寺山修司「青森県のせむし男」フェスティバル 公演情報 寺山修司「青森県のせむし男」フェスティバル」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.4
1-9件 / 9件中
  • 満足度★★★

    寺山修司は…
    ごっとさん。目当てで参りました。
    寺山作品は何作か拝見しておりますがこのモヤモヤがいいのだろうと言い聞かせております。

    でごっとさん。
    以前拝見した記憶が蘇りました。もう理解しようという気持ちが起きない状態が逆に楽しめたのかもしれません。
    頂点に御座す白い方に心奪われてしまいました。

  • 満足度★★★

    元戯曲が、あまりに個性が強すぎる?
    独自色を出すのに苦慮の跡見られた「コント・短編演劇集団ジーンズ」と「Antikame?」。


    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX

    「コント・短編演劇集団ジーンズ」は、女性1人、男性2人の出演。

    高校生が文化祭?演劇コンクール?で、『青森県のせむし男』を上演する、という設定。このアイデアは、とても面白いと感じた。

    だが、この設定を十分に生かせていなかった印象。「もっと面白くできただろうに」と思った。


    「Antikame?」もタッチは現代調で、後半には、リールからほどけた映画フィルムを、舞台一面に配するなどの工夫が。

    だが、原戯曲からイメージ的に大きな飛躍・広がりを感じる、というところまでには至らなかった印象。

    芝居のテンポが遅いと感じた。
  • 満足度★★★★★

    どちらも素晴らしかった、舞踏作品2つ。

    「青森県のせむし男」フェスティバルの10公演の中で、「uppull(es)map」と「ForK」は舞踏作品、と言える2作品だった。


    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX


    「uppull(es)map」は男女二人のコンテンポラリーなダンス。
    私はダンスは全く知識がないが、確かな技量と表現力は、ど素人の私でも十分感じられた。

    途中から、舞台に赤い糸が張られるが緊張感が一段と高まって面白い効果を出していた。

    「青森県のせむし男」の戯曲への具象的な取り込みは、一切ない。

    だが、それゆえとても面白かった。

    今回、10作品を拝見したが、全般的に、寺山戯曲にとらわれ過ぎている作品が多かったと感じる。

    せむし男を登場させ、あとは全くのオリジナル作品でもいいくらいだ、と私は思う。


    「ForK」は、暗黒舞踏の香りを感じたが、主要メンバーは石井かほるの門下生?らしいので、暗黒舞踏とは無縁だろう。

    こちらは寺山のセリフを語るシーンがあったりするものの、土着と生へのエネルギーにあふれていて独自性色濃く、楽しめた。


    ラストに、生後数か月?と思われる裸の赤ん坊が、登場。とてもいいタイミングで泣きだしたのが不思議だった(笑)。

  • 満足度★★★★

    無題1097(14-135)
    19:00の回(曇)。18:20会場着、受付、18:30開場。18:43ギターを持った男が客席後方より登場「FARM:β」〜19:23、「FARM:α」〜20:19。休憩。「初期型」20:30〜21:29終演。休日出勤の帰り道、(高襟)今村つぐみさんが出ていらっしゃることと、花房徹さんは舞踏「開座」の公演で観たことがあり、立ち寄ってみました。先日観た2団体よりずっと開放的。どちらも初めて。「初期型」の方は、男版ひげ太夫風、全裸(但し男限定)の理由不明。

    率直な感想です…「青森県のせむし男」を採り上げた理由がわかりませんでした。とても面白いのですが、それは「お話」ではなくパフォーマンスの方でした。

  • 満足度★★★★

    どちらも鮮烈なオリジナリティ。
    5月6日(火)の「初期型、FARM」の公演を観劇。

    どちらも面白かった。寺山戯曲に縛られることなく、オリジナリティを自在に発揮していた。


    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX


    ●「FARM」

    まず、ボーカル、ギター、ドラム、トロンボーン、サックス等の総勢10名の歌とラップ。全編、このメンバーで行くのか、と思ったが、演奏は20分ほどで終わり、暗転ののち、芝居?に入る。

    芝居も、かなりパフォーマンス的。私が一番おおっ、と思ったのは、ラスト、男優全員が背中にゴム風船を入れ、「せむし男」となって並んだシーン。

    説明不能だが、とても面白いイメージだった。


    この時、女優陣全員は、おなかに風船を入れ、「妊婦」となり並んだ。


    そして暗転の暗闇の中で「パン、パン」という音(針で風船を割っている)。

    このナンセンスなアイデアもgood。


    ●「初期型」

    こちらも男優陣が全裸になって跳ねまわる、等のパフォーマンスっぽい作り。洗練された肉体。ヴィヴィッドな動き。

  • 満足度★★

    無題。
    5月3日(土)の「ごっとさん。、楽園王」の公演を観劇。

    ●「楽園王」


    については、
    http://stage.corich.jp/watch_done_detail.php?watch_id=229286


    に記しています。



    ●「ごっとさん。」

    どういう経歴の劇団なのか不明だが、動きは少なく、「語り」がメインの印象。

    しかし、「語り」がいま一つ「表現」になっていない、と感じた。

    寺山戯曲にとらわれ過ぎでは?

    もっと自由な飛躍があればよかった。


  • 満足度★★

    舞台が暗くてイライラした「宇宙論☆講座」公演。
    4月29日(火)の「IYAYOWORK 宇宙論☆講座」の公演を観劇。

    ●「IYAYOWORK」

    については、
    http://stage.corich.jp/stage_done_detail.php?stage_id=54180

    に記しています。

    ●「宇宙論☆講座」

    脱力系ミュージカル?????仕立ての作品。

    弦楽器の生演奏、ご当地キャラマスコット、ボール投げ観客参加など数々の工夫はあれど、テンポと照明が著しく悪く、それらの演出意図がどこにあるのか分からず、イライラさせられた60分だった。

    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX


    とにかく全体的に舞台が暗い。
    炭鉱夫が付けるようなヘッドライトだけのシーンも多かった。

    そこに、何らかの演出意図があればいいのだが、それは何も感じられなかった。

    また、楽器をぶつけ合ったり床に叩きつけたりしていたが、観る側にしてみたら、高価なものだろうに、という感情が先に立つ。たぶん、劇場内の観客全員が、そう感じていたと思う。


  • 満足度★★★★

    一回二団体
     同じ作家の同じ作品を異なる団体が演じる企画で、今回は、寺山 修司の初期作品「青森県のせむし男」だ。自分の拝見した日は、各団体、約1時間で、途中に休憩が入る形。IYAYOWORKの演出は、土着性を前面に出し、寺山の原作が描き出そうとしたものをかなり忠実に再現し得ていたのではないかと思う。初演時を残念ながら拝見していないので、自分のイメージであるが、寺山ワールドを色濃く感じた。殊に、せむし男の母役を演じた女優さんの存在感に好感を持った。全体の流れも寺山的な、予め失われた自らの、本来あったハズの、結節点を仮想することすら、白けきった嘘として認識する他無いドライで而も鉄錆や血の臭いのする作品に仕上がっていた。その渇きと存在の軽さを支えるものとして、背中の瘤に集約されるような執着や怨念が逆説的に必要なのであり、土着性が強調されているのであろう。そこにこそ、寺山 修司が現在、これだけ多くの人々に支持される原因があるように思う。
     一方、宇宙論☆講座の演出では、原作の粗筋は概ね踏襲しているものの、せむし男は、せむしMANという着ぐるみキャラクターに代わり、母も3人、生まれた子の数も3人と大幅な修正を加えられている他にも、土着性よりは空疎を前面に出し、そのノリで渡り切ったという感触であった。
    IYAYOWORKは☆4つ。宇宙論☆講座は☆3つ。

  • レベルに問題!
    2団体が公演。
    ①IYAYOWORKー青森県のせむし男
    演出に工夫がみられ、寺山の世界感がそれなりに感じとれる芝居良かったと思います。
    ②宇宙論☆講座ー青森ケンのせむしMAN
    私は芝居観劇に途中退場はしたことはなく、いつもどんな芝居でも最後まで観てきましたが、今回初めて途中退場しました。(私が把握してるだけで他5人)
    過激なコメントは極力避けたいので濁しますがすが、こちらはお薦めしません。

このページのQRコードです。

拡大