フェスティバル/トーキョー実行委員会

東京芸術劇場 プレイハウス(東京都)

2014/11/03 (月) ~ 2014/11/06 (木) 公演終了

上演時間:

現代演劇の先駆者、ピーター・ブルックが紐解く、脳の神秘

 20世紀演劇を代表する演出家で、今もなお目覚ましい活躍を続けるピーター・ブルック。初来日を果たした『真夏の夜の夢』から、近作の『ザ・スーツ』まで、ごくわずかな装置、小道具と俳優たちの表現力を駆使し、観客の想像力を最大限に引き出す...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/11/03 (月) ~ 2014/11/06 (木)
劇場 東京芸術劇場 プレイハウス
出演 キャサリン・ハンター、マルチェロ・マーニ、ジャレッド・マクニール
脚本 ピーター・ブルック、マリー=エレーヌ・エティエンヌ
演出 ピーター・ブルック、マリー=エレーヌ・エティエンヌ
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 5,500円
【発売日】2014/09/28
一般前売 全席指定 5,500円(当日+500円)
先行割引 3850円
ペア 4950円
5演目セット 4400円
3演目セット 4675円
学生 ※当日券共通。当日受付で要学生証提示 3000円
高校生 ※当日券共通。当日受付で要学生証または年齢確認可能な証明書の提示 1000円
サイト

http://www.festival-tokyo.jp/14/program/the-valley-of-astonishment.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11/3(月・祝) 18:00
11/4(火) 19:30
11/5(水) 15:00★
11/6(木) 15:00
★ポスト・パフォーマンストークあり
説明 現代演劇の先駆者、ピーター・ブルックが紐解く、脳の神秘

 20世紀演劇を代表する演出家で、今もなお目覚ましい活躍を続けるピーター・ブルック。初来日を果たした『真夏の夜の夢』から、近作の『ザ・スーツ』まで、ごくわずかな装置、小道具と俳優たちの表現力を駆使し、観客の想像力を最大限に引き出す作風は、日本でも根強い人気を誇っている。
 本年4月にパリで初演された最新作『驚愕の谷』は、人間の脳の神秘、奇蹟をたどる冒険譚。超記憶能力や共感覚を持った人々のエピソード、世界の果てに住む霊鳥を訪ねる旅を描いたアッタールの物語詩『鳥の言葉』を参照した舞台は、われわれの意識をどれほど遠くまで連れ出してくれるだろう。
その他注意事項
スタッフ 照明・技術監督: フィリップ・ヴィアラット
音楽: ラファエル・シャンブーヴェ、土取利行
舞台監督・ビデオ操作: アーサー・フランク
衣裳アシスタント: アリス・フランソワ
制作: マルコ・ランコフ
ツアー・マネージャー: マラ・パトリ
ツアー・コーディネーター: アニエス・クルーティ
製作: C.I.C.T./ブッフ・デュ・ノール劇場
共同製作: シアター・フォー・ア・ニュー・オーディエンス(ニューヨーク)、ルクセンブルク市立劇場
協力製作: アラス劇場/タンデム・アラス・ドゥエ、ジムナズ劇場(マルセイユ)、ウォーリック芸術センター、ホランド・フェスティバル(アムステルダム)、アッティキ文化協会(アテネ)、ブレーメン音楽祭、シアター・フォーラム・メイリン(ジュネーヴ)、C.I.R.T.、ヤング・ヴィック劇場(ロンドン)

東京公演スタッフ
技術監督: 寅川英司
照明コーディネート: 佐々木真喜子(株式会社ファクター)
音響コーディネート: 相川 晶(有限会社サウンドウィーズ)
衣装管理: 藤林さくら
字幕: 幕内 覚(舞台字幕/映像 まくうち)
翻訳: 住吉梨紗(英語)、岸本佳子(フランス語)
通訳: 石井園子、河井麻祐子
制作: 松嶋瑠奈

[情報提供] 2014/09/10 12:46 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/12/20 08:51 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大