演劇

こまつ座 第108回公演・紀伊國屋書店提携

小林一茶

0 お気に入りチラシにする

演劇

こまつ座 第108回公演・紀伊國屋書店提携

小林一茶

こまつ座

紀伊國屋ホール(東京都)

2015/04/06 (月) ~ 2015/04/29 (水) 公演終了

休演日:4/13,21

上演時間:

この戯曲に登場する人物はすべて実在し、この戯曲の扱う事件はなにによらず史実である。
(中略)
この事件を経てこそはじめて一茶は一茶になったのだと作者は確信する。―井上ひさし


江戸の三大俳諧師の一人と称される夏目成美こと、蔵前札差井筒屋八郎右衛門の寮から
四百八十両の大金が盗まれ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/04/06 (月) ~ 2015/04/29 (水)
劇場 紀伊國屋ホール
出演 和田正人、石井一孝、久保酎吉、石田圭祐、小嶋尚樹、大原康裕、小椋毅、植田真介、川辺邦弘、松角洋平、一色洋平、荘田由紀
脚本 井上ひさし
演出 鵜山仁
料金(1枚あたり) 5,500円 ~ 7,600円
【発売日】2015/02/14
入場料7,600円 (全席指定・消費税込み)
  夜チケット 7,000円(全夜公演対象)
  学生割引  5,500円(全席指定・消費税込み)
 ※学生割引:中学、高校、大学、各種専門学校ならびに演劇養成所の学生対象
サイト

http://www.komatsuza.co.jp/program/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 この戯曲に登場する人物はすべて実在し、この戯曲の扱う事件はなにによらず史実である。
(中略)
この事件を経てこそはじめて一茶は一茶になったのだと作者は確信する。―井上ひさし


江戸の三大俳諧師の一人と称される夏目成美こと、蔵前札差井筒屋八郎右衛門の寮から
四百八十両の大金が盗まれた。
容疑者は食い詰め者の俳諧師、小林一茶。
蔵前札差会所見廻同心見習いの五十嵐俊介は、お吟味芝居を仕立て、自身が一茶を演じながら、
彼をよく知る元鳥越町の住人たちの証言をつなぎ合わせていく。
そこに浮かび上がってきたのは、俳諧を究めようともがき、一人の女性を命懸けで奪い合った一茶と
宿敵・竹里の壮絶な生き様と事件の真相だった...。

江戸を代表する俳人として知られる小林一茶。
彼は信州柏原の農家に生まれ、15歳の春に江戸へ奉公に出された。
奉公先を転々とする中で俳句と出会い、溝口素丸や二六庵竹阿に師事し、
20歳を過ぎたころから俳諧師を目指すようになる。
彼は風流を愛でる当時の俳壇の中、日常や小さな生命への慈愛に満ちた二万句もの俳句を残し、
65歳でその生涯を終えた。
平成の世にまで名を残した、小林一茶とは一体どんな人物だったのか
作者が、彼を書くにあたって、年代記ではなく、時間を事件のあった七日間に限定をしたのは
"この事件"こそが彼の生き方を大きく変えたと確信したからである。
その舞台となる事件を彩るのが劇中劇。迷句珍句の言葉遊びにドンデン返し。
一茶の半生をたどりながら、観客もろとも巻き込む推理劇の要素を持ち合わせた井上ひさしの秀逸評伝劇。

こまつ座初登場、映画・ドラマ・舞台と幅広く活躍中の今、もっとも旬な俳優和田正人を一茶、
ミュージカルだけでなくストレートプレイでも高い評価を得ている石井一孝をライバルの竹里に迎え、
多彩なキャストでお送りいたします新生『小林一茶』。
俊才・鵜山仁の新演出で、今幕があく。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2015/01/20 17:44 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/05/01 11:25 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大