演劇

shelf volume 17

deprived(仮)

shelf

キッド・アイラック・アート・ホール(東京都)

2014/04/03 (木) ~ 2014/04/07 (月) 公演終了

上演時間:

当初、次回公演の暫定タイトルとして 「private」 というものを考えていました。何年前のことだったか、ちょっと忘れてしまいましたが、「プライベート(private)」 という言葉の語源には 「奪われている(deprived)」 という意味があるということを知って、先日そのことをふと、思い出...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/04/03 (木) ~ 2014/04/07 (月)
劇場 キッド・アイラック・アート・ホール
出演 川渕優子、春日茉衣、森祐介、小川敦子、鈴木正孝(一徳会/K・A・G)、三橋麻子
脚本
演出 矢野靖人
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,500円
【発売日】2014/03/04
学生:2,000円(要・学生証、前売・当日共)
一般:2,500円(前売・当日共)
サイト

http://theatre-shelf.org/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 4/3(木)19:30 開演
4/4(金)19:30 開演
4/5(土)14:00 / 19:00 開演
4/6(日)14:00 開演
4/7(月)19:30 開演
説明 当初、次回公演の暫定タイトルとして 「private」 というものを考えていました。何年前のことだったか、ちょっと忘れてしまいましたが、「プライベート(private)」 という言葉の語源には 「奪われている(deprived)」 という意味があるということを知って、先日そのことをふと、思い出した。タイトルの所以はここに拠ります。

そもそも 「プライベート(private)」 は英語で 「私的な」 という意味を指す言葉ですが、実はその対義語である 「パブリック(public)」 よりも後に生まれた言葉で、private という概念が発達する前には、ヨーロッパでは人はみんな、state、public、community に属していて、その一員としての status / office を持っていた。その所属関係から 「分離した、separated、set apart」 もの、その所属関係 (status/position) を 「奪われた, deprived」 もの。それが、private なのだそうです。

そのことが今、ちょっと面白い。 「公共(public)」 という言葉がそこかしこで叫ばれている今、「私的」 なこととはどういうことをさすのか、考え直してみたい。しかも、「奪われている」 とはどういうことか。我々は今、何を奪われているのか? そんなことを考えながら、じっさいに使用するテキストを今、選別しています。おそらく様々な振幅のある、戯曲の台詞は勿論、エッセイやスピーチ、小説等といったテキストを引用して、コラージュしていくような作業になると思います。

ちなみに会場はとても小さなギャラリーです。受付もロビーも有りません。定員は 1ステージ 20名を考えています。音響・照明も使わず、俳優の「語り」の力だけで勝負したいと思っています。そして、観客の皆様と出来るだけ緊密な空間を作りたい。そう考えています。ご期待下さい。

演出 矢野靖人
 
 
その他注意事項 ※上演時間は60分を予定しています。開場は開演の15分前、受付開始は開演の30分前です。

※会場はとても小さなギャラリーです。お席が非常に限られていますので、ご観劇ご予定の方はぜひ、お早目のご予約をお願い致します。

※開演致しますと、ご入場をお断りする場合がございます。予めご了承下さい。
スタッフ

[情報提供] 2014/03/05 14:22 by YasuhitoYANO

[最終更新] 2014/04/05 17:58 by YasuhitoYANO

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー5

mai

mai(0)

出演します。よろしくお願いします!

ZQ

ZQ(1)

出演させていただきます。

あつこ

あつこ(8)

出演します。 不束者ですが、よろしくお願いします!

このページのQRコードです。

拡大