演劇

流山児★事務所創立30周年記念公演第4弾

 『新・殺人狂時代』

デザイン:藤原カムイ

0 お気に入りチラシにする

演劇

流山児★事務所創立30周年記念公演第4弾

『新・殺人狂時代』

流山児★事務所

ザ・スズナリ(東京都)

2015/06/24 (水) ~ 2015/06/28 (日) 公演終了

上演時間:

極限状態におかれた人間の心理を鋭く描くことで定評のある
鐘下辰男が書き下ろす新作を
注目の若手演出家:日澤雄介の演出でお届けします。
歴史の転換点に立つ≪戦争の時代の現代≫を描く討論劇。

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/06/24 (水) ~ 2015/06/28 (日)
劇場 ザ・スズナリ
出演 塩野谷正幸、上田和弘、イワヲ、里美和彦、木暮拓矢、五島三四郎、岡本篤、浅井伸治、西條義将、白井圭太、伊原農、日下部そう
脚本 鐘下辰男(演劇企画集団THE・ガジラ)
演出 日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,500円
【発売日】
全席指定
一般券前売 4,000円(当日4,500円)
アンダー25チケット前売 3,200円(当日3,500円)
高校生以下1,000円(前売・当日共)
Ryu’s会員3,200円
サイト

http://www.ryuzanji.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル  6月24(水) 19:00
 6月25(木) 19:00
 6月26(金) 14:00 / 19:00★
 6月27(土) 14:00 / 19:00
 6月28(日) 14:00

  開場は開演の30分前より 

  ★アフタートーク
   26日(金)19:00終演後
説明 極限状態におかれた人間の心理を鋭く描くことで定評のある
鐘下辰男が書き下ろす新作を
注目の若手演出家:日澤雄介の演出でお届けします。
歴史の転換点に立つ≪戦争の時代の現代≫を描く討論劇。
その他注意事項 【解説】鐘下辰男の『殺人狂時代』はレジナルド・ローズの名作『12人の怒れる男』をモチーフに、流山児祥:演出で2002年、本多劇場で上演しました。 9・ 11以後の「テロ」という言葉が日常化した 当時に「傭兵たちの叛乱の物語」を描き、「有事関連法案、個人情報保護法案などが国会で審議される今の時代の 「気分」が見事に射抜かれている舞台」(毎日新聞劇評:高橋 豊)、「アメリカの『正義』が世界を巻き込み有事法制が議論される時代に登場した激しく熱 いディスカッション劇」(朝日新聞劇評:今村修)「そこには現代の虚無が ポッカリと穴をあけている」(テアトロ劇評:渡辺保)と高い評価を得ました。

あれから13年。今、演劇界で最も注目を集めている演出家:日澤雄介が鐘下辰男と組んで、歴史の転換点の大きな曲がり角に立つ日本の現在を描きます。
スタッフ 企画・芸術監督:流山児祥
美術:鎌田朋子
照明:朝日一真(A's light)
音響:佐久間修一
衣装:藤田友
舞台監督:本郷剛史
演出助手:小形知巳
制作:米山恭子
宣伝美術:藤原カムイ、Flyer-ya
協力:トム・プロジェクト、フレンドスリー、オフィスPSC、スターダス・21、プリッシマ

主催:有限会社流山児オフィス(流山児★事務所)
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(トップレベルの舞台芸術創造事業)

[情報提供] 2015/04/10 17:03 by 流山児☆

[最終更新] 2015/07/03 00:35 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

ゆーすけ

ゆーすけ(4)

演出です。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大