MONSTER TUNE 公演情報 MONSTER TUNE」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.4
1-8件 / 8件中
  • 満足度★★★

    鑑賞日2016/05/01 (日)

    ブロードウエイのショーを彷彿させる80分のノンストップのタップダンスショーと謳われている。クラシック・バレエやモダン・ダンス、ついでに言えばミュージカルの舞台にもよく通う私だが、 タップダンスだけの舞台というのは初めて。 

    タップダンスというのは元来はアメリカ南部の黒人のダンス。18世紀のサウスカロライナ州では黒人奴隷が労働後のダンスでドラムを打ち鳴らしていたが、1739年に同州で暴動が発生し、白人が黒人の集まる場でのドラムを禁止したためにドラムの替わりに足を踏み鳴らし音を出した事から始まった。20世紀に映画や音楽とともに世界に広がり、タップスと呼ばれる金属板を靴底の爪先(ボウル)と踵(ヒール)につけて床を踏み鳴らしながら踊る。
    ただ、私もそうだが、日本でタップダンスといえば浅草あたりで芸人がやっているもの、というイメージが強い。あのビートたけしだって深見千三郎に弟子入りした最初はタップを教わったという。で、このカンパニーだが、すでに25年目を迎えるという。今回の出演者は総勢16名。 

    定刻に開演。ここらはさすがに小劇団と違って開演時間をきっちり守ってくれる。 

    (以下、ネタバレBOXにて…)

    ネタバレBOX

    まずは全員による「SING SING SING」に始まり、ラストの「IDA’S IDEA」まで全18曲。

    前述したようにタップだけで構成されたステージを観るのは初めて。当然、爪先と踵を床(ステージ全面に木のパネルが敷き詰められている)に打ち付けて音を出すことが主体となるのだが、それに合わせて両腕や上半身も大きく動かす(それでリズムをとるといった意味合いもあろう)。
    が、ソロではなく複数の人間が一緒に踊るとき、この上半身、殊に腕の動きがまちまちで、角度もタイミングも不統一。決めポーズの時だって、腕の角度が全くあっていない。だからクラシック・バレエや質のよいミュージカルなどでのきちんと揃ったアンサンブルを観慣れている目でこのステージを“ダンス”として見ると、全く美しくない。
    タップダンスとしてはそれが普通なのかもしれないが、この公演は“ブロードウエイのショーを彷彿させる”と謳っている。ブロードウェイ・ミュージカルに見られるようにタップだけではなく体全体の動きも重視し、曲に合わせて踊っていくスタイルをミュージカルタップと呼ぶそうだが、少なくともこのステージを見る限りにおいてはとてもブロードウェイスタイルとは思えない。 

    ソロは確かにいいのだから、アンサンブルでの上半身の動きを統一させれば素晴らしいステージとなるだろう。ただ現在の状態で5千円(全席指定)というのはあまりに高すぎる。私がこのステージに払える許容範囲は2千円までだ。まぁ周りの様子を見ているとどうやら出演者の関係者が多いようだが、今のままでは一般の観客を多く動員することは難しいだろうなぁ。
  • 満足度★★★★

    タップを堪能
    タップだけで構成されたショーを観るのは初めてであり,十分に堪能できました。特に,ソロ,デュオでのタップ,音楽なしでのタップのリズムには迫力があり,とても見応えはありました。さすが実績のあるダンスカンパニーです。惜しむらくは,こちらはタップだけに集中したいのに,全体的に音楽の音が大きかったこと。アンサンブルでのタップではタップの奏でる音が音楽に消されてしまったような気がします。ヒップホップとか踊る姿だけを見せるものではなく,タップの音も重要な要素ですので,音楽の大きさは控えめにしてほしかったと思います。

  • 満足度★★★★

    無題1816(16-106)
    17:00の回(晴)

    16:30開場(全席指定)、16:55ブサーが鳴り、17:02開演~18:21終演。

    ダンス公演の演目のひとつとして観たことは何度かありますが、これほど大がかりな「ショー」は初めてです。

    舞台床には板が貼られているようで、マイクでも音を拾っています。

    座ったのが2列目の端ですぐ目の前にはスピーカー。管楽器が鳴ると聴きにくくなりました。※タップダンス:ドラムの替わりに足を踏み鳴らし音を出した事から始まった(wiki)。

    ただ舞台に近いのでダンサーの足元ははよくみえました。

    聴こえる音数と足の動きが合わないほどの巧みさ、ソロ、デュエット、グループなどを組み替え見どころの多い内容でした。

    ※星4つは少し聴きにくいところがあったため。

    余談ですが(邪道かもしれませんが)、マイクで拾った音にエフェクターをかけたり、サンプリングしたり(エレクトリック・タップ).するのはないのだろうか...先日、ニチジョのダンス公演(場所は同じ此処)でメトロノームの音を加工していたので。

  • 満足度★★★★

    ソロ、デュオ、トリオまでは花五つ星
     これだけまとまった形でタップダンスを観たのは生まれて初めてである。

    ネタバレBOX

    無論、かつては映画にアメリカのタップダンサーたちの踊っているシーンが入っていたりして短いものは何度も観たことがあるが、あくまでそれは映画のワンシーンとしてである。つまり初心者と言って良い訳であるが拝見していて矢張り何が大切な要素であり、男女のダンサーでどんな違いがあるのか、何かが弱い側は、どのように弱点を補えば良いのか? その時、効果や演出は何をどのように処理するのかを考えながら拝見した。その結果見えて来たのは以下のようなことである。
     先ず、男女のダンサーに関して:男性ダンサーはタッピングの力が強く、戻しが早いので強く速く軽めの表現が可能だが、女性はリズム感が仮に良くても体の動きがそれについて行っておらず、モタモタ感とくすみが出てしまう。無論、タッピングの力も相対的に弱く、リアクションの戻しも遅い為歯切れが悪い。
     リズム感が足のつま先までキチンと反応できるほどに身体機能が高くないと、音楽とのコラボレーションに齟齬が生じるがソロ、デュオ、トリオ辺りを演じられるレベルのダンサーのみが、満足にこれをこなせる。また、このレベル迄の実力が伴わないと個性的な演技など到底できるものではない。Artという言葉の持つ2つの大きな意味、技術と芸術の関係は一目瞭然である。
     タップしながら、手を打ち合わせる動作や、足以外の身体各部とのコラボレーション、ひらりと体を躱す動作も、その流麗や軽みを出すということになると男性にしかできないようである。女性は重力に縛られているような重さを感じさせてしまうのだ。
     一姫、二トラ、三ダンプではないが、反射神経の鈍さが女性ダンサーには決定的である。では、女性ダンサーは何処に焦点を当てて厳しい芸の世界で生きてゆくのか? という点であるが、一つにはグループで一糸乱れぬ演技ができれば、これは高評価に結びつくだろうし、衣装や女性的魅力をアピールしたり、男性ソロができるダンサーとのコラボレーションで、一瞬遅くても構わぬ演出をつけ、音響・照明もそれに合わせるなどの作業が必要(今回このコンセプトで作ったとみられる作品も上演された)なように思われる。音響や照明、舞台美術も効果的であった。
  • 満足度★★★★★

    ザッツ・エンタテインメント
    「sing sing sing」の群舞から惹き込まれました。スタンダードのタップしか知らなかったので横山さん浦上さんのパフォーマンスには魅了された。

  • 満足度★★★★★

    80分酔いしれました
    素晴らしいタップダンスに酔いしれました。前列でみせていただいたので、客席の椅子が揺れるほどでした。衣装も素晴らしく美男美女のダンスに目も耳も釘ずけでした。素晴らしい、楽しい80分でした。

  • 満足度★★★★★

    80分のノンストップショー
    謳い文句に偽りなしでした♪

    衣装も技術(まぁ素人目ですけどね)も良かったなぁと(^^)

    タップダンスオンリーでここまでやるのは素晴らしかったです

  • 満足度★★★★★

    初見も初見
    私劇中でのタップダンスは観たことありますが今回のように純粋にタップだけのショーは生まれて初めて。
    故に『〇〇さんが上手い』とかはわかりません。
    ただ、もう鳥肌が止まりません。
    えー靴底カチカチやってるだけなのにー(←失礼)
    人間の脚はこんなに動きまくるものなのか。
    カチカチなのに(←また失礼)こんなに表現出来てしまうのか。
    自然に拍手や声が出てしまう素晴らしいショーです。

このページのQRコードです。

拡大