演劇

リーディング・ミニ・シリーズat絵空箱

結婚プレイ2016

0 お気に入りチラシにする

演劇

リーディング・ミニ・シリーズat絵空箱

結婚プレイ2016

シアタージャパンプロダクションズ

パフォーミングギャラリー&カフェ『絵空箱』(東京都)

2016/02/26 (金) ~ 2016/02/27 (土) 公演終了

上演時間:

 エドワード・アルビー・リーディング・シリーズとして、日本でまだ紹介されていない、比較的最近のアルビー作品“MARRIAGE PLAY”(1982)をご紹介します。

代表的な初期のアルビー作品“バージニア・ウルフなんか怖くない”(1962)の続編のような中年の夫婦の熟年離婚劇。アルビー独...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/02/26 (金) ~ 2016/02/27 (土)
劇場 パフォーミングギャラリー&カフェ『絵空箱』
出演 佐藤学二、武藤令子、神睦高、鷲野礼奈
脚本 エドワード・アルビー
演出 高瀬一樹
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 3,500円
【発売日】2016/01/24
入場料は1ドリンク付きです
サイト

https://www.facebook.com/samurai.randj/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月26日(金)19:00
2月27日(土)13:00/16:00/19:00
説明  エドワード・アルビー・リーディング・シリーズとして、日本でまだ紹介されていない、比較的最近のアルビー作品“MARRIAGE PLAY”(1982)をご紹介します。

代表的な初期のアルビー作品“バージニア・ウルフなんか怖くない”(1962)の続編のような中年の夫婦の熟年離婚劇。アルビー独特の言葉の遊びやコミカルな内的モノローグ、機知にとんだ掛け合いにあふれています。

*ストーリー*
 
 戯曲は突然の告知に始まる。ジャックは30年連れ添った妻に別れを告げようとする。 反撃を予期して身構えるジャックに、ギリアンは何の反応も見せない。結果、ジャックはドアからの登場と別れの宣言を何度もやり直すことになる。
ギリアンのからかい半分の回答はジャックを苛立たせ、ジャックはやがて椅子に座り込む。ジャックは挫折感と不安定を訴えるが、ギリアンは30年間の夫婦の性生活の記録を綴った日記があることを明かし、ジャックはさらに進退窮まる。

”バージニア・ウルフなんか怖くない“のジョージとマーサのように、ギリアンとジャックは人生の不毛と無意味さについて不平を訴え、嘆き、またそれに抗うために儀式的なゲームを行う。いがみ合いはやがてフィジカルな掴み合いにまで発展し、2人は床に倒れこみ、また争い続ける。それはセックスにも似ている。 

「戦い疲れて、二人は人生の楽しかった思いでについて語りだす。 しかしギリアンは、ジャックに傷つけられた鬱憤を晴らすべく、さりげなく自分の浮気の事実を語りだす。

憔悴しきったジャックは、庭を眺めて何かを考える。ギリアンは日常への回帰を促す”さあ、庭を起こして、毎年やってるでしょう!“」
その他注意事項
スタッフ 音楽:梶原 圭恵

照明:和田 秀憲

制作:シアタージャパンプロダクションズ

[情報提供] 2016/01/23 23:51 by Barichan

[最終更新] 2016/03/01 19:17 by Barichan

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

takase

takase (0)

役者・俳優 脚本 演出

3回目の、3年目の、結婚プレイです。熟年のカップルの離...

Barichan

Barichan(0)

役者・俳優 ダンサー 演出助手 振付 制作

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大