演劇

劇団うさぎ112kg第4回公演

雷鳴とアンゼリカ

デザイン:工藤麻美子

0 お気に入りチラシにする

演劇

劇団うさぎ112kg第4回公演

雷鳴とアンゼリカ

劇団うさぎ112kg

テルプシコール(TERPSICHORE)(東京都)

2017/11/03 (金) ~ 2017/11/05 (日) 開幕前

上演時間: 約1時間10分(休憩なし)を予定

私の記憶では、産湯は澄んだ乳色をしていて、母ではない誰かの手が、私の身体を洗ってくれて……
きっと、そのときの母だったら、私を産湯の中に沈めていたのかもしれない。


【あらすじ】
ミユは、声が出ない。でも、勉強もできたし運動もできたし彼氏もできた。
ある朝、起きてみると、隣に...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/11/03 (金) ~ 2017/11/05 (日)
劇場 テルプシコール(TERPSICHORE)
出演 髙橋舞優、嶋貫綾香、木村阿友美、重田陸
脚本 工藤麻美子
演出 工藤麻美子
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,500円
【発売日】2017/08/26
予約一般 ¥3,000
予約学生 ¥2,500

当日券は各+500円
サイト

http://u112kg.tumblr.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月3日(金)19:00
11月4日(土)14:00/19:00
11月5日(日)14:00
説明 私の記憶では、産湯は澄んだ乳色をしていて、母ではない誰かの手が、私の身体を洗ってくれて……
きっと、そのときの母だったら、私を産湯の中に沈めていたのかもしれない。


【あらすじ】
ミユは、声が出ない。でも、勉強もできたし運動もできたし彼氏もできた。
ある朝、起きてみると、隣に寝ていたはずの彼氏はいなくて、部屋の主だという若い女と出会う。
彼女は産んだばかりの娘を置いて、一人で暮らしていた。

【劇団うさぎ112kgとは】
2015年冬・仙台で結成した劇団。
1年間の公演休止期間を経て、2017年春・東京に拠点を移す。
かわいさとかわいくなさのジレンマを抱えた、“フィクション”を追究する。

Twitter @u112kg にて公演情報発信中!
その他注意事項
スタッフ 【舞台監督】稲垣哲哉
【舞台美術】渡邊織音
【照明】水野里奈
【衣装】髙橋舞優
【制作】阿部りん
【制作助手】木村阿友美、米倉ほなみ
【宣伝美術】工藤麻美子

[情報提供] 2017/07/21 22:42 by 工藤麻美子

[最終更新] 2017/09/19 00:17 by 稲垣哲哉

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー6

重田 陸

重田 陸(0)

役者・俳優

「雷鳴とアンゼリカ」に携わっているメンバーです。

まゆ

まゆ(0)

「雷鳴とアンゼリカ」に携わっているメンバーです。

嶋貫

嶋貫(0)

役者・俳優 照明 舞台監督 制作

役者です。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大