さようなら、どらま館

0 お気に入りチラシにする

ろりえ

早稲田小劇場どらま館(東京都)

2015/04/23 (木) ~ 2015/04/27 (月) 公演終了

上演時間:

鈴木忠志氏、別役実氏らが結成した「劇団早稲田小劇場」。
1966年に彼らが早稲田の地に開設した劇場が、その名も「早稲田小劇場」である。
やがて、「早稲田銅鑼魔館(わせだどらまかん)」と名前を変えて民間経営された後、
1997年には早稲田大学がこれを買い取り、
「早稲田芸術文化プラザどら...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/04/23 (木) ~ 2015/04/27 (月)
劇場 早稲田小劇場どらま館
出演 徳橋みのり(ろりえ)、岡野康弘(Mrs.fictions)、木村香代子、高木健、松下伸二、南美櫻(ハイブリットハイジ座)
脚本 奥山雄太
演出 奥山雄太
料金(1枚あたり) 0円 ~ 3,000円
【発売日】2015/03/01
予約2,500円/当日3,000円
早稲田大学在校生1,000円(枚数限定・要予約・要学生証)
早稲田大学新入生0円(枚数限定・要予約・要学生証)
★=高校生0円(枚数限定・要予約・要学生証)
サイト

http://rorie.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2015年4月
23日(木)19:30★
24日(金)19:30★
25日(土)14:30/19:30★
26日(日)14:30★/19:30
27日(月)14:30/19:30

【お詫びと訂正】
一部仮チラシにて、開演時間が誤って記載されております。
申し訳ございません。上記開演時間が正確なものとなります。
説明 鈴木忠志氏、別役実氏らが結成した「劇団早稲田小劇場」。
1966年に彼らが早稲田の地に開設した劇場が、その名も「早稲田小劇場」である。
やがて、「早稲田銅鑼魔館(わせだどらまかん)」と名前を変えて民間経営された後、
1997年には早稲田大学がこれを買い取り、
「早稲田芸術文化プラザどらま館」として学生劇団に貸し出されるようになる。
私の知るどらま館はそれだ。
2010年に劇場としての利用ができなくなり、
2011年の東日本大震災を機に耐震上の問題が指摘され、2012年に取り壊された。
私たちの場所のまま取り壊されたどらま館は、いつまでも私たちの場所であるはずだった。

2015年、どらま館のあったその場所に「早稲田小劇場どらま館」が開設される。
その劇場は、「早稲田小劇場」でも、「早稲田銅鑼魔館」でも、
そしてもちろん、「早稲田芸術文化プラザどらま館」でもない。

私たちのもののまま死んでいてくれればよかったのに、
どらま館は蘇る。

春。
陳腐な言い回しだが、出会いと別れの季節である。
ここまでお膳立てしてもらわなければ、恥ずかしくて言えやしないから。
「早稲田小劇場どらま館」になる前の、本当にギリギリ最後の瞬間に。
笑い声を献花に変えて、

「さようなら、どらま館」
その他注意事項 未就学児童入場不可
スタッフ 舞台監督 土居歩
特殊美術 田畑美穂
音響 田中亮大(Paddy Field)
照明 南香織
制作 金井要
製作 ろりえ
協力 マッシュマニア、ハイブリットハイジ座、Mrs.fictions
    早稲田小劇場どらま館こけら落とし公演実行委員会

[情報提供] 2015/03/01 03:46 by 徳橋みのり

[最終更新] 2015/12/13 18:53 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大