天幕旅団

SPACE 雑遊(東京都)

2014/11/28 (金) ~ 2014/12/01 (月) 公演終了

上演時間:

声が、聞こえた気がした。涼やかな君の、歌声が。
それは静寂の遥か、深き闇の彼方、包み込むように微かな調べ。
十六夜に揺らぐ灯火は、今にも零れ落ちてしまいそうで。
掬い上げてはさらさらと、儚に崩れてしまいそうで。

   鐘をつく、その、手を止めた。
             君の声...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

ヴィクトル・ユゴー「ノートルダム・ド・パリ」を天幕芝居に本歌取り。
終わらない夢の物語。天幕版 純愛ファンタジー。

公演詳細

期間 2014/11/28 (金) ~ 2014/12/01 (月)
劇場 SPACE 雑遊
出演 加藤晃子、佐々木豊、渡辺実希、渡辺望、牧野ななわり、小田本亜莉紗
脚本 渡辺望
演出 渡辺望
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,300円
【発売日】2014/10/11
前売3000円/当日3300円
高校生以下2000円(要学生証)
平日昼割(★の回)2500円
サイト

http://members3.jcom.home.ne.jp/tenmaku-ryodan/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月28日(金)19:30
11月29日(土)15:00/19:00
11月30日(日)11:00/15:00
12月1日(月)15:00★/19:00

★の回は平日昼割
説明 声が、聞こえた気がした。涼やかな君の、歌声が。
それは静寂の遥か、深き闇の彼方、包み込むように微かな調べ。
十六夜に揺らぐ灯火は、今にも零れ落ちてしまいそうで。
掬い上げてはさらさらと、儚に崩れてしまいそうで。

   鐘をつく、その、手を止めた。
             君の声を聞くために。

天幕旅団♯9は、暗闇から浮かび上がる悲劇。
灯火のようにゆらゆらと、漆黒の帳に浮かんで消える、光と闇の幻想演劇。
ヴィクトル・ユーゴー「ノートルダム・ド・パリ」を天幕芝居に本歌取り。
初冬のSPACE雑遊に、15世紀パリの鐘が鳴り響く!

それは、百年に一度のカーニバルの日。
祝祭と喧騒の渦の中、閉ざされた聖域で二人は出会う。
大聖堂に住む鐘つきのせむし男と、ジプシーの踊り子、
二人の行く末はまるで、セーヌの流れに揺らぐ満天の星空、
水際に深く、深く沈んでやがて、消える。
終わらない夢の物語。天幕版 純愛ファンタジー。
その他注意事項
スタッフ 【演出助手】木村力
【舞台監督】吉田慎一(Y‘s factory)
【照明】辻渉 ((有)ライズ)
【音響】宮崎裕之(predawn)
【衣装・メイク】渡辺実希
【宣伝美術】鈴木ねじ
【撮影】服部敦
【当日運営】黒岩さやか
【企画・制作】天幕旅団

[情報提供] 2014/09/30 08:16 by 渡辺望

[最終更新] 2014/12/10 22:58 by 渡辺望

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

渡辺実希

渡辺実希(0)

役者・俳優 その他(衣装)

メンバーです。 出演と、衣装、メイクを担当します。

渡辺望

渡辺望(0)

役者・俳優 脚本 演出

次回は、天幕版ノートルダムの鐘。 純愛ファンタジー、です。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大