演劇

第39回名作劇場

『母の死』『大臣候補』

オフィス樹

シアターX(カイ)(東京都)

2014/10/28 (火) ~ 2014/11/01 (土) 公演終了

上演時間:

『母の死』
能島武文(1898年~1978年)
病室で死の床に就いている母。取り巻く医師、息子、姪たち。母の死後、朝になって夫があらわれ、息子は「あなたは自分のくだらない本能のために、二十数年もの間、自分の妻や子を犠牲にした偽善者だ」となじる。それに対し、「お前は道徳家の仮面を被っているだ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/10/28 (火) ~ 2014/11/01 (土)
劇場 シアターX(カイ)
出演 伊沢弘、井ノ口勲、魚谷としお、太田諭、日下部浩子、小林亜紀子、坂浦洋子、佐久間利恵、鈴木香菜恵、高野百合子、田原みずほ、永尾斎、中村敦子、根岸光太郎、女鹿伸樹、森恵子、森下知香
脚本
演出 川和孝
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,800円
【発売日】
前売:3,500円
当日:3,800円
学生:2,000円
シニア(65歳以上):2,800円
(全席自由)
サイト

http://www.theaterx.jp/14/141028-141101t.php

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 『母の死』
能島武文(1898年~1978年)
病室で死の床に就いている母。取り巻く医師、息子、姪たち。母の死後、朝になって夫があらわれ、息子は「あなたは自分のくだらない本能のために、二十数年もの間、自分の妻や子を犠牲にした偽善者だ」となじる。それに対し、「お前は道徳家の仮面を被っているだけで、実はお母さんの死ぬるを待っていたんだ」と、母の遺体を前に対立する親子の姿を描く。

『大臣候補』
長谷川如是閑(1875年~1969年)
大臣候補とされる官僚出身者が、確定の連絡を待っている。その場で、周囲の取り巻きたちが一緒に知らせを待っている。本人を含めて、大臣になった後の、自分の立場を夢見ており、一喜一憂している。権力に執着する人々の姿を描いている。
その他注意事項
スタッフ 企画・演出 : 川和孝
美術 : 岡田道哉
衣裳 : 佐藤利
照明 : 清水義幸
音響 : 福西理佳
舞台監督 : 島洋三郎
演出助手 : 佐藤大幸
写真 : 中川忠満
制作 : 平樹典子

[情報提供] 2014/10/03 04:30 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/11/01 15:59 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

みかん

みかん(33)

役者・俳優 脚本 演出 制作 当日運営 宣伝美術 Webサイト

「母の死」に出演いたします。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大