演劇

Gooday Co.6

わたしには、わたしの知らない無数のわたしが存在する

演劇

Gooday Co.6

Ascension

わたしには、わたしの知らない無数のわたしが存在する

Gooday Co.

吉祥寺シアター(東京都)

2008/03/28 (金) ~ 2008/03/30 (日) 公演終了

上演時間:

●あらすじ
 一年前に妻をなくしたその男は、探し物をしていた。
そんな男の元へ、身に覚えのない派手な女が来訪する。
男は追い出そうとするも、女はなかなか出て行かない。

そんな男の元へ、一通の手紙が届く。
それは、一年前に死んだはずの、妻からの手紙だった。

ありえないはずの「...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/03/28 (金) ~ 2008/03/30 (日)
劇場 吉祥寺シアター
出演 山中良弘、森田和正、榛葉夏江、村上貴弘、舩原孝路(SEVENSLUCKUNIVERSAL)、石原功助、千葉智司(ラナ☆ジェロ)、野々山郁也、たまえ、小清水希(アーティスト・ボックス)、岡島亜紗美、千葉幸枝(劇団ツンドラデパート)
脚本 坂田真
演出 坂田真
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,500円
【発売日】2008/02/09
前売り・当日ともに
S席3,500円 A席3,000円
サイト

http://www.goodayco.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ●あらすじ
 一年前に妻をなくしたその男は、探し物をしていた。
そんな男の元へ、身に覚えのない派手な女が来訪する。
男は追い出そうとするも、女はなかなか出て行かない。

そんな男の元へ、一通の手紙が届く。
それは、一年前に死んだはずの、妻からの手紙だった。

ありえないはずの「もし」への願い
もし、あのときに戻れたら、自分は、何を選ぶのだろう

時間が、ゆっくりとねじれはじめる

●作者より

僕が描きたかったのはいつだって、不条理の中でもがく人の姿と
その人の描いてきた郷愁の風景です。

人々が懐かしさや、郷愁を覚えるのは、その渦中をわき目も振らずに
進んできたから。
どうあがいたとしても、そこに留まることができるわけではなく、
そこに戻ることができるわけではなく。

どんな苦しみも、悲しみも、いつか必ず珠玉の情景になる。
そんなはかないほどの一筋の光を無意識に求めて、
人は進んでいくのです。
無常を知りながら、人はあこがれるのだと思います。

だからこそ、僕は舞台で、それを永遠にしたい。
それは一瞬を切り取った、いわばスナップショットでしかないけれど、
一瞬が永遠になる瞬間を描きたい。

作・演出 坂田真
その他注意事項
スタッフ 演出助手:太田あかね
主題歌:atsuko
美術監督:山下匡紀
舞台監督:坂享宣(ソマリ工房)
美術制作:ソマリ工房
照明:三谷洋平(ムムキ研究開発)
音響:筧良太(SoundCube)
衣装:井形紗代子
協力:井田浩義、藤井邦代、入江佐代子
制作:Gooday Co.

[情報提供] 2008/02/11 00:48 by つぶあん

[最終更新] 2011/07/19 18:25 by つぶあん

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー7

NOZOMI

NOZOMI(14)

ゆか役で出てました。今更ですねw お世話になりました♪

shin

shin(0)

作・演出です。 がんばります!

ナツ

ナツ(0)

かさぶたのようにもしかしたら簡単にはがれてしまうんじゃ...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大