In The PLAYROOM 公演情報 In The PLAYROOM」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.7
1-20件 / 22件中
  • 満足度★★★★★

    新鮮なサスペンスホラー!
    初めてでしたが、どうしても観たくて大楽に当日券で。
    そして期待以上に堪能したスリル感溢れるサスペンスホラーストーリー♪
    何よりも観客も当事者と錯覚するような演出・構成がとても新鮮で楽しすぎた2時間弱。

  • 満足度★★★★★

    見事!
    3度目になる大楽

    1・2回目で見逃した箇所を観るべく座席位置を変える
    読み取ることが多い芝居だけに
    力量不足な私は3度では足りない

    それでも 今回は自然と涙が溢れた
    バラバラに見える登場人物がそれぞれに動き
    最終的に桐野の人格に移っていく様は素晴らしい

    冒頭の客席にいるキャストさんの朗読シーンの桐野の表情に始まり
    人格を一人ずつ消していく頃のそれぞれの表情
    まさに全ての人格にシンクロしている


    観劇後これだけ無言になった芝居も珍しい
    沢山のモノを受け取り過ぎて消化が追い付かない
    そんな感じだ

    初めて狼を観た時に 島田さんを凄いと思って
    以降沢山の客演を観てきたけど
    こんな凄い芝居をする人なんだと改めてFANになる

    また この公演でも気になる役者さんに出会えた
    得たモノが多い公演だった

  • 新宿での再演かなりハマってます!
    TRPGで小説家とファンが物語を紡ぐサスペンスホラー。定石を踏まえ裏切る血生臭さは再演の新宿が似合う。佐賀モトキの黒髪OLに萌えつつ、今里真の小説家は妙に落ち着いた佇まいでカリスマ性の説得力が◎。全員キャラ立ち完璧!

    自分が稽古してるMU『狂犬百景』もホラーやサスペンスの要素があるからなんだけど、シンパシー感じまくり。やっぱり最後は大音量のハードロックでわかってるな、と。笑

  • 満足度★★★★★

    初演・再演から更に踏み出して
    初演・再演と観ていて物語の骨格は熟知していたのですが、それでも役者たちが醸し出す圧倒的な緊迫感に捉われ、時間を忘れて見入ってしまいました。

    場所の設定などが新たになったことは、新たな劇場でのLive感が担保されただけではなく、従前の公演を観た観客にも新鮮なグルーブ感を与えていたし、ラストシーンも今回圧倒的に良くなっていて、作品が更に洗練された印象を受けました。

    ネタバレBOX

    まあ、百聞は一見にしかずという作品ではあるのですが、戯曲的には最後のシーンが更に作りこまれて、観る側に訪れるものがその外枠が単にたどり着いた結末という印象から、観る側がそこまでに歩んできたことの外側からの俯瞰にかわりました。

    そのことで、物語のすべてが観る側に渡される感じが生まれ、観終わったあとの充足感がより深くなったように思います。

    まあ、いずれにしても、良く出来た戯曲だし、それを演じきる役者たちの力もたっぷりと楽しむことができました、
  • 満足度★★★★

    思いだした
    4年ぶりの再演、やっといろいろ思いだした。でも、舞台も演技も、前回以上に良かった

  • 満足度★★★★★

    密室のサスペンス・アクション
    密室の会話劇でありながら、新宿を駆け回るサスペンス・アクションになっているところがまず圧巻。それでいて、ただの活劇には終わらない展開にぐいぐい引き込まれました。複雑な構成の物語を支えきった役者さんたちの熱演も素晴らしいです。

    ネタバレBOX

    見ている間つきまとうかすかな「違和感」の正体があらわになった時、<想像力>を駆使した物語が、<想像力>についての物語だったことに気付かされ、震えました。物語を作るとはどういうことかを鮮やかに見せてくれたような気がします。島本和彦「燃えよペン」にならっていえば「すべての作家がこうだと思っていただきたい!」ということではないでしょうか。
  • 満足度★★★

    少し疲れた。
    当日は、映画2本観てからの観劇であっため、少し集中力が切れて、人間関係など複雑な組み立てについてい行くのでいっぱいであった。芝居自体は大変活気があり、脚本・演出・役者がもびしびしとや投げかけてくる観客参加型の芝居であったように思う。
    もう少し、頭がすっきりした状態で見るべきであった。

  • 満足度★★★★★

    ドキドキ
    とにかく面白い!巻き込まれる。頭がパニック!
    民本しょうこさんがカッコいい!

  • 満足度★★★★★

    何度
    休演日を挟んで後半の初日
    2度目の観劇になる

    初回とは逆位置で観る
    前回背中を見ていた人の表情と
    表情を見ていた人の背中を観る

    表裏を観るようで面白い

    左右でも違うが奥手前でも感じ方が違う
    これは 何度観ても楽しめる


    多分 席位置だけでなくそれぞれのキャストさんの芝居や設定がしっかりしているからだ
    特に凝った音響でも照明でも舞台装置でもない
    だけど初っ端の登場シーンから彼の脳内に引き込まれる

    これは凄い!!!

  • 満足度★★★★★

    スリル満点!!とにかく面白い。
    息をつかせぬ展開。
    集中して観劇した後は超良質のミステリーを一冊丸々読んだ疲労感が残ります。
    見なきゃ損!です!
    鳥肌立つシーンもあり、役者さんも皆個性的で本当にすばらしい。

  • 満足度★★★★★

    想像力を巡らせて
    幕が上がるやいなや、作家桐野の脳内に取り込まれてしまいました。密室でのリアルタイムで進行する二転三転するストーリー、最後まで目が離せませんでした!姿の見えないプレイヤーとの雑踏の新宿が舞台の鬼ごっこにリスキーさを感じてしまいましたが面白かったです!

    ネタバレBOX

    結末を想像させない展開、見事でした!!
  • 満足度★★★★★

    二転三転四転五転…。
    最後の最後まで、観客を引きずりまわす、脚本、演出、演技。

    迫力、テンポ、熱気、精緻。すべてがすばらしい。


    サイコサスペンスと名付けられた小劇場演劇は数多い。

    しかし、ここまで徹底的に作りこまれた作品は珍しいだろう。


    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX

    結末は、最近のアメリカ映画などでよくある、「すべては、主人公・桐野範容の妄想の中の産物だった」というもの。

    しかし、それまでのプロセスに、「入れ込めるものはすべて盛り込もう」という脚本の努力が素晴らしい。

    みなさん、熱演だったが、特に島田雅之(DART'S)が素晴らしい。

    また、今里真が役柄のキャラにピッタリ。島田との対比が、芝居を面白くしていると感じた。
  • 満足度★★★★

    スピーディーな話
    時間が限られているストーリーなので、終盤になるにつれ焦りが出てきてより一層緊迫した演技でドキドキしながら見ました。状況を想像しながら見ているのでたまに話についていけないところもありましたが、それも見どころなのかと思いました。

  • 満足度★★★★★

    これぞ小劇場の醍醐味!
    どんな話なんだか、まったく予備知識無いまま観劇開始。息詰まる展開、不条理を残しつつ、どんどん置いてかれそうなスピーディな展開。「この頃の小劇場もなんだか...」とか思っている方に、むしろ是非観ていただきたい作品です。そして、やっぱり島田だ!

  • 満足度★★★★★

    超リアルな
    昼の部に観劇しました。

    JOHNNY TIMEから見ていると、
    DART'Sの変化球なのかな?と感じました。

    やっぱり島田さんと國重さんのパワーは凄かった。

    一番最後ででてきた女性は美人だなぁ~

    ネタバレBOX

    石原さとみはでてません(笑)
  • 満足度★★★★★

    無題1286(14-335)
    14:00の回(雨)。13:35会場着、受付(フジタタイセイさんがいらっしゃいました)。客席は対面式(各3列)、最前列はやや小さな椅子。入って右に座ります。上手、会議室用のテーブル、ホワイトボード、不用品。下手、たたまれたパイプ椅子。聞こえるのは雑踏…足音、店員の声、バイク、車…13:58前説(110分)、14:00キャスト6人が客席(あらかじめ空けてある)へ、14:04開演〜15:54終演。

    複雑に絡み、どちらが表か裏か、あり得ないものがリアルに見える筋立てと隙を見せない演者たち。高い緊張感が現実時間に並行して続くsane or insane。

  • 満足度★★★★

    結局は
    目まぐるしく展開するので、4年前に観た渋谷バージョンの内容を良く覚えていないのもさもありなんと思いました。

    ネタバレBOX

    推理作家が参加者を募り、新宿区内を逃げ回る鬼ごっこをして、捕まるとプレイヤーという犯人に殺されるリアルゲームを机上で行い、その詳細な過程を文章化して小説にする様子を描いた話。

    一時間逃げるだけなら、参加者はそんなに集まらないでもっと散らばらなきゃいけないと思いました。この場に集まった人の中にプレイヤーという犯人がいたため、参加者が連絡を取り合うことは殺されることに繋がりました。

    本人がこの部屋にいるのに、当人が殺されたことを示すニュースが現実のインターネット上に流れているのがどういうことか良く理解できませんでした。緊張感があり、犯人と思われた人物が違っていたり、作家自体も本人でなかったりと、どんでん返しが繰り返され、意外性に溢れていました。

    ただ、このような不思議な現象を説明するには、結局は多重人格的妄想でしか説明できないことが明らかにされると、そういうことだったかと急速にテンションが下がりました。

    具体的な履歴書のようなファイル群から数人の特徴や属性を取り入れてそれぞれの人物になりきるという推理作家の特技というか病気の描き方はリアルで評価できました。

    椎谷万里江さんの狂気溢れた表情は見事でした。
  • 満足度★★★★

    面白いが…もう少し工夫があったら
    サスペンス・ミステリーと銘打った芝居…観客も参加しているような錯覚を覚えさせる面白さがあった。上演会場のある区域がプレイエリアとして設定するから、今回は新宿が舞台になった(前回は渋谷区)。
    客席は、対面式の雛壇並び。中央をプレイルームに見立て、組み立てテーブルを配置しパイプ椅子を周りに並べる。さぁゲーム開始…。
    先にも記したが、脚本は面白いが、演出に工夫が必要だったと思う。

    ネタバレBOX

    ストーリーは面白いし見応えもあった。次の点に工夫があれば、もっと興味深く観られたと思う。
    第一は、
    プレイヤーは、基本的に初め座った場所(椅子)から動かないこと。対面式観客席からは、ほとんど背中ばかり観ている役者がいる。なんらかの理由を付けて座る位置を変え、変化を持たせてほしかった。

    第二に、
    早い段階で亡くなった役者(当然、セリフな少なくなる)が活きた状況がないため、中盤以降、浮き上がった存在に思えた。

    舞台は、観せる⇨魅せることに通じると思う。
    さらに魅力ある公演を期待しております。
  • 満足度★★★★★

    my game
     サスペンスものなので、筋などは、発表されているもの以外に書かない方が良かろう。約110分の作品だが、筋の組み立てが巧妙で引き込まれ、一瞬たりとも気が抜けない。どんでん返しが、次々に出てき、観客もゲームに参加しているような緊迫感と共に観ることができるので、時間は、あっと言う間に過ぎよう。ラストの部分がやや失速したような感じだが、面白い。

  • 満足度★★★★★

    満を持して
    きっとその言葉が一番なんだと思う

    以前より島田さんの芝居に惹かれて
    あちこちの客演を追って観てきたが
    DARTSは初観

    なんという息苦しさ
    どんでん返しの多さにも舌を巻く
    それでいてどこか切ない

    幸いなことに公演期間が長いので
    なんとか後2~3回は観たい
    これは癖になる!!!

このページのQRコードです。

拡大