二都物語~赤きバラのゆくえ~

デザイン:eiko ・ 森田ノブヒコ

0 お気に入りチラシにする

室生春カンパニー 劇団 風の森

野方区民ホール(東京都)

2014/06/25 (水) ~ 2014/06/27 (金) 公演終了

上演時間:

爽やかなる5月の風も去りゆき、潤いの季節を迎えようとしている今日この頃、
皆さまには、お元気で毎日をお過ごしのことと存じます。
ご...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/06/25 (水) ~ 2014/06/27 (金)
劇場 野方区民ホール
出演
脚本
演出 室生春
料金(1枚あたり) 2,700円 ~ 3,000円
【発売日】2014/05/23
前売り2700円/当日3000円
サイト

http://www7a.biglobe.ne.jp/~murou-shun-company/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 6月25日(水)19:00~
6月26日(木)19:00~
6月27日(金)13:00~/18:00~
説明 爽やかなる5月の風も去りゆき、潤いの季節を迎えようとしている今日この頃、
皆さまには、お元気で毎日をお過ごしのことと存じます。
ご無沙汰しております。
半年ぶりの会演のご案内をさせていただきます。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、この3月、4月と創作戯曲を上演してお
りまして、気分としては、反動的にならざるを得なく、昨年末の『ジャン・ヴァルジャン 』に引き続いての名作の脚色公演と相成った次第でございます。
この『二都物語~赤きバラのゆくえ~』は、もう早いもので15年以上も前に、なか
のZERO 大ホールで生オーケストラとともに初演を迎え、更に西新宿の費沢なホール
での再演、その後も、恐らく物語の展開と挿入歌が若者たちの息使いに何となく合って
いるのでしょう、ほぽ毎年、学生たちの卒業公演の題材となっておりまして、なんとも恵まれた作品であります。
しかし乍ら、劇団では8年ぶりの本公演。古株からこの春入団したぽかりの研究生
まで湯気を上らせるほどに張り切っております。
19世紀半はのイギリスの小説家、チヤールズ・ディケンズのこの長編は、時代に翻
弄されながらも確固として存在する恋愛、親子愛、人問愛を滲ませた歴史小説です。中野好夫先生の巧みな翻訳に拍車が掛かってか、架空の人物たちと十数曲の歌を加え、時
にコミカルに、そして切なく哀しい調べのミュージカルに仕上げました。
劇団員、満を持しての上演と相成ります。
今回は、平日のみの会演で大変ごめんどうをおかけいたしますが、どうぞ、皆様でお
越しくださいますよう、心よりお待ち申し上げております。
その他注意事項
スタッフ 舞台監督:江口浩樹
照明・音響;フラットステージ
衣装:志村有紀
美術池田諒介

『演奏』
piano 鳴海周平
violin 石井夕紀
guitar 室生春

[情報提供] 2014/05/24 15:32 by Blue

[最終更新] 2015/04/20 16:23 by Blue

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大