演劇

リーディングvol.1

『ダイアローグ』

デザイン:青木祐輔

0 お気に入りチラシにする

演劇

リーディングvol.1

『ダイアローグ』

重力/Note

両国門天ホール(東京都)

2014/04/22 (火) ~ 2014/04/23 (水) 公演終了

上演時間:

2014年度の重力/Noteの活動、まずはリーディングから始まります!今回は、寺山修司をはじめとしたいくつかの対談テクストを使って、わたしたちは何を聞き何を語るのか、そもそも「語る」とは何かを模索していきます。


ーー お喋りを眺める場について ーー

私はこう生きたのだと言われ、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/04/22 (火) ~ 2014/04/23 (水)
劇場 両国門天ホール
出演 瀧腰教寛、立本夏山、平井光子、邸木夕佳、ほか
脚本 構成:鹿島将介、原作:寺山修司、三島由紀夫ほか
演出 鹿島将介
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 1,500円
【発売日】2014/03/25
一般前売・当日  1,500円[日時指定・全席自由席]」

チケット取り扱い:←左欄の「チケット取扱い」をクリックしていただくと、予約フォームが開きます。
または劇団HPの予約フォーム、もしくはお電話(080-3750-1069)で承ります。
サイト

http://www.jyuuryoku-note.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 【 公演日程 】
4月22日(月) 19:30 開演
4月23日(火) 14:00/19:30 開演
※ 上演時間 60分(予定)
※ 受付開始は開演の30分前、開場は15分前を予定しております
※ 未就学児童はご入場いただけません。
説明 2014年度の重力/Noteの活動、まずはリーディングから始まります!今回は、寺山修司をはじめとしたいくつかの対談テクストを使って、わたしたちは何を聞き何を語るのか、そもそも「語る」とは何かを模索していきます。


ーー お喋りを眺める場について ーー

私はこう生きたのだと言われ、あなたはそう生きたのだなと納得する傍らで、いま自分はどう生きているのかを知りたい――長いあいだ演劇はこうした欲望に応えてきたけれども、同じくらい古くて、これとよく似た機能を持つ形式がある。

それは対談という形式で、踏み込み方によっては対話と言ってもいいかもしれない。

ソクラテスに倣うまでもなく、私たちは誰かが語りだし、それに応える者がいる風景を眺めながら、世界についてだとか、国家や政治、家族や男と女、趣味の話や 秘密の告白、または現在ある生や死の在り方などについて、束の間でも考えたいと思ってきたし、願わくば自分でも何かしら語れたらいいなと感じてきた。

でも本当は、何を聞いて、何に感動してきたのだろうか?

そこで寺山修司をはじめとした幾つかの対談のテクストを使って、こうした問いに輪郭を与えられたらと考えている。

そんな試み。

          鹿島 将介
その他注意事項 【会場】
両国門天ホール(東京都墨田区両国1-3-9 ムラサワビル1-1階)
 URL:http://www.monten.jp/index.html
※ 会場には駐車場・駐輪場がございません。お越しの際は公共交通機関のご利用をおすすめします。
※ 上演時間 60分(予定)
※ 受付開始は開演の30分前、開場は15分前を予定しております
※ 未就学児童はご入場いただけません。
スタッフ 宣伝美術:青木 祐輔
制作:本多 萌恵
主催:重力/Note

[情報提供] 2014/03/25 14:44 by comitu

[最終更新] 2014/04/24 08:37 by comitu

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

comitu

comitu(0)

役者・俳優 制作

創作にかかわっています。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大