワジディ・ムワワド、演出:上村聡史、翻訳: 藤井慎太郎と… https://t.co/MePDrgBW4S

    3年以上前

  11. 【観劇しました】世田谷パブリックシアター『岸 リトラル』。2017年文化庁芸術祭賞大賞や読売演劇大賞最優秀演出家賞など数多くの演劇賞に輝いた『炎 アンサンディ』の第2弾。作:ワジディ・ムワワド、演出:上村聡史、翻訳: 藤井慎太郎と… https://t.co/Q5ZUpUvUwh

    3年以上前

  12. (評・舞台)世田谷パブリックシアター「岸 リトラル」 「生」の光、感じる演出:朝日新聞デジタル https://t.co/hhLIlg1lqn

    3年以上前

  13. 【『岸 リトラル』メディア情報】本日(3月1日)の朝日新聞夕刊に劇評が掲載されました! リンクより無料登録で全文お読みいただけます。ぜひご覧ください! 世田谷パブリックシアター「岸 リトラル」 「生」の光、感じる演出 https://t.co/dtEAZfd4Ke

    3年以上前

  14. これから、シアタートラムにて世田谷パブリックシアター『岸 リトラル』。この写真撮ってたら、すぐ傍に某有名演出家兼俳優の方が立っていたのでぎょっとするも必死で平静を装うw マスクをしているとは云え、オーラ消すもんだねえ。 https://t.co/LQSqE9BVpf

    Dw2o5cvvwaex2zi

    3年以上前

  15. 世田谷パブリックシアター「岸 リトラル」 。冒頭で場の設定は明かされているのに、その劇中劇にどんどん引き込まれていく。大人のオズ魔法使いのような奇妙な展開に現実とのボーダーはますます曖昧になり、その狭間を場所も時間も旅させ… https://t.co/epOXxdcw9a #拝見

    3年以上前

  16. 世田谷パブリックシアター「岸 リトラル」3時間半、休憩15分込み。父の遺体を埋蔵するために海を超えた青年の超珍道中。映画の撮影現場と妄想炸裂の脳内が混在するカオス!生々し… https://t.co/y4eHP69B5r リトラル #世田谷パブリックシアター #岸 #舞台 #演劇

    3年以上前

このページのQRコードです。

拡大