演劇

寺山修司「青森県のせむし男」フェスティバル参加公演

楽園王版・青森県のせむし男、無事3ステ終了いたしました。

デザイン:小田善久

0 お気に入りチラシにする

演劇

寺山修司「青森県のせむし男」フェスティバル参加公演

楽園王版・青森県のせむし男、無事3ステ終了いたしました。

楽園王

d-倉庫(東京都)

2014/05/02 (金) ~ 2014/05/03 (土) 公演終了

上演時間:

「あの人は遠く北国からやってきた、
奇妙で心が美しい『背負う男』は母の物語の迷宮に巻き込まれて、
いつまでもいつまでも子供のまま成長しない……
寺山修司の『青森県のせむし男』、まもなく開幕です」


構造(ものがたり): 物語は過去の回想という形で、台本上、セーラ服姿と指示された「...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/05/02 (金) ~ 2014/05/03 (土)
劇場 d-倉庫
出演 鈴木瑛貴、あべあゆみ、岩澤繭、村田望、政井卓実、植村せい、大畑麻衣子
脚本 寺山修司
演出 長堀博士
料金(1枚あたり) 2,200円 ~ 2,800円
【発売日】2014/04/07
前売(予約)2500円/学生前売(予約)2200円

※当日券は300円UP
※他に、フェスティバル通し券あり5800円(問い合わせは劇場まで)
サイト

http://www.rakuenoh20.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 5月2日(金)19:00
5月3日(土)14:00/19:00
説明 「あの人は遠く北国からやってきた、
奇妙で心が美しい『背負う男』は母の物語の迷宮に巻き込まれて、
いつまでもいつまでも子供のまま成長しない……
寺山修司の『青森県のせむし男』、まもなく開幕です」


構造(ものがたり): 物語は過去の回想という形で、台本上、セーラ服姿と指示された「女浪曲師」の語りとして進行する。まずプロローグとして、30年前の出来事が語られる。それは、役所の戸籍係の古間木義人が戸籍を盗んで行方不明になった事件。その所為で、この物語世界では、人と人とのつながりが分からなくなってしまう。例えば、自分はいつ生まれたのか、誰が誰の親で、誰が誰の子か、すべてが曖昧になって…… また、富豪大正家の過去、そこに仕える「マツ」という女のエピソードが明かされるのだが……、実のところ、その話の内容よりも重要なのは、それを語るこの女学生の存在そのものだろう。なぜ彼女は、ここまでの話の中に登場するでもなく、そんな過去の物語に<情念のようにこだわって>語り続けているのか? 恨み節を歌うのか。実は、語り部という形で物語に参加させてもらえず、傍観者にさせられてしまった彼女の恨みこそ、この物語の骨格だと思ったのだ。せむしの母「マツ」でもなく、せむし男「松吉」でもなく、その「母-息子」の物語に太刀打ちできなかった一人の女の情念こそ、作品『青森県のせむし男』であると考えた。あるいは、こう言い換えてもいいと思う、「母-息子」の物語に太刀打ちできなかった“すべての”女の情念こそ、と…… 内容読解の深い森の中で見つけた新解釈、「戯曲=詩」の考えを演出の柱に置いている演出家が、詩人でもある天才と謳われた劇作家の代表作に新たな息吹を吹き込む!!


長堀博士プロフィール: 劇作家/演出家

『今この劇場にある危機』をキーワードに、壮大な歴史絵巻でもなければ、胸踊る非日常の娯楽大作でもない、日々の暮らしの中に隠れている身近な問題、人の心の闇(=病み)を描くことをコンセプトにした作品を描く。物語ることを愛し、その執筆作は迷路やパズルに例えられることが多い。1991年より劇団「楽園王」を主宰、演出も担当する。自らの執筆作ほか、古典戯曲や文学作品も演出し、レパートリーに加えている。「戯曲=詩」の考えから、単に意味を伝えるだけではない、言葉の耳からの「聞こえ」の美しさ、面白さに重きを置いた独特の話法にて作品作りをしている。「利賀演出家コンクール」には第一回から6連続出場し、その内3回は選外(つまり失格)となり、その記録はまだ誰にも破られていない。第五回に上演したイヨネスコ『授業』の上演にて優秀演出家賞を受賞。「Shizuoka春の芸術祭」には『日本を代表する若手演出家』として二度の招聘を受け、寺山修司『青ひげ』、エウリピデス『メディア』を発表した。また、東欧を中心に、アジア、アメリカなど海外での舞台監督経験も持つ。大道具としては、大河や紅白などテレビ番組、歌舞伎や能や狂言、新喜劇、ロシアのバレエ団やユーミンのコンサートツアースタッフなども務める。近年には心理カウンセラーの資格も取得。その他、豊島区北大塚の「アトリエ室内」、川越市連雀町の「ギャラリーR+」の運営も行っている。

!!
その他注意事項 楽園王、5月中旬にも「オムニバスof OiOi Vol.4」内にても新作公演があります。併せてご注目下さい。
スタッフ

[情報提供] 2014/03/18 08:56 by 楽園王

[最終更新] 2014/05/06 17:13 by 楽園王

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

鮎

(3)

47年前と、今 何が違って、何が同じだろう、と考える...

長堀博士

長堀博士(0)

演出します。頑張ります。

楽園王

楽園王(0)

脚本 演出 美術 照明 音響 舞台監督 制作

多くの手で非常に頻繁に上演される寺山作品の中で、何か一...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大