演劇

杜の都の演劇祭2015-記憶-

プログラムA「耳鳴り」「言語生涯」(「言語小説集」より)

出典:新潮社文庫「言語小説集」

杜の都の演劇祭プロジェクト

和旬彩 あだん(宮城県)

2015/11/03 (火) ~ 2015/11/07 (土) 公演終了

上演時間:

小説によるドラマリーディング上演時間約70分。
"ある日ウォークマンで「びっくりびっくり島」の主題歌を聞いてから、僕の耳鳴 りは始まった。やがて「いよっ」とか「たりゃー」という気合の声が聞こえてく るようになり、頭が混乱して内心の「本音」を口に出してしまうようになって……。「耳鳴り」とそれを...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/11/03 (火) ~ 2015/11/07 (土)
劇場 和旬彩 あだん
出演 ウィリーささき。、長谷野勇希ーTheatreGroup“OCT/PASS”、高橋史生ー劇団I.Q150
脚本 井上ひさし
演出 丹野久美子ー劇団I.Q150
料金(1枚あたり) 2,900円 ~ 3,000円
【発売日】2015/10/06
料金:3,000円(晩秋膳付き)
※上演後に飲食の提供があります
※「★」は記録日です。記録のためカメラが入ります。記録日は通常料金の100円引きです
サイト

http://www.morigekisai.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2015年11月
3日(火・祝)11:00/16:00
5日(木)11:00★
7日(土)11:00

会場
和旬彩 あだん
仙台市青葉区中央1-7-6 西原ビル3階
説明 小説によるドラマリーディング上演時間約70分。
"ある日ウォークマンで「びっくりびっくり島」の主題歌を聞いてから、僕の耳鳴 りは始まった。やがて「いよっ」とか「たりゃー」という気合の声が聞こえてく るようになり、頭が混乱して内心の「本音」を口に出してしまうようになって……。「耳鳴り」とそれを消すための「雑音」の世界を描いた「耳鳴り」。突然舌がも つれて、駄洒落を連発する病に憑りつかれてしまった若き駅員の悲劇を、講演録 の形式で描いた「言語生涯」。「ことば」と「笑い」を究め続けた井上ひさしの 真骨頂。
その他注意事項 8年目を迎える「杜の都の演劇祭2015」のテーマは「記憶」です。仙台文学館と選んだ4人の作家の作品を、4人の女性のプログラムディレクターが演出し、初めての4つのお店を会場に、お届けします。震災から4年が過ぎた今は、ものがたりから呼び起される私たちのそれぞれの「記憶」に耳を傾ける時期なのかもしれません。晩秋の11月、人と作品とお店との出会いの待つ「杜の都の演劇祭」にぜひお出かけください。
スタッフ

[情報提供] 2015/09/07 13:41 by hitomix

[最終更新] 2015/09/08 21:18 by hitomix

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー6

megu

megu(3)

事務局です

はんち

はんち(0)

お手伝いしています。

いしかわ

いしかわ(0)

事務局です

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大