地を渡る舟 ―1945/アチック・ミューゼアムと記述者たち―

0 お気に入りチラシにする

てがみ座

東京芸術劇場 シアターイースト(東京都)

2015/10/23 (金) ~ 2015/11/01 (日) 公演終了

上演時間:

昭和20年春、本土決戦が叫ばれる街にひとりの男がいた。
男は敗戦を正確に予期し各地の農家を訪ね歩いていた。
「その日」を迎えた暁に、ただちに日本を再建するために。
 
旅する民俗学者 宮本常一。
日本列島を隅々まで歩き人々の営みを記録し続けた。
常一を支援したのは戦時下の日銀総裁...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画8

すべて見る

主演の清水伸さんのインタビュー動画です。ご自身が演じる役柄について、そしてこの作品を観てくださった方の『人生の見方』が変わるのではないか…というお話をしてくださっています。ぜひご覧ください!

公演詳細

期間 2015/10/23 (金) ~ 2015/11/01 (日)
劇場 東京芸術劇場 シアターイースト
出演 福田温子、今泉舞、箱田暁史(以上てがみ座)、俵木藤汰(ラッパ屋)、清水伸(ふくふくや)、松本紀保、三津谷亮、川面千晶(ハイバイ)、近藤フク(ペンギンプルペイルパイルズ)、森啓一朗(東京タンバリン)、伊東潤(東京乾電池)、中村シユン、西山水木
脚本 長田育恵
演出 扇田拓也
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 4,200円
【発売日】2015/09/09
前売:4,000円/当日:4,200円/25歳以下:3,000円
サイト

http://tegamiza.net/take15/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月23日(金) 19:00
10月24日(土) 14:00
10月25日(日) 14:00
10月26日(月) 19:00 ★
10月27日(火) 19:00
10月28日(水) 14:00 ★
10月29日(木) 14:00 / 19:00
10月30日(金) 19:00
10月31日(土) 14:00
11月 1日(日) 14:00

★アフタートークあり
説明 昭和20年春、本土決戦が叫ばれる街にひとりの男がいた。
男は敗戦を正確に予期し各地の農家を訪ね歩いていた。
「その日」を迎えた暁に、ただちに日本を再建するために。
 
旅する民俗学者 宮本常一。
日本列島を隅々まで歩き人々の営みを記録し続けた。
常一を支援したのは戦時下の日銀総裁、渋沢敬三。
敬三は、自宅に民俗学研究所『屋根裏の博物館(アチック・ミューゼアム)』を設立し
若き民俗学者たちと共に、この国を描き留めようと力を尽くした。
けれど真摯な情熱は
戦時下へ墜ちゆく中で、翻弄され飲み込まれていく……。
 
宮本常一、渋沢敬三。そして若き民俗学者たちの葛藤。
記憶されたものだけが記録にとどめられ
記録されたものこそが時を超える。
彼らが信じた未来、方舟の行方は。
 
[第58回 岸田國士戯曲賞・第17回 鶴屋南北戯曲賞ノミネート作品]
[長田育恵が『地を渡る舟』の脚本において、平成27年(第70回)文化庁芸術祭演劇部門(関東公演参加の部)新人賞 受賞しました]
その他注意事項
スタッフ 美術:杉山 至+鴉屋
照明:木藤 歩
音響:笠木 健司(クロムモリブデン)
衣裳:阿部 美千代(MIHYプロデュース)
演出助手:小林 愛
舞台監督:杣谷 昌洋
方言指導:松角 洋平 角谷 邁
演出部:関 智恵
宣伝美術:湯浅 香奈(FORM)
宣伝写真:石村 みか(てがみ座)
協力:舞台美術研究工房 六尺堂
制作:有本 佳子(プリエール) 津田 はつ恵(プリエール)和田 幸子
提携:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
助成:芸術文化振興基金
主催:てがみ座

[情報提供] 2015/08/24 07:22 by 今泉舞(てがみ座)

[最終更新] 2016/01/05 23:29 by てがみ座 福田温子

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー4

西山水木

西山水木(32)

役者・俳優 脚本 演出

大好きな劇団に参加できて嬉しい!です。歴史や事実を超え...

てがみ座 長田育恵

てがみ座 長田育恵(0)

今この時に向かい合う舞台にしたいです。新しい座組で織り...

今泉舞(てがみ座)

今泉舞(てがみ座)(0)

再演ですが、新しさの詰まった公演になると思います。 ...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大