iaku演劇作品集

デザイン:下元浩人

0 お気に入りチラシにする

iaku

こまばアゴラ劇場(東京都)

2018/05/16 (水) ~ 2018/05/28 (月) 上演中

休演日:5月23日(水)

上演時間:

iakuを立ち上げた当初からあちこちで言い回っているが、新作を生み出す価値と同じくらい、過去につくった作品を繰り返し上演することへの価値を大事にしたい。今回の[iaku演劇作品集]は、かねてから僕がやりたいと思っていたことで、可能なら「エダニク」や「流れんな」や「車窓から世界の」なんかもライン...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演スケジュール

休演日:5月23日(水)
05/16 05/17 05/18 05/19 05/20 05/21 05/22 05/24 05/25 05/26
11:00
13:00
15:00
19:00
19:30
05/27 05/28
11:00
13:00
15:00
19:00
19:30

公演詳細

期間 2018/05/16 (水) ~ 2018/05/28 (月)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演 尾方宣久(MONO)、近藤フク(ペンギンプルペイルパイルズ)、市原文太郎、伊藤えりこ(Aripe)、佐藤幸子(mizhen)、橋爪未萠里(劇団赤鬼)、吉川莉早、海老瀬はな、林英世、松原由希子(匿名劇壇)、宮川サキ(sunday)、藤本陽子(DACTparty)
脚本 横山拓也
演出 横山拓也、上田一軒
料金(1枚あたり) 500円 ~ 3,500円
【発売日】2018/03/24
一般前売 3,000円
一般予約 3,300円
一般当日 3,500円
高校生以下 500円
U-25 2,000円
※リピート割引…他の作品のチケットをお持ちいただくと受付で500円割引いたします
サイト

http://iaku.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 粛…粛々と運針
人…人の気も知らないで
葉…あたしら葉桜、葉桜
梨…梨の礫の梨
5月16日(水) 19:30粛
5月17日(木) 19:30人
5月18日(金) 19:30葉
5月19日(土) 11:00粛/15:00葉/19:00人
5月20日(日) 11:00人/15:00葉/19:00粛
5月21日(月) 13:00粛/19:30葉
5月22日(火) 19:30葉
5月24日(木) 15:00人/19:30粛
5月25日(金) 19:30梨
5月26日(土) 11:00人/15:00梨/19:00粛
5月27日(日) 11:00粛/15:00梨/19:00人
5月28日(月) 13:00粛
説明 iakuを立ち上げた当初からあちこちで言い回っているが、新作を生み出す価値と同じくらい、過去につくった作品を繰り返し上演することへの価値を大事にしたい。今回の[iaku演劇作品集]は、かねてから僕がやりたいと思っていたことで、可能なら「エダニク」や「流れんな」や「車窓から世界の」なんかもラインナップに加えたかった。[iaku演劇作品集2]をやるしかない。まだ始まってないのに、気持ちが先走っている。
新作を書くときは、何年経っても、何度でも再演に耐え得る戯曲にしたいと意気込む。時には空回りしたり、思ったほどの成果を得られないこともあるが、再演は改稿やブラッシュアップの機会でもある。今回並んだ4作品、きちんと整えてお届けしたい。
皆様のご来場、心よりお待ちいたしております。

■「粛々と運針」
作・演出/横山拓也 
出演/尾方宣久(MONO)、近藤フク(ペンギンプルペイルパイルズ)、市原文太郎、伊藤えりこ(Aripe)、佐藤幸子(mizhen)、橋爪未萠里(劇団赤鬼)
あらすじ/末期ガンを宣告された母親から、突如、恋人らしき人を紹介された兄弟のドラマと、望まない妊娠をした妻が、夫にどう打ち明けるか悩む夫婦のドラマが縫い合わされるように展開する。

■「人の気も知らないで」
作・演出/横山拓也 
出演/吉川莉早、橋爪未萌里(劇団赤鬼、海老瀬はな
あらすじ/交通事故で片腕を切断した同僚のお見舞い帰り。彼女をどの立ち位置からサポートできるのか。軽妙な関西弁トークがいつの間にか神妙なディベートとなって、いくつもの隠された事実が露になる。

■「あたしら葉桜」作/横山拓也 演出/上田一軒 
 「葉桜」演出/上田一軒 原作/岸田國士 
出演/林英世、松原由希子(匿名劇壇)
あらすじ:岸田國士初期の名作「葉桜」を原案に、現代の母娘像を描いた「あたらしら葉桜」は、娘が抱えるLGBTの問題に言及していく。今回は、原作「葉桜」を並べて上演することで、より明確に〝今〟の親子関係を浮き彫りにする。

■「梨の礫の梨」
作・演出/横山拓也 
出演/宮川サキ(sunday)、藤本陽子(DACTparty)
あらすじ:場末のバーで一人ウィスキーをあおる中年女性。そこに20代の女性が合流して、二人の人生を語り合う。
その他注意事項 未就学児入場不可
スタッフ 舞台監督/青野守浩、河村都
音響/星野大輔(サウンドウィーズ)
照明/葛西健一
演出助手/朝倉エリ、鎌江文子
写真/堀川高志(kutowans studio)
宣伝美術/下元浩人(EIGHTY ONE)
宣伝/吉田プロモーション
制作協力/佐藤美紘、安井和恵、斉藤愛子、高村楓
制作/笠原希

[情報提供] 2018/01/28 11:33 by ライトアイ

[最終更新] 2018/05/19 09:27 by こりっち管理人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. たとえ9月に見られるとしても、『粛々と運針』をしばらく見られないと思うだけで、心がざわつく。

    約1時間前

  2. 古典戯曲を読む会、終わった。これのために、『粛々と運針』再演4回目も、六本木アートナイトも棒に振ったぞ。くそ〜・・゚・(ノД`)・゚・

    約1時間前

  3. 明日はアゴラ劇場でiaku「粛々と運針」→アトリエ春風舎で田上パル「Q学」→アゴラ劇場でiaku「人の気も知らないで」と3演目観る予定。 劇場支援会員の特典をフル活用して1日楽しみます。

    約1時間前

  4. iaku演劇作品集『粛々と運針』19:00の回観てきた! 母親の死を突きつけられる兄弟、子供ができたかもしれない夫婦、チクタクと縫い続ける2人。 命と人生。混ざり始める対話にくすくす笑いながらも、答えのないずっしりとした問いを持ち帰ってきました。ぜ。

    約2時間前

  5. 幸子出演、iaku『粛々と運針』観劇。初演も面白かったけど、好きな台詞いっぱいあったな。 年代的にクリティカルヒット、上質な時間、自分に翻って色々考えた。 そして、ばったり一緒の回だった滝さんとさゆりと、終演後の幸子と中華。 ミ… https://t.co/jqOrMoCl38

    約2時間前

  6. iaku『粛々と運針』観劇。 観られて良かった。素敵な作品。 台詞で語られる病院や職場や食卓の風景が無意識に脳裏に浮かび、普段の会話も相手が語るその風景をこうやって頭でイメージして聞いてるよなって、改めて認識する。 佐藤幸子さんの縫い方が美しいし、佐藤幸子さんが好き。

    約2時間前

  7. iaku演劇作品集、『人の気も知らないで』『梨の礫の梨』更、また良き役者達が纏う大阪弁は新たな切っ先も作る。「人の気も・」では普通の言葉では表に晒された途端に平板で薄っぺらくなる人物それぞれの感覚に奥行きが生まれ、「梨の・」では想… https://t.co/A6RSzdKFYB

    約3時間前

  8. 今日は、iaku演劇作品集から『人の気も知らないで』と『粛々と運針』をこまばアゴラ劇場にて。 僕が心底面白いと思う演劇は、iakuです!札幌ツアーが6月にあるので、絶対に観に行ってください!!

    約3時間前

  9. 2週間続いたiaku演劇作品集もラストスパート。連日満席でパンパンの「粛々と運針」ですが、明後日28日(月)はまだ若干席があるようです。 素直に良い作品です。お見逃しなく。特に30代40代にはビシビシ来ます。

    約3時間前

  10. iakuの『粛々と運針』。老いた母のいる兄弟の兄貴みたいに人生の要事を果たさぬままに年を重ねてしまった人間としては、自分の姿を見ているようで胸苦しかった。親の死というのもいずれ向き合わなければならない重大事なわけで。いろいろな人間… https://t.co/sj4kk6CBy4

    約3時間前

  11. iaku演劇作品集続、『人の気も知らないで』、『梨の礫の梨』続、当たり前だけれど良き戯曲は良き役者の引き出しをより多くより深く誘い出し、その寓意や企みを編ませるなぁと感心。そこに大阪弁のリズムや切れが作る一瞬ずつの緩急や視座の動か… https://t.co/WBxH5LkfdW

    約3時間前

  12. iaku演劇作品集。4作品コンプリート。今更ながら強く感じたのは、iaku作品が関西弁のリズムとテンポの上で息づくように成立していること。葉桜の岸田国士作との併演で特にそれがクッキリ浮かび出ていた。小松台東の宮崎弁にしても、方言が… https://t.co/9iovgsRrmq

    約4時間前

  13. 『粛々と運針』観劇。一瞬も無駄のない時間でした。素晴らしい。2つの関係性がだんだんと溶け合っていって、自然に一つになる流れは、お話の進み方、セット、動き含め完璧でした◎ 心と頭の栄養。 #iaku #観劇

    約4時間前

  14. iaku演劇作品集、最高だったので戯曲もかってしまった。iaku+小松台東「目頭を押さえた」のDVDもこの間買ったので、ゆっくり時間とれた時にiaku祭りしよう!

    約4時間前

  15. iaku「粛々と運針」は年代的に思い当たることだらけで、あの「誰の言ってる事もわかるんだよ、間違ってないんだよ、でも・・・」とうまく言葉にならない事を考えさせられてしまう流れに感情が翻弄される。生と死への仮定と過程と、否応なしの現… https://t.co/iOq4pUQW2s

    約4時間前

  16. あぁあめちゃよかった 今、感受性大爆発なので泣いた iaku 粛々と運針 やっぱりたまにはちゃんと舞台観に行くべきだ

    約4時間前

  17. 粛々と運針よかった

    約4時間前

  18. 今日はiaku「梨の礫の梨」と「粛々と運針」を観て、これで演劇作品集全4作観了。 「梨の礫の梨」を観ながら、私がくじけそうになったときああやって会いに来てくれたらいいな、と考えたら涙が堪えきれなくなってしまった。すごくストレートなラストも好き。マッカラン2本最高だよ。

    約4時間前

  19. 「粛々と運針」みました すーごい良かった

    約4時間前

  20. 「春母夏母秋母冬母」と「粛々と運針」のマチソワ観劇。あぁ、なんて贅沢なんだろう。脳がジンジンする。

    約4時間前

  21. iaku 演劇作品集、連日満員、今日の各上演、上の階も使って満員。凄い人気になって来た。

    約6時間前

  22. 春母夏母秋母冬母で泣くのを(極力)我慢して頭痛いのに、次も泣くだろう「粛々と運針」。再演って、慣れて泣かないんじゃなく、初演での思いと今回のが相まって更に泣くからなぁ…。

    約7時間前

  23. 本日、一本目の観劇は Iaku演劇作品集「梨の礫の梨」 コミカルなシーンから始まったので ずっとそんな感じなのかと思ったら 深〜いちょっと切ないお話だった 昨日のFUKAI プロデュース羽衣の 「春母夏母秋母冬母」も 今日の梨… https://t.co/DbdVgCGARp

    約7時間前

  24. そう言えばiaku祭りも終わったので、あらためて横山拓也作品に順番をつけると、こんな感じ。 粛々と運針>(超えられない壁)>目頭を押さえた>あたしら葉桜>車窓から、世界の=エダニク>人の気も知らないで>首のないカマキリ>梨の礫の梨>>ハイツブリが飛ぶのを

    約7時間前

  25. iaku 札幌公演 ちくちくと針を運ぶ。ちくたくと進む秒針。 2つの無関係な家庭を縫い合わせてみる。 『粛々と運針』作・演出:横山拓也 お前、いつからお母さんのこと 「おふくろ」って呼んでんの。 6月23日(土)24日(日) シア… https://t.co/9RgyfUufqh

    約9時間前

  26. iaku『粛々と運針』⑤ アラフォーの私としては、この問いは他人事ではないのです。普段は目を向けないようにしているその問いにまざまざと向かい合わされて、自分の人生とはなんなのかまで考えさせられる。答えの出ない問いにやはり葛藤させられている。さて、どう生きよう。まずはそこから。

    約11時間前

  27. iaku『粛々と運針』④ 物語的な要素はほぼなくて、これから始まる生とこれから終わる生の話が徐々に融解して生への問いにたどり着くのは、横山さん自身の生に対する葛藤結果にも見える。そしてその格闘が見えるからこそ自身の中にある葛藤が反射的に浮き上がってくる。

    約11時間前

  28. iaku『粛々と運針』③ その問いに対して色々と考えさせられているのだけれども、そこには試されているというものを感じてしまって、実はiakuに対して苦手意識がありました。横山さん、問うなら自分の考えも示しなさいよという感じで。でも『粛々と運針』にはそれを感じなかった。

    約11時間前

  29. iaku『粛々と運針』② その会話は生というものの対話となっていき、その問いは観客にも迫ってくる。なので自らの生についても考えさせられるのです。iakuの作品はシチュエーションを作り、色んな意見を優劣をつけずに舞台上に置き、観客はそれを観て色々と考えるというもの。

    約11時間前

  30. iaku『粛々と運針』① あまりの評判の良さにどのような作品かなぁと期待していたのですけれど、その期待を数段上回っていて観て良かったなぁと。6脚の椅子だけの簡素な舞台の上で語られるのは、これから生まれる生、これから死んでいく生、そ… https://t.co/dyQFY0vsaU

    約11時間前

  31. 【まもなくです!】通知: パティオ池鯉鮒 @patio_chiryu ×iaku @iaku_info「粛々と運針」 - 2018/06/02 (土) 14:00 ~ 15:30 (JST) (… https://t.co/SHMftXYehQ

    約11時間前

  32. iaku演劇作品集『粛々と運針』@こまばアゴラ劇場 関西弁と標準語または東京弁とが交錯して、個人的には少し混乱。でも運針する二人のことが分かってから急に揺さぶられ、釘付け。生きていること、生かされていること。悩む4人、どの考えも分かる、自分も舞台中央で一緒に悩むよう。28日まで。

    約13時間前

  33. あさってまで。(その後、単品、各地ツアー)  iaku演劇作品集(2018) 感想まとめ - Togetter https://t.co/dU8wxVDN0Q @togetter_jpから

    約15時間前

  34. 【当日券情報】5月26日(土) 本日の当日券は 若干枚数販売いたします ギャラリー席など一部のシーンが見えにくい席になる場合があることをご了承ください 11時 「人の気も知らないで」 15時 「梨の礫の梨」 19時 「粛々と運… https://t.co/6BQ1t1o2SN

    約17時間前

  35. iaku『粛々と運針』仙台公演 第1回せんだい短編戯曲賞の大賞受賞者、横山拓也による演劇ユニットiakuの公演 6/9(土) 10(日) せんだい演劇工房10-BOX box-1 https://t.co/OuPAGQNjRe https://t.co/J7lOzj6dQV

    Datvlzfvmauww1b

    約17時間前

  36. 《iaku 演劇作品集》 26(土)は 11時から『人の気も知らないで』 15時から『梨の礫の梨』 19時から『粛々と運針』 となっております。 写真は、ゲネプロ前に楽屋にてカーテンコールの練習をする9日前の私たち『人の気も知らな… https://t.co/a3C6lxxHEE

    約23時間前

  37. と言う事で、iaku演劇作品集『梨の礫の梨』@こまばアゴラ劇場観て乾杯!久々に聴く陽子さんの声やっぱ好きだ〜(*^^*) 笑いながら観てたら、あれ?笑い事じゃ無かった?てなってラストうわぁ〜!てなってからの凄く素敵な終わり方。明日… https://t.co/fQfFZpQmp7

    1日前

  38. 【物販情報】 iaku 演劇作品集 戯曲集 Ⅰ 収録作品 「人の気も知らないで」 「梨の礫の梨」 「あたしら葉桜」 「粛々と運針」 「しおおゆ」(おまけ) B5判/108頁/価格2000円 https://t.co/lcCVsaKb63

    Dedwh2qv4aaq8nz

    1日前

  39. 今日の鈴愛と律のやり取りは、昨日観た『粛々と運針』を思い起こすようなデジャブすら感じるようなものだったな #半分青い

    1日前

  40. iaku「演劇作品集」は今日最後の「梨の礫の梨」が初日を迎え、4作品全て幕開きました。「梨」は宮川サキさんと藤本陽子さん(さんちゃんさん)の二人芝居。関西の粋で綺麗なおねえさんたち。 https://t.co/GIs5pC0K0e

    Dednpaavqai8zw3

    1日前

  41. 明日はiakuの『人の気も知らないで』と『粛々と運針』の間に小松台東の『消す』を観ると言うとてつもない1日なんです。

    1日前

  42. 滑り込みで『粛々と運針』のチケットとった

    1日前

  43. iaku 札幌公演 ちくちくと針を運ぶ。ちくたくと進む秒針。 2つの無関係な家庭を縫い合わせてみる。 『粛々と運針』作・演出:横山拓也 お前、いつからお母さんのこと 「おふくろ」って呼んでんの。 6月23日(土)24日(日) シア… https://t.co/UX180ja0Rv

    1日前

  44. iaku『梨の礫の梨』これで私のiaku祭りはひとまず終わり。スタンプラリーパーフェクト一番乗りは達成したものの、まさに祭りの後の寂しさ。iakuロス。次は9月の『粛々と運針』相模原公演だな。

    1日前

  45. 宮川サキさん 藤本陽子ちゃん(Sun!ちゃん) 出演の iaku演劇作品集 「梨の礫の梨」 観てき… https://t.co/x2kTKa8Vxh

    1日前

  46. iaku『梨の礫の梨』もちろん良い作品だが、『人の気も知らないで』同様、『粛々と運針』という大傑作を生み出す萌芽のような作品という印象は否定できない。終盤が何となくワヤワヤ終わってしまい、劇としての葛藤やカタルシスが薄いのは、ちょいと残念。

    1日前

  47. iaku『梨の礫の梨』これは『しおおゆ』と同系列の落語・漫才路線か?と思わせる出だしたが、中盤からまさかの母ものとなり、最終的には『粛々と運針』にもつながる世界に突入していく。やはり横山拓也は一筋縄ではいかない。

    1日前

  48. 『エダニク』の台本も買った。これで『粛々と運針』『目頭を押さえた』『エダニク』が揃い、スタンプラリーで『あたしら葉桜』『人の気も知らないで』『梨の礫の梨』も手に入る。他の作品もポチポチ揃えていく。 https://t.co/CtIZeCjtNU

    Decmrfuu0aamhym

    1日前

  49. これだけ『粛々と運針』の言葉が心の中に沈潜してきたら、来年の春の桜は、これまでよりもずっと美しいものとして目に入るだろうな。

    2日前

  50. iaku『粛々と運針』ほとんどセットも必要無い、家族を題材にした会話劇の中に、どんな壮大な作品にも匹敵する深く大きなテーマと感動が潜んでいる…それは「演劇」という芸術の1つの理想型のように、私には思える。

    2日前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー11

たかむらかえで

たかむらかえで(1)

役者・俳優 制作

「iaku演劇作品集」に携わっているメンバーです。

斉藤愛子

斉藤愛子(1)

制作

「iaku演劇作品集」に携わっているメンバーです。

宮川サキ

宮川サキ(0)

役者・俳優

「iaku演劇作品集」に携わっているメンバーです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大