夢去りて、僕らはハーメルンの白夜に踊る

デザイン:鈴木ねじ

0 お気に入りチラシにする

天幕旅団

SPACE 雑遊(東京都)

2015/12/18 (金) ~ 2015/12/21 (月) 公演終了

上演時間:

温かくて柔らかで、真っ昼間みたいな夜だった。
アタシの目に焼きついて離れない、躍動する背中、
真っ白い闇に包まれて、遠ざかっていくカーニバル。
あれはきっと魂の葬列、祝祭に彩られた弔いの笛の音。

 まん丸い月のその真下、コッペンの丘の処刑場、
 パイパーはその日も寂...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/12/18 (金) ~ 2015/12/21 (月)
劇場 SPACE 雑遊
出演 加藤晃子、佐々木豊、渡辺実希、渡辺望
脚本 渡辺望
演出 渡辺望
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 3,300円
【発売日】2015/10/31
前売3000円/当日3300円
高校生以下1500円(要学生証)
平日昼割2700円(前売・当日共。★の回)
サイト

http://members3.jcom.home.ne.jp/tenmaku-ryodan/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月18日(金)19:30
12月19日(土)15:00/19:00
12月20日(日)11:00/15:00
12月21日(月)15:00★/19:00
説明 温かくて柔らかで、真っ昼間みたいな夜だった。
アタシの目に焼きついて離れない、躍動する背中、
真っ白い闇に包まれて、遠ざかっていくカーニバル。
あれはきっと魂の葬列、祝祭に彩られた弔いの笛の音。

 まん丸い月のその真下、コッペンの丘の処刑場、
 パイパーはその日も寂しげに、銀色の笛を吹いていました。


1284年6月26日、聖なる記念の日、
ハーメルンの街から130人の子供が消えた。
楽しげな笑い声と音楽も消えて、街は静寂に包まれた。
アタシはそこに取り残されて、今日でちょうど10年が経った・・・

天幕旅団次回は、「ハーメルンの笛吹き男」を本歌取り。
ドイツに伝わる謎多き物語を紐解く、追憶のファンタジー。
その他注意事項
スタッフ <作・演出>渡辺望
<演出助手>木村力
<舞台監督>吉田慎一(Y‘s factory)
<照明>辻渉((有)ライズ)
<音響>宮崎裕之(predawn)
<衣装・メイク>渡辺実希
<宣伝美術>鈴木ねじ
<当日運営>黒岩さやか
<企画・制作>天幕旅団

[情報提供] 2015/09/28 10:45 by 渡辺望

[最終更新] 2016/01/11 21:23 by 渡辺望

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

ゆたか

ゆたか(0)

役者・俳優

天幕版「ハーメルンの笛吹き」を是非観に来てくださいませ!

渡辺望

渡辺望(0)

役者・俳優 脚本 演出

次回は、天幕版「ハーメルンの笛吹き」。偽りと追憶のファ...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大